2ちゃんねるアーカイブ  >  エロパロ
広告スペース
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイスクールD×Dでエロパロ

1: :名無しさん@ピンキー:2012/01/29(日) 18:59:19.34 ID:V1cSOnPa

なかったので立てた

2 :名無しさん@ピンキー:2012/01/29(日) 20:12:56.54 ID:37n0Kkm0

待ってた!
>>1

3 :名無しさん@ピンキー:2012/01/30(月) 11:31:05.15 ID:yPlh0zie

>>1
原作は11巻まで発売されてるから、アニメ組はネタバレに気をつけないとね。

4 :名無しさん@ピンキー:2012/01/31(火) 01:30:37.36 ID:xCCDZsVk

電蜂はスレチですか

5 :名無しさん@ピンキー:2012/01/31(火) 17:48:53.60 ID:KunJv7ZB

イッセーは変に躊躇しないでさっさとアーシアと部長抱けばいいのに
他のハーレムラノベ読んでても思うことだけど物語が進行するくせに男女の仲が進まないのは本当にイライラする
主人公本人もハーレム願ってるんだからヒロインを選ぶ必要ないんだぞ。抱かない方が不自然じゃないか
イッセーの甲斐性もブーストしてあげるべき

6 :名無しさん@ピンキー:2012/01/31(火) 20:19:39.14 ID:Ei/S7883

主人公が弱いラブコメは嫌い

7 :名無しさん@ピンキー:2012/01/31(火) 20:59:45.18 ID:mGyxm2uT

いやめちゃくちゃ強くなるから

8 :名無しさん@ピンキー:2012/02/02(木) 01:24:20.53 ID:N481esIX

神父×アーシア
イッセー×リアス
イッセー×アーシア
とか期待してます。
自分も書けたらいいのにな…

9 :名無しさん@ピンキー:2012/02/02(木) 22:35:56.67 ID:CfRbATCR

朱乃さんでなんか書きたい

10 :名無しさん@ピンキー:2012/02/03(金) 20:43:26.48 ID:gNBAqqyh

リアスで主従エロアーシアで愛故や戦火部員全員で乱交とシチュには困らないな

11 :名無しさん@ピンキー:2012/02/04(土) 19:15:20.74 ID:Lpp234de

白龍皇の力でのバランスブレイク(wikiより)の「エロ方面での暴走」wに拠り
「イッセー絶倫&欲情化+『ポーンの数の2倍、16体(本体含まず)に分身』」…

…そして手近に居た『旨そうな肢体の雌達(リアス・アーシア・ 朱乃・子猫)に群がり掛かり…


ぶっちゃけ「エロ超強化+多数に分身したイっセー達」に二穴・三穴、両手コキ・髪コキ、全身ブッカケ和輪姦されて恍惚…なヒロインs…なSS見てェ…

12 :名無しさん@ピンキー:2012/02/06(月) 13:09:08.98 ID:kLK6frwV

分身卿?w

13 :名無しさん@ピンキー:2012/02/07(火) 01:01:22.87 ID:TKrVAZYU

テスト

14 :名無しさん@ピンキー:2012/02/07(火) 12:18:02.01 ID:FDz4DtLF

状況はお任せするから

・イッセーと一緒に捕えられたリアス先輩(二人共、敵の何らかの力で無力化)

・敵達に輪姦され犯されまくる先輩…イッセーはその様を見せられるが
 助けたくても無力化されてるので、只只犯されてるのを見てるだけ…

・その内先輩が快楽に堕ち始めて(敵達が強力な媚薬・淫乱化魔法など使用)、
 必死に絶えようとするが…

・敵が中々堕ちない先輩に業を煮やし、イッセーを利用する…
 具体的にはイッセーに「(性的に)ケダモノ化」「絶倫化」の魔法を掛けて犯させ…
と言った感じのSSお願いします、先生方。w

15 :名無しさん@ピンキー:2012/02/07(火) 13:14:37.30 ID:XXYSVtsi

いや、ここはリアス部長とイッセーだけの濃厚セクロスがいい。

16 :名無しさん@ピンキー:2012/02/07(火) 18:11:30.85 ID:la3s1Zzc

>>14お前とはいい酒が飲めそうだ・・・

まぁとにかく、NTRだろうがイチャイチャだろうがジャンルは問わん!
誰か先陣を切ろうとする猛者はおらぬのか!?
え?俺?無理だよ、皆のムスコを萎えさせちゃうよ(´・ω・`)

17 :名無しさん@ピンキー:2012/02/07(火) 22:37:56.75 ID:FDz4DtLF

>>16
おお…、同志が居てくれて嬉しいぞw

しかし>>14でこんなネタ振りした俺が言う言葉では無いのだが、結果的に

エロシチュで
『二穴・三穴(中出ししても先輩休ませず、即交代要員チェンジして絶間無くズチュ、ドビュッ!)、
 両手コキ・髪コキ、パイズリ、全身ブッカケ…で、恍惚にチンポ・ザーメン堕ち…。』
に成っていればイイ…w

オーソドックスに>>14で敵チンポに全孔蹂躙堕ちレイプ目で「…ぅ…ぁぁ…(イッセー…御免…な…さい…ビクンビクン)」とか

操られイッセーに二穴同時蹂躙(>>14で書き忘れてたが「ケダモノ化」「超絶倫化(常に倍勃起&即回復)」の他に
「チンポ2本に増加&イボ付き&「精液が、「魔族、即ちリアス先輩には強烈な強制絶頂毒」になる術式」、「早漏」も追加)で、
やはり二孔連続アクメ堕ち恍惚レイプ目で「ぁ…ぁぁ…(もうイッセーに壊されてもいい…もっと…あぁ…)」でもいいが…

ここは、やはり

           

18 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 06:59:04.84 ID:mZ2Xr+AF

イッセー×レイヴェルとか書こうかなって思ってるけど、需要ある?

19 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 08:55:34.77 ID:rkTb73h8

なんでもいいっ!
とにかく何か始めないと…w

20 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 09:04:05.01 ID:Y2+H/ohA

たぶん放送終了まで投下されず、アニメ終了と同時に過疎って消えてくパターン

21 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 16:16:38.84 ID:DqD8BunD

初の投下です。稚拙な文かもしれませんが
お許し下さい。
イッセー×レイヴェルでグロなし。
俺の名前は兵藤一誠だ。親しい奴にはイッセーって呼ばれている。
さて、今の俺の状況について説明しよう。

「ん、ちゅ…んむ…れろ…れろ…ん」

ソファーに寝ている俺に…正確には俺の分身である下半身の
あいつに…俺は思ったね!
…あぁ気持ち良いなと…じゃ、なくて⁉
なんでこんな事になっているかだ。
冷静に考えよう。

「んむっ…れろ、れろ……じゅる」

ムリだ。全く分からん。なんでこんな事になってんだ?
あぁもう!気持ち良いな!
いや、嬉しいよ?そりゃ、レイヴェルみたいな美少女にさ、
俺みたいな奴にこんな事してくれるんだからさ。嫌な訳がないじゃないか!
あぁ悪魔として生き返ってよかった!

「んむ、ちゅ、れろ…じゅる、じゅる…ん、ちゅ…」
「んくっ」

思わず言葉にでちまった。

22 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 16:28:13.51 ID:DqD8BunD

おっと、説明がまだだった。
俺は、いつも通りの修行を終えた後、
風呂に入り汗を流した。
で、リビングのほうでのんびりしてたら
つい眠ってしまったんだ。
疲れが溜まってたのかな?俺もまだまだだな。
で、急に下半身…というか、
俺の分身にきた刺激によって起きた。
で、薄く目を開けると、レイヴェルが
俺の分身を咥えて必死に奉仕してくれていたわけだ。
本当は止めるべきなんだろうけどさ。

「じゅる、じゅる…ん、はむ、…れろ、れろ、んっ…」

結論から言うと、レイヴェルはとても上手かった。
俺の分身の感じるところを重点的にせめてくれる。
まぁ、童貞だから上手いかなんて分からないけどさ。
俺にとっては最高だった。くぅ~たまらん‼

「うぐっ」
「んむ、んぷ⁉…んむ、ん、」

限界を感じた俺は、レイヴェルの口の中で果てた。
俺の欲望は中々の量だったのか口から少しこぼれる。
口からこぼれた俺の精液が作り出したラインは
光を反射しながらえがかれてゆく。
その顔がとてもエロかった。

23 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 16:41:47.50 ID:DqD8BunD

「んっ、コクッ」

今、飲んだ⁉吐き出さなかったのは嬉しいけど、
なんか恥ずかしいかな。
一回だした事で、冷静になった…かな。
今にも再起動しそうだが。

「レイヴェル…なにしてるんだ?」
「‼…イッセー様⁉…起きていらっしゃったの…」

俺は出来るだけ顔に出さないように聞いた。
というか、気づいていなかったのか…
結構声でたと思ってたけど、大丈夫か。

「あの!…えと、その…これは⁉…えと」

相当焦ってるな…ここは…そう!フォローしなきゃ。
よーし、ここが男の見せ所だ!いくぞ…

「次やる時は、おっぱいで挟んでくれたらもっと嬉しいかな!」

あれ、駄目だろ。これ?

24 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 16:43:52.21 ID:DqD8BunD

一回はこれで終わりです。
本当にすみません。続きは書く予定です。
できれば感想とかあると助かります。

25 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 18:24:55.05 ID:kpT0pTLZ

あっさり目で原作ちっくなのがいいね
個人的にはもっとネチョネチョしてもいいと思う

26 :名無しさん@ピンキー:2012/02/09(木) 22:05:24.59 ID:rkTb73h8

まずは先駆け一番槍乙です
次回期待してまつ

27 :名無しさん@ピンキー:2012/02/10(金) 07:15:36.20 ID:G6frNSL/

いいスタートダッシュだ

28 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 19:49:41.10 ID:3opc+6pT

どうも! >>21>>25までの続きです!
皆さんに喜んで頂けたら幸いです!

俺たちは風呂に場所を変えていた。兵藤家の風呂は
リアスの改装によって全体的に広くなっている。
二人だけだとホントに広すぎだ。
二人とも全裸なわけだから、全て丸見えだ。
レイヴェルのおっぱいもまるみえなわけで!
俺は風呂に入るとこにある段差に座り
レイヴェルが俺の今にもはちきれそうになった相棒の前に座る。
この位置だとレイヴェルを見下ろす事にもなる。
まぁそこがいいんだけどな!

「では、いかせてもらいますわ…」
レイヴェルのおっぱいが俺の分身を挟む。

「んっく」
たまらねぇー!たまらないよこれは!
分身を挟み込んだ柔らかい感触…おっぱい。
挟み込んだだけで一気に腹の底から沸き上がってきて、
俺の分身はさらに天に向かってそそり勃つ。

「えーと。こう…かしら…?」
「うおっ」
やばいやばいやばいって!
動きだした瞬間、なんて言うんだろ…
快楽の波となって押し寄せてくるって感じかな。
目線が上を向くから当然、
上目遣いになるのがさらにグットだ!
しかし、中々イカない。気持ちいいんだけど…
後一歩ってところかな。勢いが足りないのかな…
レイヴェルもそれに気付きはじめたみたいだ。
と、ここで止まる…
レイヴェルの口がだんだん近づいていき…

「はむっ…ん、んむ…じゅる…じゅる…」
「っうわぁあああああ‼」
咥えられ、さらにパイズリも同時進行される。
てか、気持ち良すぎ!
むにゅって音だったり くちゅ って淫靡な音が聞こえてくる。
エロいよ!レイヴェルエロいよ‼
何処で覚えたんだよ!誰が教えたんだ!?
これだけは言いたい!
ありがとうレイヴェルのお母さん!
娘さんはとてもエロいです!最高です!

29 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 20:04:59.38 ID:eOs8gmub


「っ…レイ…ヴェル…‼…もう、限界‼…」
今度はちゃんと伝えられた。

「…! 大丈夫ですわ! そのまま…そのままだしてください‼」
レイヴェルは俺の相棒を奥まで咥える。っ…でる。

ドピュ!…ドピュ…ドピュ
俺は、レイヴェルの口の中で二回目の射精をした。

「っ‼…んくっ…んん…」コクッ
量が一回目と比べるとやはり少ないみたいで
レイヴェルは上手く飲み込む事ができたみたいだ。

「サンキューなレイヴェル。こんなことしてもらっちゃって。」

「いえ!とんでもございませんわ‼これも、マネージャーの勤めなんですから。」
レイヴェルは照れながら俺にそういった。
あぁ!もう可愛いなぁ!悶えしにそうだぜ!

「あの…イッセー様。ここまでいったのですから…その…最後までしませんか?」
ーっ‼俺は驚愕した。マジですか!

いや、考えろイッセー!女の子の初めてだぞ!いいのか…?

※ここからなんか、回想

「ここまで女に言われて迷うのか!」
スーツ姿になったアザゼル先生が…って先生!?
回想中になぜ!

「そんな事はどうでもいい!イッセー!お前はここまで言われてひく男なのか!」
っ⁉

「ここで抱かなくてなにが男だ!ハーレムだ!
笑わせるな!男ならば喰らうまでよ‼」
そっ…その通りじゃないか!ここでいかなきゃ
男がすたるってもんだ‼

「先生…わかったよ!俺…童貞を卒業します‼」
「よく言ったイッセー…男に…なれよ。」
スーツ姿の先生が消えていく。
くっ!先生…大切な事を教えてくれてありがとう…

※回想終了。





30 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 20:20:32.99 ID:eOs8gmub


「レイヴェル!!」
俺はそのままレイヴェルを押し倒す。
いくぞ…俺は、男になる‼

「おっお待ちくださいませ、頼んでも良いですか…」
「あぁ!なんでも言ってくれ!」
俺はもう迷わないぞ!俺は男なんだ!
「…キス…してもらえないでしょうか…」
ーっ そうだよな!流れってもんがあるもんな…!!
危ない危ない…危うく踏み間違えるところだった。

「だっ駄目なら…んっ!」
言い出す前に口を自分の口で塞ぐ。
触れるようなキスであくまで優しく…傷つけたくないしね。
すぐに口を離す。

「んっ…はぁ。イッセー様!いきなりすぎです、せめて合図くらい…」
「ごめんごめん、でもあまりにもレイヴェルが可愛かったもんだからつい…な。」
ホントに可愛かったんだよ!無理矢理みたいで悪かったけどさ!
でも、あんな顔されたらそりゃね。

「ーっ‼イッセー様…私、幸せです!…んっ」
そうして、もう一回口を重ねた。
いやー柔らかいね!みずみずしく色の良い唇が
とても素晴らしい…もうちょっと深くしても良いよな。

「んっ…んむ…んちゅ…んむっ…ん?んん?!」
俺はレイヴェルの口内に舌を入れた。
レイヴェルの舌と俺の舌を絡ませレイヴェルの口内を蹂躙する。

「んちゅ…ん…れろ…んむ…ん、ちゅ…ちゅる…
ん…はぁ。イッセー…さま…イッセー…様…」
目を蕩けさせているレイヴェル…
やばい、ムラムラしてきた!俺はそのまま右手を胸に移動させ、
おもいっきり掴まず、真ん中によせあげるように揉む。

「はぁ…んっ…あぁん…ふぁぁぁん…ぁぁん…」
だんだん慣れてきたかなと思い乳首をつまんだりする。
あまり、強引にしちゃいけないもんな。女の子なんだから…


31 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 20:41:47.56 ID:eOs8gmub

よし、もう良いよな!
俺は、おっぱいに向かって口を近づける。
そして、綺麗なピンク色をした乳首を口にふくんだ。
ずーっとやりたかったんだ!遂に…

「んっ!?あぁ…イッセー…ふぁ…さま…口…
イッセー様の口が私に…!?…ふぁぁぁぁん!」
すげぇ凄えよ!!乳首をころころ転がしながら口に含んだり…
乳首をあまく噛んだり…たまらねえな!!
あぁ、夢見たいだ!夢にさせないけどな!!
レイヴェルの下の口を確認した。
初めて見るソレはとても綺麗で…
愛液が滝のように零れていた。

「レイヴェル…?もう、挿れてもいいか?」
「…はい。イッセーさまのお好きになさってください。
でも!初めてなんで…優しく…お願いします。」
「出来るだけ優しくする。痛かったら言うんだぞ。」
俺はレイヴェルの股を開かせた。
自分の相棒をしっかりと構え、深呼吸。
父さん、母さん、みんな…俺、兵藤一誠は大人になります‼
構えた相棒を少しずつ入れる

「んっんんんっあっ…はぁん…んっ」
そして、進むと少し引っかかりを感じた。
ここが処女膜なのかな。

「レイヴェル…いくよ…」
そしてせめて一瞬で終わらせようと一気に貫いた。

「‼…っああああああああああああああああぁ」
「!大丈夫か!?…」
やっぱ、痛いんだろうな。

「大っ…丈夫…です…から…」
俺は出来るだけ動かさないようにと頭に必死にインプットする。
中々落ち着いてきたみたいだけど…
そうだ!あれを使えないか!

「ブーステッドギア!」
『Boost!Boost!Boost!Boost!Boost!』
「ギフト!」『Transfer!!』
これでどうだ!

「マシになったかな…?」
「っ!痛みは…ないっ!…れす…っけろ…体が…おかし…いっ!」
ブーステッドギアで感度をあげて、気持ち良さが勝るように
して見たけど…なにこれ…
エロすぎだろ!喘ぎ声が耳に入るたびに、我慢できなくなる!
膜もぎゅうぎゅうに締め付けてくる。耐えなきゃな…
一緒にイクんだからな!
俺が耐えなくてどうする‼


32 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 20:53:52.97 ID:eOs8gmub


「レイヴェル…もう我慢できない‼ゴメン!」
「へっ…イッセーさ…ひゃぁふぁ!…あぁん…
あんっ…あぁ!…イッ…せー…さまっ!」
レイヴェルが、俺の名前を呼びながら声を上げる。
たまらず腰を動かし、相棒を出し入れする。
動くごとに淫靡な音をたて、俺の思考をさらにヒートアップした。

「あん…あ…ひぁ!…あっ…あぁん…イッ…セー…さま!…私…もう!」
レイヴェルが教えてくれた。そうか、もうだして良いんだな!

「俺も限界だ!レイヴェル中でいいか!?」
「はい‼…中に…射精って…下さい‼」
腰が速くなり、レイヴェルが俺の背中に手を回す…もうすぐ…射精る。

「レイヴェル!レイヴェル!」
「イッセーさま!っあ…あんっ…ああああぁ‼」
締めつけが強くなり、奥に突き立てる。

『Boost!Boost!Boost!Boost!』
『Transfer!!』
俺は倍加した精液を一気にレイヴェルの奥に注いだ。

次はどんな事をしよう。
イッセーの頭には、次に向けての計画をねっていた。

終わり。

33 :ブーステッツ:2012/02/10(金) 20:56:27.41 ID:eOs8gmub

以上で終わりです。
好評ならまた書きたいと思っています。
読んでくれた方に感謝を送ります。

34 :名無しさん@ピンキー:2012/02/10(金) 21:58:08.91 ID:46yoLJQw

GJ!イッセーはどんどん女の子を抱いていくべきんだんだ!

35 :名無しさん@ピンキー:2012/02/10(金) 23:26:28.71 ID:UFypG1bI

乙でした

ハーレムで女の子たちを手持無沙汰にさせない方法w

つ【分身】


ヒロイン一人に対し5~6人で全身同時愛撫、それで善がりオネダリ求めるヒロイン達を
ソファに座り、ワイングラスを傾け「やれやれ仕方が無いな」と微笑みつつ…w

36 :名無しさん@ピンキー:2012/02/10(金) 23:55:50.23 ID:Ye5FeMhO

アザゼル先生の出番だな

37 :名無しさん@ピンキー:2012/02/11(土) 13:35:17.39 ID:dAaXTRBj

38 :名無しさん@ピンキー:2012/02/11(土) 15:40:56.21 ID:lt2hlJ7R

エロパロはここにあるけど
角二に「ハイスクールDxDでエロ画像」なスレってないの?

無かったら誰か立てて…。

39 :名無しさん@ピンキー:2012/02/12(日) 14:20:35.44 ID:In9lT7B1

純愛は本編でさんざん見れるひ
ちょっとアブノーマルなのも良いよね。

40 :名無しさん@ピンキー:2012/02/12(日) 23:01:15.72 ID:6dUgXzdl

>>39
同感だ、個人的にNTRとか所望する。
薄い本とか出たら良いな…

41 :名無しさん@ピンキー:2012/02/12(日) 23:10:07.12 ID:HXQsrM3b

陵辱は好きじゃないな

42 :名無しさん@ピンキー:2012/02/13(月) 00:16:20.45 ID:42sBwwfH

ならばアブノーマルな純愛だ

具体的には
「イッセー、リアス先輩に欲情分身姦
リアス先輩、慈母の精神と娼婦な淫靡さでイッセー(&分身s)の肉欲の迸りを
全身で受け挿入れる…」な感じでw

43 :名無しさん@ピンキー:2012/02/13(月) 21:50:22.98 ID:SpuogqJR

個人的に、アブノーマルなシチュエーションは朱乃が好きそうな気がする
放課後の教室・休み時間の屋上or保健室・体育倉庫・神社の境内で制服や体育
着とか巫女装束verでHとか。んで本人は「背徳的で燃えます♪」
リアスやアーシアはHに興味はあるけどシチュエーションまでは想定してなさ
そうな感じがする。

しかし、一誠に出会う前の御家や純血悪魔維持のために焼き鳥との婚約を定め
られていた部長の心境はどうだったんだろうな
見合い用?の写真撮影とかどんな気持ちだったのやら

44 :名無しさん@ピンキー:2012/02/14(火) 21:24:15.85 ID:MbW4Rc4k

サーゼクス様がうらで撮ってたんだろ

45 :名無しさん@ピンキー:2012/02/17(金) 16:25:27.95 ID:M7y+ReIY

おい7話は触手があるじゃないか!
これを元にすれば…、グヘへ……

46 :名無しさん@ピンキー:2012/02/18(土) 12:25:52.69 ID:peKBttBy

7話のは触手丸先生ではなく
スラ太郎

47 :名無しさん@ピンキー:2012/02/18(土) 18:58:13.75 ID:8Z3xPUMV

スライム?
衣服溶解系エロなの?

48 :名無しさん@ピンキー:2012/02/18(土) 21:40:30.03 ID:guVvlypj

>>47
もちろんさ☆

49 :名無しさん@ピンキー:2012/02/20(月) 01:45:33.06 ID:+WBfJb+G

今回はエロかったぞ更に

50 :名無しさん@ピンキー:2012/02/20(月) 07:33:43.92 ID:T0qJFPe+

ドS先輩を虐めたい

51 :名無しさん@ピンキー:2012/02/21(火) 03:17:25.27 ID:wpkCLtQS

正直なところエロなしが見たい

52 :名無しさん@ピンキー:2012/02/22(水) 15:43:36.82 ID:+PSdYAT9

ならば何故貴様はココに来た!?

53 :名無しさん@ピンキー:2012/02/25(土) 14:33:17.67 ID:U/oP+a0h

誰かあの騎乗位から邪魔が入らなかった世界の続きを書いてくれw

54 :名無しさん@ピンキー:2012/02/26(日) 14:15:17.24 ID:pcgdBDKu

アーシア好きなのに、イッセーと部長がエッチしてるの見せつけられたりとか、
イッセーの見てる前で他の男に迫られたりとか、ひどい話しか思いつかない…

55 :名無しさん@ピンキー:2012/02/27(月) 04:27:57.49 ID:sceDR2xR

全裸待機には寒い季節なんだが

56 :名無しさん@ピンキー:2012/02/27(月) 17:08:03.69 ID:YTpAeE/L

もっとアニメでおッぴろげ股間アップな絵が欲しいところ

57 :名無しさん@ピンキー:2012/03/01(木) 22:37:43.77 ID:MoaDLGAx

とにかくもっとエロが必要DA!

58 :名無しさん@ピンキー:2012/03/02(金) 03:01:21.18 ID:PgHS0GgP

リアス先輩マジパネェっす!

59 :名無しさん@ピンキー:2012/03/04(日) 10:21:23.61 ID:K0EFL1oa

やっぱリアス様のおっぱい吸いながら
チンポシコシコと手コキしてもらうシチュが
いちばん抜ける
「うふふ、こんなに大きくして……エッチなオチンチンね」
とか堪らん

60 :名無しさん@ピンキー:2012/03/04(日) 13:17:28.80 ID:clA0BmVV

リアス派は挙手

61 :名無しさん@ピンキー:2012/03/04(日) 14:52:17.04 ID:K0EFL1oa

はい

62 :名無しさん@ピンキー:2012/03/04(日) 20:02:47.45 ID:JIO768cD

原作を読んでいる事前提の話になるが、『禍の団』がグレモリー眷属を筆頭にした若手悪魔の集団を強襲。
戦闘区域にいた女性悪魔のみを対象に絶霧で特殊空間(身体能力が一般人以下に落ちるようなヤツ)に強制転送されてしまう。
転送先では精神幻惑系神器の所持者と魔獣創造の所持者がいて、そこで女性悪魔達が惚れている男性と誤認させた性行為用モンスター(魔獣創造によるもの)に犯され始める。
身体だけどっぷりと性行為になれた頃にあえて幻惑を解除して一時的に勝機に戻させて彼女達に今まで肌を重ねていた相手がモンスターだと気づかせる。
当然女性悪魔たちは激昂してモンスター達を倒そうとするが、空間の特殊効果でまともな戦闘ができずにモンスター達に組み伏せられ、性感帯を的確に刺激されて一人一人篭絡されるというシチュエーションが思い浮かんだんだが、需要ってある?

63 :名無しさん@ピンキー:2012/03/04(日) 22:56:04.17 ID:rWFHo+EQ

大いにあるw
速攻で可及的速やかに、うP

尚、輪姦シーンで「二穴+両手コキ+髪コキ+フェラ」と
【モンスターの射精料は常識外れ】という前提で「アナル中出し」→
「皆に見られながら、ザーメン大噴射!、敵がそれを見てエロ罵る…」のシチュを頼むw

64 :名無しさん@ピンキー:2012/03/05(月) 01:52:32.02 ID:xqRV4k91

内容まで指定するなw
楽しみに待ってます

65 :名無しさん@ピンキー:2012/03/05(月) 07:03:32.15 ID:99RsEyjy

いや、輪姦な以上サンドイッチファックと両手に茎はやっぱデフォだろ?俺も見て見たいw
出来れば薄い本で見たいが未だにとらで先輩抱き枕だけだもんなぁ…

大噴射は実が出ず、白汁だけなら俺も一票w

66 :名無しさん@ピンキー:2012/03/05(月) 20:11:31.62 ID:OLeiWA0g

>>62だが、現在エロシーンを執筆中。2~3日、遅くとも今週中には投稿出来ると思う。

ただ、今の触手エロを書いている傍らでゼノヴィアが犬型モンスターの群れに襲われる獣輪姦ものが見たくなった。
自分で書いてもいいけど、今書いている分があるから誰か書いてくれないか?

67 :名無しさん@ピンキー:2012/03/05(月) 20:50:18.84 ID:99RsEyjy

リアス先輩がヴァーリチーム男sに二穴三穴されながら(正気状態)
目の前でイっセーがヴァーリチーム女sに童貞食べられ
尚且つ幻惑の効きすぎで堕ちてしまった…(イッセーはリアスとセックルしてると思ってる)

リアス先輩、絶望しながら快感に絶頂して堕ち…
(他のグレモリー眷属の子は人型絶倫モンスター達に全穴輪姦)

68 :名無しさん@ピンキー:2012/03/06(火) 00:51:55.82 ID:igRYNrJf

>>62
wktk
楽しみに待ってるぜ!
それにしても雨の中で全裸待機はキツイものだな…

69 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 14:23:11.06 ID:Y4KPYnLl

>>62だ。現在引き続きエロシーンを書いているのだが、ヤってる最中に敵役のオリキャラの過去をだらだら書くのはかなり萎える。
故に今のうちにそいつの簡単な設定と経歴書いておくんで、頭の中に入れといてくれ。

元はヴァチカンの教会に所属する正規の悪魔祓い師だったが、彼自身の直接戦闘能力の低さと神器(精神幻惑能力あり)の特性故に後方支援要員として重用されていた。
『聖女』として崇められていた頃のアーシアに憧れを抱き、女ながらに悪魔祓いの前線に立っていたゼノヴィアを尊敬していた。

だが、駒王協定によって全ての悪魔祓い師が全て廃業となり、彼も教会内の別部署へ異動となる。
ただ、かなり優しい性格をしていたため悪魔との講和が成立したことでそれまで祓ってきた悪魔達に対して深い罪悪感を感じ、精神的にかなり追い詰められる。
それを解消するために『悪魔を祓ってきた事に対する懺悔』という矛盾した行動を教会中枢ともいえるヴァチカンで何度となく行なったことでセラフのシステムに負荷がかかり、負荷軽減の為に異端の烙印を押されて教会から追放される。

着の身着のまま世界を放浪している最中に曹操と出会い、拉致同然に彼らの本拠地へ招かれる。
そこで曹操からアーシアとゼノヴィアが悪魔に転生し、『どこにでもいる普通の女』としてイッセーに恋慕し、生を謳歌していることを聞き、それまでの憧れや尊敬が一気に反転、彼女達を憎むようになる。

その感情を抱えたまま半ば操られるように神器へ『蛇』を絡ませられ、イッセー達の町へ転移。アーシアやゼノヴィアが自分の姿を見ても教会関係者とは気付かれず、『ただの敵』と認識されている事に腹が立ち、その怒りで禁手に至ったために回収される。

禁手に至ったことで神器に精神幻惑だけでなく記憶改竄能力がある14番目の神滅具であるとわかり、それからはアーシアとゼノヴィアを犯し、彼女達の生活を徹底的に破壊する事を目的として英雄派に恭順するようになる。

こんな設定だ。多分エロの相手もアーシアとゼノヴィアの比率が高くなる。本文はなるべく早く書き上げるつもりなんで、待っていてくれると助かる。

70 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 14:51:46.31 ID:sH6wTN1a

なんとまぁ…
まぁ「憧れと尊敬」が何とやら…つか、それが(憧れ・尊敬)強ければ強い分
反動が凄くなる物な…

投下超期待して待っとるからね


>それからはアーシアとゼノヴィアを犯し、
彼女達の生活を徹底的に破壊する事を目的~

徹底的に破壊…にするよりは、
以前からの「心の根底にある憧れ・尊敬の残思」から
「徹底的に陵辱・俺専用の雌奴隷化願望←(「こいつら(このお方達は)は俺の…俺だけのモノだ!」的思考)」
ゆえに、イッセーの目の前で二人の処女全穴を奪う…←「や…やった!、以前から憧れてた二人の全ての処女を奪ったぞ!ハハハ…」
とかw

71 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 16:53:58.76 ID:Y4KPYnLl

エロ描写が一区切りつくゼノヴィアのロストバージンまで書けたんで次から投下してく。
以下注意。

・触手シーン込みの半陵辱モノなので、そういった描写が苦手な人はスルー推奨。
・あらかじめ言っていたとおり、メインはアーシアとゼノヴィアなのでリアス・朱乃・小猫スキーの方々にとっては描写が薄く感じる部分あり。

72 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 16:54:54.38 ID:Y4KPYnLl

駒王学園オカルト研究部。どこにでもある高校の一部活動に見えるが、その部活動に所属している生徒は一つ秘密があった。

顧問のアザゼルが堕天使、客分の紫藤イリナが天使、部長のリアス・グレモリーをはじめとした他の生徒は全員が悪魔であり、種族としての人間は一人もいない。

しかもほぼ全員が凄まじいまでの戦闘能力を誇っており、唯一の例外であるアーシアですら半ば規格外の回復能力を持っている。

そのため冥界と天界、正確にはそれまで敵対していた天使・悪魔・堕天使の代表者であるミカエル・サーゼクス・アザゼルの3者によって結ばれた和平協定、
通称駒王協定に不満を持つ者達が集まったテロリスト集団『禍の団』とは若手悪魔ながら何度も戦い、その度に生還してきた経験を持つ。

この日も『禍の団』に所属する者との戦闘が発生、それを鎮圧して悪魔としての活動拠点である駒王学園旧校舎に戻ってきたところだった。

「それにしても、今日の相手も神器保有者だったな」
「そうだね。しかも僕たちの精神に対して幻惑をかけてきた」

この日一誠達が相手をした神器保有者の一人は相手の精神を幻惑して自滅させようとしてきたため手こずらされたが、なんとかして撃退することができた。

「途中で魔方陣を展開して逃走したからなんとかなったけど、今後こういった神器保有者が出てくる可能性もあるから気をつけるに越したことはないね」
「祐斗の言うとおりね。これからは精神幻惑に対する訓練も少しずつ行なっていきましょう」

リアスの言葉を同意するように部員一同が頷き、明日以降の訓練では幻惑系の魔力や魔法に対する訓練を行う事にした。

だが、この時に逃した神器保有者がグレモリー眷属一同を壊滅させる事になるとは思っておらず、彼らの破滅への序曲はゆっくりと奏でられることになった。





◇◆◇ ◇◆◇





この日も『禍の団』による小競り合いが発生し、グレモリー眷属たちは事態の鎮圧を行うため現場に向かおうとするが、
夜だというのに目の前が見えなくなるほど濃い霧が発生しており、仲間の姿が一切見えなくなってしまう。

「部長!! アーシア!! 朱乃さん!! ゼノヴィア!! ええい、この際木場でもいいや!! 誰かいないのか!!」

当然一誠は仲間たちに声をかけるが返答は一切なく、一誠は仲間の姿を求めて大声を上げながら周囲の探索を開始する。

だが、彼らは既に神滅具級神器『絶霧』の効果によって異空間へ強制転移されていた。

しかも男性メンバーである一誠・祐斗・ギャスパーの3名はそれぞれ個別の異空間へ送られており、
まっとうな手段では仲間と合流できないようになっている事を知るのは『絶霧』の所有者とこの計画を企てた者だけだった。

73 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 16:58:24.44 ID:Y4KPYnLl

男子メンバーが別々の異空間に転移させられている一方で女子メンバーがどうなったのかというと、彼女達は転移する瞬間に意識を奪われ、
一誠達男子メンバーとは別の異空間――こちらは表面上駒王学園の周辺を再現しており、特殊作用として女性の戦闘能力のみをほぼ0にする効果がある――
にまとめて転移させられていた。

「いやいや、流石は神滅具級の神器。異空間転移だろうと望んだ魔獣を造りだすことだろうとお手のものとは恐れ入るよ」

そう呟く人物は以前リアスたちと戦った精神幻惑能力を持つ神器保有者の少年であり、
彼の目の前にはリアス・グレモリーとその眷属悪魔の美少女5名が意識を失った状態で倒れ伏している。

彼女たちの中央には『使い魔の森』に存在する触手型生物よりも太く力強い触手を大量に携えた軟体生物が佇んでおり、
極上の美少女達を前にしているからか落ち着きなく触手を蠢かせていた。

「……褒められて悪い気はしないけど、君の趣味にまで付き合う気はない。あとは好きにやってくれ」

その少年の近くにいた黒いローブを被った人物はウンザリした声色で少年に魔獣をコントロールするための腕輪を渡すとそのまま退出していく。

「ああ。そうさせてもらうさ」

少年はローブを被った人物を見送ると、すぐに腕輪を装着して自身の神器を発動させる。

「『禁手化』」

同時に先の戦闘で到達することができた『禁手化』も同時に使用し、彼を中心に一瞬だけ風が巻き起こる。

「さて、《お前達が目を覚ますと既に戦闘は終了しているが、『愛しの兵藤一成』である目の前の触手が敵に受けた攻撃の影響で性欲を爆発寸前にさせている。
そこでお前達は『自分たちのカラダを使って性欲を発散させる』ことを思いつく。早速実行し、延々と犯される》んだ。
あと、《俺から受けた事は『自分の愛しの人物から受けた事』と思っておけ》」

少年がそう言い終え、一度手を叩く。その行動が禁手状態の指令開始合図であり、すぐにリアスたちに変化が訪れる。

74 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 16:59:07.48 ID:Y4KPYnLl

「んっ……ここは…ってイッセー!! あなた、どうしたの!? 皆、起きて!! イッセーの様子がおかしいの!!」

そうしてリアスが真っ先に目を覚ますが彼女の瞳の焦点は合っておらず、どこか浮ついたままの眼差しでアーシアや朱乃の身体を揺すって彼女たちを起こし始める。

リアスが全員を起こし終えるが誰一人として瞳の焦点が合っている者はおらず、全員が無意識下で操られているのは明白だった。

だが彼女たち自身は誰一人としてその事に気付かず、『兵藤一誠と認識している触手生物』の苦しむ姿を見てチームの回復要員であるアーシアが真っ先に動く。

「イッセーさん、今助けます!!」

アーシアは自身に宿る神器『聖母の微笑み』でどうにかできないか試みるも一向に改善の兆候は訪れず、
小猫によって気の流れを探る事で性欲が異常増幅されている事がわかり、直ぐにでも対処しないと体内で溢れすぎた生命力の影響で生命の源泉が内側から崩壊、
死亡してしまう可能性があった。

当然その事実はリアス達にとっては受け入れがたいもののため対処方法がないのか小猫に問うと、
一番簡単な方法として増幅された精を受け止め続け通常の状態まで減らす、簡単に言ってしまえば自分の貞操を捧げる方法が伝えられる。

「……仕方ないわね。イッセーを助けるためにも、私たちが身体を張るしかないわ」
「こんな形なのは少々残念ですが、元々イッセー君は狙ってましたし、ちょうどいいですわ」
「イッセーさん、すぐに楽にしてあげますからね」
「待っていろイッセー、すぐに助けてやるからな」
「……絶対助けます、イッセー先輩」

その方法を聞いたリアス達は提案した小猫を含めて全員が顔を真っ赤にしながら『一誠を助ける』という名目で触手生物に貞操を捧げる決意を固める。

少しでも触手生物の気を引くために纏っている服を一枚一枚脱いでいき全裸になると、それだけで大量の触手が一斉に彼女たちの身体へ絡みついてくる。

「こっ、こらイッセー!! 落ち着きなさい!!」
「あらあら、元気ですね。イッセー君」
「ひゃうっ!? イ、イッセーさん!?」
「げ、元気すぎるぞ、イッセー!?」
「しっかり受け止めますから……早まらないでください」

それぞれの身体に絡み付いてきた大量の触手は彼女達の素肌の上を這うだけでは飽き足らずおっぱいや太ももに巻きつき、触手の先端を擦りつけてくる。

75 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 16:59:47.82 ID:Y4KPYnLl

しかも気が早い触手にとってはそれだけで絶頂を迎えるのに十分だったらしく、暴発気味に一部の触手から精液が発射される。


びゅぷっ!! びゅるるっ!! ぶぴゅっ!!


「きゃっ!? イ、イッセー!?」
「あ、あら? もう出てしまったの?」
「イ、イッセーさん!?」
「こ、こら!? 早すぎるぞイッセー!!」
「先輩、ちょっと早いです」

突然の射精に驚くリアス達だったが、その暴発射精の精液すら身体中を蠢く他の触手によってあっという間に彼女達の素肌に擦り込まれていく。

なお、この触手生物は性行為に特化しているため精液は即効性の強力な媚薬という面を持ち合わせているので、
触手達の動きは彼女達の全身にくまなく媚薬を擦り込まれていくのと同義だった。

そのためリアス達の秘唇は5分も経たずに愛液に塗れ、乳首は固くしこり、頭の中は性欲で埋め尽くされてしまう。

「イッセー、ちょうだい!! あなたのおちんちん、わたしにちょうだい!!」
「イッセーくん、私にも!! 私にも挿れてぇ!!」
「イ、イッセーさん……その、私にもお願いします」
「ああっ、イッセー!! お前のその逞しいものを、私に挿れてくれ!!」
「先輩……その、私も、せんぱいのおちんちん、欲しいです」

リアス達は肥大化した性欲の赴くまま、両手で自らの秘唇を大きく開いて触手の挿入を求める。

「クククっ、指示して造らせたとはいえ、とんでもない光景だな、こりゃ」

その美少女悪魔達の痴態を眺めながら、少年は小さく嗤う。

「しかも5人の内2人は『魔女』と『天然の聖剣使い』と来たもんだ。敬虔な信徒が今のあんたたちの姿を見たら、そいつらはなんて思うかねぇ?」

5人に聞こえない事は承知しているものの、少年は口に出さずにいられなかった。

彼自身がアーシアやゼノヴィアと同じ元教会関係者であるが故に、元修道女の乱れる姿はどうしようもなく性欲を刺激されてしまう。

「……まあ、どうでもいいか。復讐がてら、その身体を使わせてもらうぜ」

リアス・朱乃・小猫の3人の秘唇には深々と触手が突き入れられ、ロストバージンの証に結合部から鮮血が滴るが、
彼は腕輪を通じてアーシアとゼノヴィアを犯そうとする触手の動きのみ抑制し、アーシアとゼノヴィアの身体を持ち上げさせる。

「はっ、そっちの3人は悪魔の癖して生娘だったのかよ!?……それなら、こっちも期待できるかもなぁ?」

意外そうな目でリアス達を一瞥し、彼はそのままアーシアとゼノヴィアに視線を向ける。

その眼差しは元神父とは思えないほどに歪み、憎悪と嫉妬に溢れていた。

「イ、イッセー!? わ、私にも、挿れてくれぇ…もう、我慢できないぃ!!」
「お、お願いします、イッセーさん……我慢、できませんよぉ……」 

期待に潤んだ眼差しで挿入を求めるゼノヴィアとアーシアの姿はどこにでもいる女そのもので、元教会関係者とはとても思えなかった

76 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 17:00:49.54 ID:Y4KPYnLl

「ああ、今から挿れてやるよ。まずは、ゼノヴィアからだ」

そう言いながら彼はズボンを脱いでペニスを露出させる。

彼女達の痴態を間近で見ていた事もあってペニスは痛いほどに勃起しており、触手を操ってゼノヴィアの身体の位置を調整。
彼女の腰をしっかりと掴み、膣口に自らのペニスを宛がう。

「ほぉら、ゼノヴィア。お待ちかねのモノだ」

そのまま触手の戒めを解くと、重力によってゼノヴィアの身体はその位置を下げていき、ペニスがゆっくりと挿入されていく。


ずぐ、ずっ、ぬちっ


「ああっ!! そのままっ、そのまま一気に貫いて、私の処女を貰ってくれぇ!!」

股間から身体を貫く鋭痛、無理矢理に膣の入り口を押し広げられる痛みに自然と涙があふれるが、その痛みすら愛おしく感じながら、
ゼノヴィアは想い人である兵藤一誠ではなく元の仲間へ自らの処女を捧げていく。


じゅぷっ!!……ぶつっ、ぶちっっっ!


ペニスが半分ほど挿入されると彼はおもいきりゼノヴィアの身体を引き寄せ、一気に処女膜を破ってペニス全体をゼノヴィアの膣内へ侵入させる。

お互いの股間が密着し、結合部の僅かな隙間からほんの少し血が滴り落ちる。

「ああっ、イッセー。わ、私は嬉しいぞ。こんな形ではあるが、お前と子作りすることができたのだからな。…私のことは気にせず、好きに動いてくれ」

ゼノヴィアは彼のことをイッセーだと誤認したまま嬉し涙を流し、彼の体にしがみついたままそう呟く。

「ああ、そうさせてもらうさ」

ゼノヴィアにしがみつかれたまま彼は本能の赴くままに腰を動かし始める。


ずりゅっ、ずっ、ずちゅっ、ぐちゅっ


ペニスが半分ほど引き抜かれ、すぐに膣奥深くまで戻すだけの直線的な動きを繰り返す。

ペニスが引き抜かれる度にきつく締め付けるゼノヴィアの膣肉が僅かに捲れあがり、突き挿れられると同じように押し込まれる。
その両方で、真っ赤な血が滴り、飛び散っていく。

「はっ……ああっ、いいっ、イッセー、気持ちいいっ!?」
「ああっ…すげぇ、気持ちいいさっ!!」

ゼノヴィアは元々悪魔祓い師として戦闘訓練を行なっており、全身の筋肉がほどよく鍛えられているため膣内の締まりもかなり強く、
容赦なく自分のペニスを締め付けてくる。

神父を目指していたため童貞だった彼にとってはこれが初めてのセックスであり、この気持ちよさは忘れられそうになかった。


ずちゅ、ずっ、ずっ、ずぷっ


吐く息も荒くなり、腰を突き上げる動きも無意識の内に小刻みなものにしてラストスパートにかかる。

77 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 17:01:21.14 ID:Y4KPYnLl

「ああっ、出るのかっ!? いいぞっ!! お前の子種をそのままぶちまけてくれ!!」
「っ!? ああ、そうさせてもらう!!」


ずじゅっ、ずっ、ずちゅっ、ぐりゅっ、ずぷっ!


ペニスの往復が激しくなり、未開発の膣内を蹂躙される痛みで無意識に逃げようとするゼノヴィアの腰をしっかりと掴んで抱き寄せると、思い切り腰を突き出す。

「ぅおっ、出る……ぅっっっっっ!!」

そのまま全身を震わせ、彼はゼノヴィアの膣奥で初めての絶頂を迎える。


どぷっ!! びゅぶっ!! びゅくびゅくっ!!


「~~~っっっ!! あっ、うっ、ぁああああああ…………っっっ」

膣内に嵌っている肉棒が一瞬大きく膨らみ、次の瞬間には鈴口から大量の迸りが身体の奥に流れ込んでくる。

初めて感じるその感触にゼノヴィアは驚き、彼の身体にしがみつく力を無意識的に強める。

それが彼の童貞喪失であり、密かに憧れていたゼノヴィアとアーシアへの復讐の第一歩だった。

78 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 17:04:26.46 ID:Y4KPYnLl

そんなわけで、まずはここまで。
アーシアのロストバージンはゼノヴィアの時と変わらなそうだから、次はアーシアとヤった直後の描写から始まると思う。

何か感想もらえると喜んで執筆ペース上がるかも。

79 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 17:05:46.78 ID:Y4KPYnLl

すまん、間違えてageちまった。

80 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 17:38:02.05 ID:LXQA1qSj

>>78 乙!
皆が正気に戻ったあと心まで堕ちるのが楽しみだ
続きを全裸待機して待つ

81 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 18:04:40.96 ID:sH6wTN1a

超乙!

…えっ!?アーシア編は事後…から…だと?…w
変わらなくてもかまへんので、どうかアーシア破瓜絶頂も何卒…

それとリアス先輩たちの方も、ちゃんと後から事細か…ですよね?(チラッw

82 :名無しさん@ピンキー:2012/03/07(水) 18:52:29.14 ID:TWrd8chq

本家に保管庫に収まるまで時間がかかりそうなんで暫定的に個人で保管庫作成。
此処への報告を以って事後承諾にさせて頂きます、なお苦情が来たら削除コース
http://fhp.jp/eroparo/

83 :名無しさん@ピンキー:2012/03/08(木) 18:46:49.11 ID:EOQCUjYF

>>78だが、現在>>81の意見を取り入れて四苦八苦しながらアーシアロストバージン編を執筆中。
その内に投下するんで待っててくれ。

あと、今疑問に思ったのだがアーシアの神器『聖母の微笑』は「傷を癒す」ことは出来ても「身体的欠損の再生」は出来ないとある。
これってヤった直後に『聖母の微笑』膣口にかざせば処女膜再生させずに破瓜の傷のみ癒す事も可能って解釈でいいのだろうか?

84 :名無しさん@ピンキー:2012/03/08(木) 19:49:44.74 ID:MNqO+3U3

どっちかと言うと
「どっちでも出来る」…すなわち「術者、アーシアの胸三寸」と
おいらは思う

とりあえず乙です
リアス先輩たちの幻覚内の艶事もしますよね?w

85 :名無しさん@ピンキー:2012/03/10(土) 12:18:07.29 ID:aZJgs689

他の方が作品投下継続中みたいですが、一本書き上がったので投下させて下さい。
カップリングは、イッセー×朱乃さんで。
時系列的には原作10巻~11巻までの間ですが、
ifストーリーという事で細かい設定の相違は無視して貰えるとありがたいです。

NGワードは、『D×S』でお願いします。

86 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:18:32.40 ID:aZJgs689

「ごちそうさまでした。朱乃さん」
「はい、お粗末さまでした」


休日の夜。
イッセーこと、兵藤一誠は自宅の食卓で食事を終え、その食事を用意してくれた同居人――
姫島朱乃に礼を述べた。
「やっぱり、朱乃さんの料理は最高です!」
「あらあら、褒めたって何も出ませんよ?」
言いながらも朱乃は手のひらを頬に当てて、嬉しそうに微笑みながら答える。
「後片付けしちゃいますから、イッセーくんはリビングで寛いでいてくださいね」
「そんな、作って貰ったんですから、片付けくらいは俺にやらせてください」
「いいのよ。料理は片付けまでが料理、ってね。すぐに終わっちゃうから、イッセーくんは休んでいてくださいな」
「…朱乃さんがそう言うんなら」
少し申し訳なさそうに眉を寄せながら、一誠はテーブルから立つとテレビの前のソファにゆっくりと腰掛けた。
「イッセーくん」
後ろから声を掛けられ振り返ると、朱乃がキッチンから顔を覗かせて、
「気を遣ってくれてありがとう。やっぱり、イッセーくんは優しいですわ」
「い、いえっそんな、当たり前のことだと思っただけで」
「うふふ、すぐに片付けるから、ちょっと待っていてくださいね」
「は、はい」
そんなやり取りの後、朱乃はキッチンへと入り、食器の後片付けを始めた。
「~♪」
楽しそうな鼻歌を後ろに聞きながら、一誠はテレビのスイッチを入れてチャンネルを回していった。

87 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:18:56.41 ID:aZJgs689




この兵藤家には普段、合わせて十人の人間が暮らしている。が、今日に限っては一誠と朱乃の二人きりだった。
一誠の両親は急な出張とそれの付き添い。
リアス部長は冥界の実家から招集を受けて帰省中。
アーシア、ゼノヴィア、イリナの協会トリオはクラスメイトの家でお泊り会。
子猫とレイヴェルは友人達とカラオケでオール。
ロスヴァイセはアザゼル先生や同僚達との呑み会。
と、まるで一誠と朱乃が二人きりになるために誰かが仕組んだと思える程の奇跡のような偶然により、
他の家族や居候達は皆、家を留守にしていた。
(そういえば、この家で朱乃さんと二人きりになるのって、初めてかも知れないな)
起床、朝食、登校、授業、昼食、部活、下校、夕食、就寝と常に複数人と過ごしてきた
一誠にしてみれば、朱乃に限らず特定の誰かと二人きりになるというのは、極端に稀な事だ。
そして、おそらく今日には誰も帰ってこないであろう事は何となく予想がついていた。
ということは。
(明日までずっと、朱乃さんと二人きり…っ、なんか、変に緊張しちまうな)
日頃、一誠に対して熱烈なモーションを掛けてくる朱乃と二人きりという環境に、
「何か」起こらないかと密かに期待を膨らませる一誠だった。

88 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:19:22.82 ID:aZJgs689




「イッセーくん♪」
食事の片付けが終わったらしい朱乃が、ソファ越しに一誠の首に腕を絡ませ、肩に顔を乗せてきた。
「あ、朱乃さん」
「うふふ、今夜は二人っきりですわ。何をしましょうか」
フワリと、朱乃から甘く芳しい女の子特有の香りが漂ってくる。
「な、ナニって、その」
これくらいのスキンシップは日常茶飯事の筈なのに、この場に二人きりというだけで必要以上に意識し、
動悸を激しく高鳴らせてしまう。
「それじゃ、とりあえず」
ゴクンっ
横目で朱乃を凝視しながら思わず喉を鳴らしてしまう。そして、次の一言で――
「一緒に、テレビでも見ましょうか」
――一誠は盛大にコケた。

89 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:19:44.45 ID:aZJgs689




―――ガヤガヤ ―――ザワザワ

二人で並んでソファに座りながら、お世辞にも面白いとは言えないバラエティ番組を眺めていた。
朱乃は一誠の肩に体を預けて、嬉しそうにテレビを眺めている。
そんな様子の朱乃を目線だけで眺めながら、
(朱乃さんの体、温かくて柔らかいなあ…良い匂いもするし)
テレビの内容などそっちのけで、そんな事を考えていた。すると、
「ねぇ、イッセーくん」
「なんですか?」
「…肩」
「え?」
「肩、抱いて欲しいな」
言いながら、朱乃は一誠の肩に預けている頭をグリグリと擦りつけてきた。
(う…朱乃さん、かわいい…)
いじらしい仕草に胸が思わず締め付けられる感覚を覚える。
一誠は返事を返さず、代わりにゆっくりと腕を動かして朱乃の肩まで持っていき、優しく自分の方へと抱き寄せた。
「…あっ。ふふっ、イッセーくんの手、ゴツゴツしてる。やっぱり男の子ね」
「そう言う朱乃さんの肩は、小さくて柔らかくて、すごく女の子らしいです」
「あらあら、年上の先輩をつかまえて女の子らしいだなんて、誂われているのかしら」
「そんな、誂ってなんかいませんよ。朱乃さんはその…き、綺麗で、それと同じくらい可愛らしい人です!」
「ふふ、嬉しいわ。イッセーくんも、とっても素敵で逞しくて、頼り甲斐がある紳士ですわ」
「――っ! 朱乃さん! 今のは誂ってませんか!?」
「うふふ、どうかしら。くすくす」

90 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:20:23.06 ID:aZJgs689




嬉しいような、恥ずかしいような会話のやり取り。
そんな、他愛もない話に花を咲かせていると、
不意に朱乃が、肩を抱いている一誠の手に自分の手を重ねながら、少しだけ上ずった声で切り出した。
「イッセーくん。私――幸せだわ」
「…朱乃さん?」
「こうして、大好きな人と二人きりで過ごしているだけで、こんなに幸せな気持ちになれるものなのね」
「…もしかして、誂われて――」
「聞いて、イッセーくん」
「………」
「……私、あなたの事が好き。大好きよ、イッセーくん」
「……!」
今まで聞いたどの好意の言葉より、重みのある、真剣な響きだった。

91 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:20:44.88 ID:aZJgs689



「最初は、ただちょっとカワイイ後輩という位の意識でしかなかったかも知れない。リアスが嫉妬するから、
あなたが照れるからという理由だけで、あなたの事を誘惑していたのも嘘とは言えなかったかも知れない」
「………」
「でも、あなたがオカルト研究部に入ってから、私はいろんなあなたを知り始めた。
リアスの為に一生懸命に頑張るところ。誰にでも優しく接してあげるところ。
どんな逆境でも、絶対に諦めないで立ち向かっていくところ」
「………」
「そして、私の素性を知っても、あなたは私の事を好きだと言ってくれた。
仲間として、という意味だったのでしょうけど…でも、あの言葉を聞いた瞬間から――」
「………」
「私はもう、あなたに心を奪われてしまったの」
「!」
あまりにストレートな告白に、一誠は思わず目を丸くする。
「…あの時は、リアスとアーシアちゃんの次として、それこそ、浮気相手でも愛人でも構わないと思った。でも」
「……」
「やっぱり、あなたの事を誰にも取られたくない。ワガママだと分かっていても、私だけを見て、
私だけに笑顔を向けて欲しい」
「あ、朱乃さん…」
「イッセーくん。私の事…好き?」
「も、勿論です!」
「……リアスよりも?」
「そ、それは…」
「…ふふ、ごめんなさい。あなたに対してこの場でこんな事を聞くなんて、ズルイわよね」
「朱乃さん…俺は」
「いいの。分かってるから。あなたが誰に夢中かなんて、ずっとあなたを見ている人間には明らかだもの」
「……それは―」
「でも…いえ、だから、お願い。イッセーくん…いいえ、イッセー。今夜だけは、私だけのイッセーになって…」
「……あ、朱乃さ――んっ」
「――私を愛して。イッセー……ん」

朱乃はゆっくりと身を乗り出すと一誠に顔を寄せ、唇を重ねた。

92 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:21:11.41 ID:aZJgs689




「…んっ、う、んぅ…」
唇同士をただ重ねるだけの柔らかなキス。
唇を介して、互いの温もりが伝わってくる。
他に誰もいない家の中で、二人は同じ姿勢のまま。静かに時間だけが流れていく。
お互いに息を止めているのか、相手の息遣いすら聞こえない。
耳に入ってくるのは、微かに流れるテレビの雑音だけ。

どれくらいの時間が経ったのだろうか。
長いような、短いような口づけの後、どちらからとなく唇を離した。
「……ん、はぁ……イッセー…」
「…はっ、ふぅ…朱乃…さん…」
「…朱乃」
「…?」
「二人きりの時は私の事、朱乃って呼んで…?」
「は、はい…あ、朱乃…」
「…嬉しい、イッセー…んっ」

再び、二人は唇を交わす。
今度は先程より少しだけ積極的に、相手の唇を吸う様に重ねていく。
「…ふ、んぅ…ちゅ、んっ、はぁ、ちゅっ、ん、はぁ…」
重ねる度に角度を変えながら、行為に没頭していく二人。
自然と朱乃の腕が一誠の首へと回り、唇と同じく体同士も密着させていく。
一誠も朱乃の肩に手をかけ、乱暴にならないように自分の方へと引き寄せた。
「…ん、ふ、ぅん、ちゅっ、イッセー、すき…んっ、ちゅ、ちゅっ」
「…はぁ、ん…ちゅ…朱乃…んぅ」

93 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:30:17.63 ID:aZJgs689

意識してか無意識か、二人の動きがより激しく、大胆になっていった。
肩を抱いていた一誠の手は朱乃の背中を回り、片手は腰を抱き寄せ、もう片方の手は朱乃の
後頭部への添えられる。
キスも啄ばむものから、唇同士を広く接触させ、擦り合わせる様な動きへと変わっていく。
舌同士が軽く触れ合い、そこからじんわりと脳の奥へ痺れが伝わってくようだった。
「…ふぁ、ちゅっ、ぶ、ちゅるっ、んっ、はぁ、ちゅ、ぅぅ…」
次第に舌が互いの口内を行き来し、激しく絡み合っていく。
少しザラザラした一誠の舌に自分のそれを擦り付け、口の中に溜まったお互いの混ざった唾液を嚥下していく。
重なり合った口の脇から唾液が滴ろうがまるで気にすることなく、二人はただただ、
相手の唇を貪るのに夢中になっていった。


「…っふはぁ、はぁ…はぁ…朱乃…」
長い長いディープキスの後。
離した舌先同士をつなぐ透明な糸が途切れるのをぼんやりと眺めながら、一誠は乱れる呼吸を
整えながら朱乃に告げる。
「…俺は、確かに部長の事が好きです」
「イッセー…」
「…でもそれは、アーシアの事もそうです。子猫ちゃんもゼノヴィアも、他のみんなも。俺の大切な人達です」
「……」
「――でも、今の俺には、あなたの事しか見えません」
「!」
「大好きです、朱乃。学校での大人っぽい佇まいのあなたも、部長と喧嘩してる時の怒ったあなたも、
俺に秘密を打ち明けてくれた時の弱々しいあなたも、戦う時の、少し怖いけど凛々しくてかっこいいあなたも、
それから、俺に甘えてきてくれる時の可愛らしいあなたも。全部ひっくるめて、俺は、姫島朱乃が大好きです!」
「…イッセー!」

ずっと思い焦がれてきた言葉。
この先ずっと聞くことなんて出来ないだろうと、半ば諦めていた言葉。
それを今は、他でもない彼が。
自分の目を見て、真正面から告白してくれた。
これが例え一時の感情に流されたものだったとしても、嬉しかった。

「……っ、うっ…ぐす…」
「あ、朱乃…」
「…すん、ご、ごめんなさい。嬉しくて…ありがとう、イッセー」
目尻を伝う涙を指で掬いながら、朱乃は赤く頬を染めた笑顔で、
「私も、イッセーの事が好きよ。この気持ちは世界で一番、誰よりも強いって信じてる。―だから」
心の底から、
「―私を抱いて。私を、あなただけの朱乃に、してください」
彼に今望む事を、言葉にした――

94 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:30:50.02 ID:aZJgs689




場所は変わって、二人は朱乃の部屋へ移動していた。
部屋の電気は落とされ、窓から差し込む月の薄明かりだけが、二人を照らしていた。

少し大きめなベッドの上に朱乃は体を横たえ、一誠はその上から覆いかぶさるように四つん這いの
姿勢で朱乃を見下ろしている。
「イッセー……きて」
「はい…」
朱乃は一誠の首に手を回し、ゆっくりと引き寄せていき、一誠もそれに従って朱乃との距離を縮めていく。
やがて二人の間隔はゼロになり、二人は今日何度目になるか分からないキスを交わした。
「んっ…ちゅるっ、ふ…ぅん、ちゅ、ちゅぶっ、んっはぁ」

始めから舌同士を激しく絡ませるディープキス。
唇同士が溶け合い、一つになるような深い口づけを交わしながら、一誠は、朱乃の服を一枚ずつ、ゆっくりと
した動きで脱がせていく。
他人の服を脱がせていくという慣れない行為に苦戦しながらも、上着とスカートを何とか取り去り、
朱乃はブラとショーツだけという格好になる。そこで、
「ブラは男の人には外しづらいでしょうから…」
と呟くように言って、朱乃は両手を後ろに回し、ブラを外し始めた。

「ふふっ、イッセーは、ブラジャー→パンツ、の順番が好きなのよね?」
「そ、そうですけど…サイラオーグさんとのゲームの時の話ですよね。よく、そんな事覚えてましたねっ」
「当たり前だわ。好きな人の事ですもの」
そう言いながら、ブラのホックをプチンッ、と音を立てて外し、体に密着していたブラを取り外した。
ふるん、と締め付けられていた胸が開放され、一誠の前に晒される。
手のひらにはとても収まりきれないほどの大きさでありながら、美しい形を保っている朱乃の乳房。
シミ一つない真っ白な膨らみの頂に、薄いピンク色の突起が佇んでいた。
まるで絵に描いたように美しいおっぱいに、一誠は思わずゴクンと息を飲み込んだ。

95 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:31:17.25 ID:aZJgs689



「…はっ、はっ……っ、あ、朱乃っ、俺…もう…」
「うふふ、スゴイ目つきですわ。でも、まだだーめ♪ 下も脱ぐまで我慢…ねっ?」
興奮を隠し切れない一誠をよそに、朱乃はショーツに手をかけて、ゆっくり、ゆっくりとそれを下ろしていく。
臀部を下り、太腿、膝、ふくらはぎへと、滑る様にショーツが下りていく。
やがて足先から脱ぎ去ると、全く一糸纏わぬ姿の朱乃が、一誠の前に姿を現した。
扇状に広がった、濡れ烏色の長くしなやかな黒髪。
仰向けでありながらなお、形を保ち自己主張する豊かな乳房。
無駄な肉の全くない引き締まった腰周りと、少し大きめな、しかし形の良い尻肉。
スラリと長い脚の間から僅かに姿を覗かせる秘処は、一誠との口づけだけで微かに湿り気を帯び、
月明かりを浴びてキラキラと輝いていた。

「…はぁっ…はぁっ…す、凄く綺麗だ…」
「くすっ、私でそんなに興奮してくれるなんて、嬉しいわ。イッセー…お願い、あなたも服を…」
言うが早いか、一誠はあっという間に身に着けている物全てを脱ぎ去り、朱乃に再び覆いかぶさった。
「朱乃っ…!」
「あんっ、もぅ…いきなりなんだから――んっ、あっ」
一誠は朱乃の胸へと飛び付き、両手で円を書くように撫で回しながら、その頂を吸い立て始めた。
(おっぱい…! 女の子の――朱乃のおっぱいっ…!)
意中の女性の乳房を自分の好きに出来るという初めての経験もあって、一誠はあっという間に朱乃の
肢体の虜になっていった。

「んっ、あんっ…ふふっ、イッセーったら、赤ちゃんみたいですわ…んあっ!」
自分の体に夢中になってくれる一誠に母性をくすぐられ、無意識に一誠の頭を優しく撫でる。
そうしている間にも一誠の愛撫はどんどんエスカレートしていった。
「ひゃんっ!? そ、そんな所っ…あっ、んっ、ふぁ」
右手は乳房を捏ね回したまま、左手は下半身へと下り、肉付きの良い尻部へと移動し、
マッサージをするように掌全体で摩り始めた。
乳首を吸い上げていた口はそのまま横へスライドし、微かに汗で湿る脇へとシフトしていった。
唇で音を立てながら吸い立てたり、舌を上下に滑らせていく。

「んあぁっ! やっ…そこは、んっあっ! あんっ!」
胸部と臀部、それから、脇の下。
一誠の愛撫によって刺激される三ヶ所から、ビリビリとこそばゆい刺激が流れ込んでくる。
痛みとも、くすぐったさとも違う、初めて経験する感覚――性的な快感。
それを与えてくるのが、互いの気持ちを確かめ合った男性…一誠である事が、彼女の感じる
性感を何段階にも増幅させていた。
「…はぁーっ、はぁーっ…朱乃…朱乃っ…!」
「んっあぁ! あぁ、はずかしい、こえっ…でちゃっ、ぅんっ、ふああっ!」
朱乃のあられもない嬌声が、一誠の理性を溶かし、更に興奮を高めていく。
もう一誠には、朱乃の体を貪る事しか考えられなくなっていた。

96 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:39:49.28 ID:aZJgs689



「イッセーっ、ふぁ、私、もうっ、んあっ! はぁ、んっあぁっ!」
高まった意識がどんどんと体を離れていく感覚に囚われる。
体中がピリピリと甘ったるい刺激に覆われ、それが自分の体でないようだ。
手先、足先、体と次第に感覚が薄れていく。
やがて、頭の中も真っ白な靄に思考が閉ざされ、そして――
「だめっ、わたしっ、んあぁ! ひっあっ、あぁっ! ふぁああぁあっ!」
自分の意思とは関係なく体中がビクビクと痙攣を起こし、
ついには目の前も、真っ白に塗りつぶされた――


「はぁーっ…はぁーっ…んっ、はぁ、あぁ…」
「…っ、朱乃、俺…もう…っ」
一誠の目に映る朱乃の姿。
絶頂の余韻に浸る体は時折ピクン、ピクンと反応し、四肢を脱力させ自分の目の前に体を投げ出している。
汗で髪が額や頬に張り付き、だらしなく開いた口元からは唾が線を引いて頬を伝い、
いつも以上に妖しい色気を醸し出していた。
発汗でほのかに色づいている肌、深呼吸で上下する乳房、そして、透明な液体でトロトロにふやけている秘処。
「俺っ…もう、これ以上我慢できない…っ!」
初めての性体験という事もあり、一誠の興奮は最高潮に達していた。

――早く彼女の肉穴に自分の肉棒をねじ込んで、欲望のままに動いて彼女に恥ずかしい喘ぎを上げさせ、
ありったけの精を彼女の中に注ぎ込みたい。
学校中の憧れである彼女をめちゃくちゃに犯して、自分のモノにしたい。
そう、彼女の身も心も、全てを自分だけのモノに――

呪文のように一誠の頭の中を流れていく言葉。
自分の一物で朱乃がよがり狂う姿を妄想し、一誠の自身が更に硬く、熱く、大きく滾っていく。
「はぁ、はぁ、朱乃っ…」
何かに操られているかのように、一誠はフラフラとした動きで朱乃の両足をM字に開き、自分の前に
朱乃の性器を晒させた。

「……ッセー…お……がい……さ…しく…て…?」
誰かの声が聞こえたような気がしたが、沸騰する頭はそれを言葉として認識せず、
今にもはち切れそうな己の怒張の先端を朱乃の秘処に当てると――

ズブブブブブブ…

一気に朱乃を刺し貫いた。

97 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:40:12.54 ID:aZJgs689




「―――っ!! うぐっぁああぁぁぁああぁあぁあっ!!!」

獣のような、苦痛に滲む叫び。
想像していた声には全く程遠い、絶叫とも取れる痛々しい声が一誠の耳へと突き刺さった。

そこで、ようやく。
「―――あ…お、俺…なんで、こんな…」
一誠は我に返り、自分のした事を理解した。


「…うっぐ、かはっ…っ、ふぅ…はぁ…い…つ、ぅ…」
歯を食いしばり、痛みに耐える表情。
力いっぱいベッドのシーツを握り締める両手。
そして、自身との結合部から透明な液体と混ざって流れ出る…赤い血。

『…イッセー。おねがい…やさしく、して…?』

朱乃は確かにこう言っていた。一誠は聞こえていた筈だった。
「あ、朱乃……さん…、俺、朱乃さんが初めてだって、知ってた筈なのに、こんな――」

女の子の初めては激しく痛みを感じるものだと、話だけは聞いていた。
だが欲望に負けて、自分勝手に行為を進めてしまった。
(俺、最低だ…。朱乃さんに辛い思いをさせてしまうなんて…なんて謝れば――)

朱乃、と呼び捨てにする事も忘れ途方にくれるばかりの一誠に、朱乃は目尻に涙を湛えながらも、
両手で一誠の頭を抱き締め、自分の胸元に導きながら、
「…ふぅ、はぁ…イッセー。そんな悲しそうな顔をしないで…? 私、とても嬉しいわ…」
我が子をあやす母親の様に、優しく、柔らかな声色で囁いた。
「朱乃さ―」
「朱乃、よ。イッセー」
「…朱乃。すいませんでした! 俺、自分のことばっかりで、乱暴なことを――」
「いいのよ。だって、それだけイッセーが私に夢中になってくれてるって事でしょう? それに…」
「……」
「イッセーのハジメテを私が貰って、私のハジメテをイッセーに捧げる事が出来たんだもの。
多少の痛みなんて気にもならないわ。いいえ、むしろ…」
「……」
「この痛みさえ愛しく思えるわ。―――大好きな人との初体験の証だもの」
「――――!」

98 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:40:33.46 ID:aZJgs689




その言葉を聞いた瞬間、一誠の胸の内に一つの決意が宿った。

――リアス部長もアーシアも、他の女の子達も、自分の周りには美少女ばかりで、みんな自分に好意を持って
くれている事はなんとなく分かっていたから、全員と関係を深めて、あわよくば関係を持ち、
皆を自分のハーレムにしたいと、さっきまではそう思っていた。でも。

目の前のこの人は。

自分の様に複数の異性に目移りせず、自分だけを真摯に見てくれている。
半ば自分勝手なセックスを強要しそうになったのに、微笑みながらそれを許してくれた。
それどころか、初体験を共有出来た事をとても喜んでくれている。

自分が彼女の立場なら、どうだろうか。

複数の男性に好意を寄せる朱乃。
複数の男性と契りを交わし、彼らを侍らせる朱乃。
そしてその中の自分は、彼女が囲っている男の内の一人という立場でしかない。

そのような事、耐えられる訳がない。

…彼女の真っ直ぐな気持ちに応えたい。彼女の気持ちを受け止めるのに相応しい男に――


「イッセー」
「…朱乃」
「お願い、続きをして? 最後まで、あなたを私の中に感じていたいから…」
「わかりました。――朱乃」
「何? イッセー」
「………っ」
「…?」
「…いえ、なんでもありません」
「うふふ、変なイッセー」
「…ゆっくり、動きますね」
「うん。きて…」

99 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:40:57.05 ID:aZJgs689




ジュ…グチュ…グチュ…グチュリッ…ジュプ…

「…んんっ、あっ、っふあ、あっ…んぅ…」
お互いを強く抱き締め合い、上半身を密着させながら、一誠はゆっくり、ゆっくりと朱乃のナカを前後する。
汗ばんだ裸同士を強く密着させることで、より相手の存在を近くに感じることができた。
「痛く、ないですかっ…朱乃…」
「うんっ、あふっ、気持ちいいのと、んやっ、少し痛いのが、あんっ、半分ずつくらいでっ、
不思議なっ、ふぁ、気分…あっ、ふぅ、ん…」
(朱乃の膣内、すごい、気持ちいい…っ、一人でするのと、全然違う…!)
一誠の肉棒を、朱乃の柔肉が包み込むように締め付けてくる。
前後に動かす度、ザラザラした感触の襞肉が、抽送によって泡立った互いの体液をネットリと塗り付けながら、
奥へ奥へと誘い込むように絡んでくる。
一人でするのとは違い、与えられる不規則な刺激に思わず腰が引けそうになるのを耐えながら、
一誠は朱乃の中で腰を動かしていった。
「…ん、あぁっ、ふっ、んあっ、あんっ、イッセー…あぁっ、イッセーっ…」
耳元で名前を呼ばれる度、彼女を愛しく思う気持ちが膨らんでいくのを感じた。
無意識に己の怒張が大きさと硬さを増し、それに反応して朱乃の嬌声もより、艶っぽく、小刻みになっていく。
「んっ、あぁっ! いいっ、イッセーっ…もっと、はっ、んぅっ、つよくっ、んあぁぁあっ」
「はぁっ、はぁっ、朱乃っ…!」
彼女の言葉に応え、それまでのゆっくり、馴染ませる様な動きから、段々とストロークの速度を上げ、
間隔を短くしていく。
亀頭と筒の段差を引っ掛けるように腰を引き戻すと、面白いように朱乃がウレシそうに声を上げ、
一誠の腕の中で艶かしく踊った。
「あぁぁあぁっ! ふあっ、んっ、やあぁっ! イッセーっ、おねがい、キス、してぇっ、キスぅっ…!」
「……んっ」
「ふあっ…んっ、ちゅぱっ、んくぅっ、ひぅ、んんぅっ! ちゅるっ、ぷぁっ、んっ、ちゅ、ぅぅぅ…」
口元を唾液でべちゃべちゃに濡らしながら、朱乃は一心不乱に一誠の唇にしゃぶりついていく。
自分の唇や口内を舐め上げてくる朱乃の舌に、自分のそれを突き出して触れさせると、
すぐさま絡み付いてきて、唾液の混ざり合う水音が一層大きくなった。
「…んっ、ふあっ、ぶちゅぅっ、ちゅっ…んくっ、れろっ、はあっ、んっ、ちゅっ…ちゅぶぶっ」
唇の交し合いが激しくなるに連れて、一誠の腰の動きもどんどんと速く、力強くなっていく。
「あぁああっ! んっ、ちゅぶっ、ふっ、んふっ、いっひぇ、んはっ! ひゅごいぃっ、んっ、ちゅばっ」
(イッセーのおちんちんっ、私のナカをゴリゴリ削ってる! 全部、持ってかれちゃう!)
一誠の逞しい熱棒が体の中を行ったり来たりする度に、体中を電流が駆け巡るような刺激に襲われる。
特に、フックの様な段差のある部分でお腹の裏を力強くなぞられると、気持ちよすぎて
体が跳ねるのを止められなかった。
「…んっ、ぷぁっ! ああぁっ! んっ、ひぁっ! イッセーっ! んあっ! イッセーぇっ!」
また、先程の様に朱乃の意識がモヤモヤと霞がかるような感覚が訪れた。
それだけではない。今度は目の前の景色がチカチカと点滅している。
体中の感覚が薄れ、抱き合っている一誠との境界が分からなくなってくる。
一誠に貫かれる度、二人が溶け合って一つになっていく。
体も、心も。

100 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:41:20.76 ID:aZJgs689


その一言で、一誠の中の何かが、音を立てて切れた。

「…朱乃ぉ!」
「んああぁあぁっ! すごぃっ! イッセーっ! わたしっ、もう、なにかきちゃうっ! ひぁあぁあっ!」

「…くぅ! 出るっ!」
「あぁああっ! わたしっ、イクぅっ! あっ! んあっあっ! ああぁあぁあああぁあぁあぁっ!!」

そして。
イッセーは、自分の中の全てを、朱乃のナカに解き放ち。
朱乃は、イッセーから放たれた精液で、真っ白に塗りつぶされた――


事が済んで暫くした後。
情事の熱も段々と落ち着き始め、二人はベッドの中でシーツに包まりながらじゃれ合っていた。
「ふふっ、イッセーの初めての女になってしまいましたわ。うふふっ♪」
「俺も、朱乃の初めての男になれて、光栄です」
「ふふっ、ありがとう。でもまだ、他の子達より一歩だけリードしたに過ぎないもの。
これから、あなたと沢山触れ合って、私をもっと知って貰って、いつか私の事を誰より一番好きだって
思うようにさせるんだから。覚悟しててね、イッセー」
「――朱乃」
「? なに? イッセー」

101 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:42:47.74 ID:aZJgs689

体も、心も。
「朱乃っ、俺、もうっ…!」
「きてっ! イッセーっ! んあぁああっ! わたしのナカにだしてぇ!」 
「でも、中で出したらっ」
「いいからぁ! ナカにだしてっ! わたしをっ、ああぁっ! イッセーのモノにしてぇっ! ふあぁっ!」

その一言で、一誠の中の何かが、音を立てて切れた。

「…朱乃ぉ!」
「んああぁあぁっ! すごぃっ! イッセーっ! わたしっ、もう、なにかきちゃうっ! ひぁあぁあっ!」

「…くぅ! 出るっ!」
「あぁああっ! わたしっ、イクぅっ! あっ! んあっあっ! ああぁあぁあああぁあぁあぁっ!!」

そして。
イッセーは、自分の中の全てを、朱乃のナカに解き放ち。
朱乃は、イッセーから放たれた精液で、真っ白に塗りつぶされた――


事が済んで暫くした後。
情事の熱も段々と落ち着き始め、二人はベッドの中でシーツに包まりながらじゃれ合っていた。
「ふふっ、イッセーの初めての女になってしまいましたわ。うふふっ♪」
「俺も、朱乃の初めての男になれて、光栄です」
「ふふっ、ありがとう。でもまだ、他の子達より一歩だけリードしたに過ぎないもの。
これから、あなたと沢山触れ合って、私をもっと知って貰って、いつか私の事を誰より一番好きだって
思うようにさせるんだから。覚悟しててね、イッセー」
「――朱乃」
「? なに? イッセー」

102 :『D×S』:2012/03/10(土) 12:43:23.43 ID:aZJgs689

――今しかない。自分の決意を、彼女に知ってもらうのは。


「――俺は、あなたが好きです。大好きです。だから、少しでもあなたが幸せな気持ちになれるように、
頑張りたいです。俺、スケベだから、他の女の子に視線が泳いじゃう事もあるかも知れません。
部長やアーシアに迫られても、強く拒めないかも知れません。
だから俺、もっと強くなります。リアス部長の眷属としてだけじゃなくて……あなたの男として。
もっと朱乃の事を知って、もっと朱乃の事を好きになりたいです。男としてももっと磨きをかけて、
あなたに相応しい男に――あなたの想いを受けるに相応しい男になります!」

「イッセー…」

「だから、見ていてください! 俺、頑張ります! こっちこそ、朱乃の事を俺以外の男なんて見えなく
なる位、夢中にさせて見せます! だから、ずっと俺の事、見ていてください」

「…うんっ、あなたの事、ずっと見てる。だから、私からも、目を離さないでね」

「はい。――朱乃」

「――イッセー」


「「―――愛してる」」



fin

103 :85:2012/03/10(土) 12:46:07.09 ID:aZJgs689

以上です。
>>100は投稿ミスなので飛ばして下さい。
久しぶりにSSを書いたので色々突っ込みどころがあるかと思いますが、
少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

104 :名無しさん@ピンキー:2012/03/10(土) 13:38:51.36 ID:zHZc+cz/

乙ですっ!
また次回作期待してますっ(ボソッ 後日譚…チラッw)
さてこの後イッセーどうなる事やら?w…

105 :名無しさん@ピンキー:2012/03/11(日) 02:28:16.80 ID:2P6f11zw

GJ!! 次はリアス先輩か子猫ちゃんを期待したいゼ!

106 :名無しさん@ピンキー:2012/03/11(日) 14:02:47.75 ID:5jwe8MIu

>>82 です、>>85 氏のSSを保管しましたが>>100を飛ばした時の繋ぎ直しが出来てるか不安。
誰かチェックしてくれる人募集。 http://fhp.jp/eroparo/

107 :名無しさん@ピンキー:2012/03/11(日) 17:30:36.20 ID:8SeI3guG

GJ!! ちゃんと繋ぎ直し出来てたぞ

108 :名無しさん@ピンキー:2012/03/13(火) 20:17:13.19 ID:niIdPeF3

誰か小猫ちゃんとレイヴェルが喧嘩しながらもイッセーを献身的にご奉仕エッチする猫鳥丼な話を書いて下さい

109 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:19:03.10 ID:1+LQt9aD

>>83だが、ようやくアーシアのロストバージン編が書き上がったんで投下。

相変わらずの和姦に見えた強姦なんで、そういったシチュエーションが苦手な人はスルーしてくれ。

110 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:19:47.27 ID:1+LQt9aD

天使・悪魔・堕天使の3者による和平協定――通称駒王協定――に異議や不満を持つ者達が集結して作られたテロ組織『禍の団』。

彼らは人間や悪魔といった種族ごとに派閥を作り、その中のチーム単位で動いており、現在最も力をつけているのは英雄派と呼ばれる派閥だった。

英雄派はその名の通り歴史に名を残す英雄たちの子孫が主な構成員だが、構成員の中には神器保有者であるというだけで拉致同然に招かれた者もいれば、
自らの意思で英雄派に恭順する者もいる。そんな自らの意思で恭順した者の一人に異端の烙印を押された元教会関係者の少年がいた。

紆余曲折を経て知られざる14番目の神滅具保有者となった少年はそれまで溜め込んできた欲望を解き放ち、現魔王であるサーゼクス・ルシファーの妹、
リアス・グレモリーの眷属悪魔となっている元教会関係者、アーシア・アルジェントとゼノヴィアを徹底的に穢す事を望み、
今まさにゼノヴィアの処女を奪い、彼女の胎内に精をぶちまけたところだった。

「ゼノヴィア、すまないが一度放してくれ。アーシアにもしてあげないと可哀想だからな」

しっかりと自分の身体にしがみついて逃がそうとしないゼノヴィアに彼は優しく囁く。

「あっ、ああ……わかった、イッセー」

ゼノヴィアは名残惜しそうにしながら頷くと、振り落とされないように無意識の内に彼の腰に回していた両足を解き、しがみつく力を緩めてその場に立つ。

「っ、おっと。…まだ何か挟まっているような気がするな」

破瓜の痛みの残滓が残っている事もあって多少ふらついてしまい、ゼノヴィアが少し動くだけで膣内に吐き出された精液が逆流し、太ももをつたう。

その光景が尊敬していた女に自分の存在を刻みつけた証のように思えてなんとも言えない達成感が身体中を駆け巡ったが、
それ以上に今から行うことに対する胸の高まりを抑えきれなかった。

なにせ今から犯すのは教会内でも『聖女』と崇められていたアーシア・アルジェントなのだ。

元『聖女』の純潔を奪う事ができる機会など早々あるわけがなく、その背徳感は想像以上で興奮するなという方が無理な話だ。

現に彼のペニスは射精直後にも拘らず勃起したままで、ゼノヴィアの処女を奪った証の血液がペニスに付着していなければセックスをしたとは思えない程だった。

111 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:20:23.66 ID:1+LQt9aD

「さて、待たせたかな? アーシア」

彼がアーシアのもとに向かうと、アーシアは大粒の涙を浮かべると同時に涙声でこう言った。

「ひどいですよぉ……イッセーさん。どうしてぇ…私だけ、仲間外れにするんですかぁ……」

触手で拘束されたままアーシアは非難の言葉を口にする。

だが、アーシアの非難はもっともだった。何せ触手によって擦り込まれた媚薬の効果によって身体の感度は否応なく上がり、
その状態で主であるリアスや他の眷属悪魔の少女による痴態を間近で見せられていたアーシアの身体は本人の意思と関係なく秘華から愛液をにじませ、
吐く息を荒く、熱くさせられていた。

しかも触手と彼の存在を兵頭一誠だと誤認させられている今のアーシアにとっては何故か身体が動かないまま火照りだけが強くなっていき、
それを自ら慰めることもできず、自分ひとりだけを放置して他の少女たちが愛しの人物と愛し合っている姿を延々と見せられる形だったため拷問に等しく、
彼に話しかけられた瞬間に寂しさが限界を突破して泣き出してしまった。

「ごめんごめん。今挿れてあげるから、泣きやんでくれ」

俗世に塗れ、他者への嫉妬を隠そうともせずに淫蕩に溺れる『聖女』アーシアの姿は彼が教会に所属していた頃には絶対に見ることの出来ないものであり、
この姿を見せてくれた遠因となる駒王協定の制定に今だけは感謝してもいいと思った。

「ホントですよ? いっぱい、いーっぱいしてくれないと…ゆるしてあげませんからね?」
「ああ。お待ちかねのモノだよ」

彼はそう言いながら先ほどから勃起しっぱなしのペニスをアーシアの膣口にあてがうと、ゼノヴィアの時とは違い触手の拘束をゆっくりとゆるめさせる。

ゼノヴィアの時と同じように拘束されていた身体は重力に従って落ちていき、膣口にあてがわれていたペニスを自然と膣内へと導いていく。

ただ、触手の戒めを緩める速度がゆっくりなためペニスが挿入されていくスピードも遅く、アーシアの膣内はゆっくりと押し広げられていく。

本来だったら初めて感じる勃起した肉棒という名の異物が膣内を押し広げていく感覚は処女であるアーシアの身体にとって痛みしか感じることができないはずだが、
媚薬によって強制的に感度を高められ、その体を昂らされた今の彼女にとっては身体を貫く鋭痛すら絶頂へと駆け上がるスパイスにしかなっていない。

それどころか昂りきったアーシアの身体は膣内を蠕動させて膣内を押し広げていく肉棒を自分から奥へと導いていき、あっという間に亀頭の先端が処女膜に触れる。

112 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:21:10.62 ID:1+LQt9aD



みちっ……ぐっ、ぶつっ


「っ!? きてっ、きてぇ……イッセーさん、来てぇ!!」

亀頭の先端が処女膜に触れたまま触手の戒めが緩まっていけば当然身体の位置も下がっていき、同時にペニスが侵入していくため、
とうとうアーシアの処女膜が裂ける。

「アーシア、一気に…行くよ」

処女膜が裂けようと膣内の蠕動は続いており、奥へ奥へ導こうとするその動きに射精を我慢するので精一杯の彼はアーシアに一言声をかける。

「はっ、はいぃ!?」

アーシアもその言葉を受けて痛みに備えて彼にしがみつくと、彼はアーシアの腰を掴んで一気に処女膜を破りにかかる。


ずじゅっ、ずぶっ……ぶつっ、ぶちっっっ!!


「っ!?……あああああっっっっ!」

生々しい音と共に僅かに形を残していたアーシアの処女膜が貫かれ、鮮血にまみれた肉棒がボロボロになった処女膜を巻き込むように引き裂いて膣奥へと押し入る。

「っ!! もう、出るっ!!」

ふたりの股間が密着し、結合部のわずかな隙間から先決が滴ると同時に我慢が限界を迎えた彼は一言呟くと同時に絶頂を迎える。


びゅぶっ!! びゅるっ!! どぷっ!! びゅくびゅくっ!!


彼は今まで自慰行為すら行なった事がなかったため溜まりに溜まっており、一度射精したとは思えないほどの大量の精液がアーシアの膣奥目掛けて一気に噴出し、
吐き出された精液が膣内を蹂躙していく。

113 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:21:47.55 ID:1+LQt9aD


「ふぁあっ!? 出てるっ、中で熱いのが出てるうっ!!」

突然の膣内射精に驚くアーシアだが、次の瞬間には更に驚かされることになる。


ずりゅっ、ずっ、ずちゅっ、ぐちゅっ


「イッ、イッセーさん!? まっ、てぇ!!」

射精直後で萎えかけた肉棒が半分ほど引き抜かれたかと思うとすぐに戻り、何度もそのピストン運動を繰り返すとあっという間にペニスはその硬度を取り戻し、
アーシアは精液の熱さに浸る間もなく始まった第2ラウンドに困惑するしかない。

「ご、ごめん。……けど、アーシアの膣内、気持ちよすぎて……腰が勝手に動いちまう」


ぐちゅっ、ずっ、ずじゅっ、ぬちゅっ


結合部から媚薬で昂らされて分泌された愛液と引き裂かれた純潔の流す鮮血、射精したばかりの精液が混ざった体液を飛び散らせながら彼はアーシアに謝罪するが、
膣内の気持ちよさに抗えず言葉を発しながらも腰の動きを止めることができていなかった。

「だっ、だめです!! 今、うごかれたらっ……きもち、よすぎてぇ……なにかっ、きちゃいますぅ!!」

突き上げられながら身体の奥から湧き上がってくる初めて感じる感覚に驚きを隠せないアーシア。

その感覚が強くなっていくたびに膣内の締め付けも少しずつ強くなっていき、それに合わせるように彼もスパートをかけていく。

二人に性経験があればお互いに絶頂を迎えようとしていることがわかったかもしれないが、
初めての性行為ということもあって相手のことを気遣う余裕もなく、自らが登りつめることしか考えられない状態だった。

「ふあぁっ!? くるっ、くるうっ!!」

さほど間をおかず、あまりの気持ちよさにアーシアは目の前が真っ白になる。全身が強張り、打ち上げられた魚のようにビクビクと震える。
その快感はそのまま絶頂の発信点である膣内にフィードバックされ、膣壁が一気に収縮して注送されている肉棒を締め付け、再び精液を搾り取りにかかる。

114 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:22:23.06 ID:1+LQt9aD


「うおっ!? でっ、出る!!」

彼もイったばかりの状態で感覚が鋭敏になっている時に無理やり腰を動かしてペニスを勃たせていたので突然締め付けが強くなったアーシアの膣内に驚き、
そのまま先ほどと同じように膣内射精を行う。


どぷっ!! びゅるっ!! びゅぷっ!!


濃さも量も1度目とかわらない程の濃厚な精液が膣内に吐き出され、アーシアは身体の奥に注ぎ込まれていく精液の感触に浸りながら初めての絶頂を感じ、
あまりの気持ちよさにビクビクと身体を震わせながら気絶してしまう。

「はーっ……はーっ……はーっ………」

だが、それを感じているのは彼も一緒で、抱きしめられたまま気絶しているアーシアをゆっくりとその場に寝かせると、ペニスを引き抜く。

つい先ほどまでアーシアの膣内に挿入されていたペニスは連続で絶頂を迎えたことで元に戻っていたが、
ゼノヴィアとアーシアという尊敬と憧れを抱いていた二人の美少女の純潔を連続で奪った証に大量の血液を付着させており、鮮血で真っ赤に染まっていた。

だが、その光景そのものが着実に復讐を成し遂げていることを示していて、黒い充実感と共に二人を自分好みの色に染め上げたい衝動に駆られる。

(……そうだよな。ただ生活をぶっ壊すだけじゃ面白くない。身体だけ徹底的に俺好みに調教して、二人には赤龍帝から色々と教え込まれていると思わせておく。
 その後、染めきったら幻惑を解く。愛しの赤龍帝に仕込まれたはずの性技が実は好きでもなんでもない男に仕込まれたモノだって分かった時、
 二人がどんな表情をするか楽しみだ)

衝動の赴くままにプランを考えつき、即座にそれを実行に移すことにする。

一度萎えたペニスは未来のアーシアとゼノヴィアの反応を考えるだけで活力を取り戻して再び勃起し、
そのまま気絶してしまったアーシアを羨ましげに見つめるゼノヴィアの元へ向かい、再び彼女を毒牙にかけることにするのだった。

115 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 21:26:04.48 ID:1+LQt9aD

投下完了。次回以降は今のところ展開全く考えてないけど、また気がむいた時に投稿する。
聞かれるだろうから今のうちに答えておくけど、リアス先輩達のシーンは今のところ全く書いてないし考えてない。
特にリアス先輩達の視点での姿なんて一度に書くキャラが多すぎなんで、まず無理なことは言っておく。

116 :名無しさん@ピンキー:2012/03/14(水) 22:11:04.57 ID:kHUppiGI

乙!
続きを期待して待ってるわ

まぁ、独占染め上げ型なら自分以外の他の男のチンポ…は多分論外だな
と、なると必然的に「自分のチンポ一本増やす」か
「どっかの先生の作ったドッペルゲンカー製造装置(のパチモンとか)」…w

117 :名無しさん@ピンキー:2012/03/18(日) 13:46:24.48 ID:9R5i8NfF

「ほら子猫ちゃん……気持ちいいんだろ?『お○んこ気持ちいい』って言ってごらん? 」
「…く…ぅ…」
「言わないと抜いてあげないよ?ま、俺としてはどっちでもいいけど」
「…………………ちいい…です」
「あぁ!?んな小さい声で聞こえるか、処女ま○こに男咥え込んで気持ちいいですって叫べや!」
「……っ…………いい、です!処女ま○こに、男咥え込んで……気持ちいい、ですっ……!」
「うっ……きゅ、急に締め付けてきやがった……で、出るっ!」
「ぇ、ぁ……ぁあっぁぁぁぁぁぁッ…………!!」

「……嘘、つき……」
「くくく、嘘なんかついてねえさ。ちゃんと“抜いて”やっただろ?」
「そん、な……」
「さてと……オイお前ら!子猫ちゃん気持ちいいみたいだから、早い物勝ちでくれてやる!」
「………ッ………!!」

118 :名無しさん@ピンキー:2012/03/24(土) 15:10:47.37 ID:0Rk9kFyp

アニメ終わっちまった…

119 :名無しさん@ピンキー:2012/03/24(土) 21:20:43.02 ID:D/EpUaxT

BD・DVDが売れたら続編作れそうだね 原作2巻くらいまでしかしてないし…

120 :名無しさん@ピンキー:2012/03/24(土) 23:11:58.29 ID:Hk8YM0tO

原作も4月に新刊が出るから、話のストックとしては十冊分と大量にある。
1冊消化するのに6話かかる計算でも2クールのアニメ2回分は余裕だから、売上次第では十分いけるだろ。

121 :名無しさん@ピンキー:2012/03/27(火) 23:48:07.34 ID:L39SBBB4

>>5
原作読めばわかるけど夕麻ちゃんの一件があって嫌われるんじゃないかって踏み出せないんだってさ

122 :名無しさん@ピンキー:2012/03/28(水) 00:26:50.22 ID:4nUG1TFJ

>>121
IDがブラック・ブラッド・ブラザーズ

123 :名無しさん@ピンキー:2012/04/03(火) 17:31:34.57 ID:Zg8SVmPw

ほしゅ

124 :名無しさん@ピンキー:2012/04/06(金) 21:54:47.00 ID:xNCUyPiN

イッセー×イリナが見たい

125 :名無しさん@ピンキー:2012/04/13(金) 20:16:36.45 ID:ccNRRukP

過疎ってきたぞ
誰か何かSSを…

126 :名無しさん@ピンキー:2012/04/14(土) 16:13:41.13 ID:QgnokeNG

保守

127 :名無しさん@ピンキー:2012/04/16(月) 20:27:45.91 ID:muF1ppHS

保守

128 :あああ:2012/04/21(土) 01:29:30.40 ID:e2PS3x55

僕もイッセー×イリナが見たい!!

129 :名無しさん@ピンキー:2012/04/22(日) 20:51:42.25 ID:+fEok7IH

130 :名無しさん@ピンキー:2012/04/23(月) 21:40:39.74 ID:2ZPoMtf0

俺、昔からウルトラマンやスーパーマンが怪獣や悪党にクリプトンナイト
で弱体化されて、ボコボコに苛められる状況が大好きなんだけど、
この作品に出てくる悪魔ヒロインにはそういう状況が似合いそう

リアスが弱体化されて、彼女を妬んでた女子共に木刀や鉄パイプで
いじめられるの

131 :名無しさん@ピンキー:2012/04/23(月) 21:55:50.14 ID:2ZPoMtf0

美少女が犯されるより、サンドバックにされる方が萌える

132 :名無しさん@ピンキー:2012/04/24(火) 01:30:26.53 ID:OjMZzUm4

ライザー×リアスで助けられなかった展開希望

133 :名無しさん@ピンキー:2012/04/28(土) 18:58:36.54 ID:wd2XSG2c

保守

134 :名無しさん@ピンキー:2012/04/29(日) 16:48:15.56 ID:Hem6xk9X

イッセーとイリナを是非 

135 :名無しさん@ピンキー:2012/05/01(火) 21:47:29.54 ID:Vj2hCkpu

リアス寝取られキボンヌ

136 :名無しさん@ピンキー:2012/05/04(金) 19:51:04.38 ID:UizLJiCG

リアスが小猫にイッセーを寝取られるだって?

137 :名無しさん@ピンキー:2012/05/08(火) 13:24:36.85 ID:wVdylX9N

なんとなくセラフォルーレヴィアタン

138 :名無しさん@ピンキー:2012/05/08(火) 21:11:18.89 ID:G9bbe+6O

ケツ龍皇は「すすっとなでなで、すべすべ、あはーん」なのかな?

139 :名無しさん@ピンキー:2012/05/08(火) 22:18:47.87 ID:EWNXbBiD

ずぶっとずぶっとメリメリアッー!じゃね?

140 :名無しさん@ピンキー:2012/05/11(金) 02:29:46.30 ID:XhPtgtY4

とりあえずヴァーリチームの女の子のエロが見たい

141 :名無しさん@ピンキー:2012/05/12(土) 12:01:46.25 ID:Ia1l2VbU

前々から、私たちリアス先輩のことが気に食わなかッたんですよね。
美人で男子生徒の憧れの的なのに、自分の美人さを鼻にかけない所が、
尚更偽善っぽく見えるんですよ

142 :名無しさん@ピンキー:2012/05/13(日) 16:47:36.04 ID:Utr5/jAc

シャラップ! そんなこと言う奴にココへ来る資格はない!!

143 :名無しさん@ピンキー:2012/05/14(月) 17:22:10.19 ID:yyGvo7jA

なんでもいいから
イッセー&ヒロインsが互いの肉欲をぶつけ合う
がっつりした艶SSを…

144 :名無しさん@ピンキー:2012/05/15(火) 18:26:42.90 ID:yvuyGB+y

黒歌と小猫が姉妹で
イッセーと触れ合うのが見たい・・・。

145 :名無しさん@ピンキー:2012/05/16(水) 23:12:05.81 ID:UKE+lsxM

保守でーす。
原作知らない、アニメのみ×SS初心者(エロパロなにそれおいしry)ですが投下しておkですか?
あと今、夜のノリで言ってるので書くかも定かでないですが(汗)
書くなら子猫さんです。

146 :チェスト:2012/05/16(水) 23:12:46.53 ID:6UjShRwS

誰が一番需要あるの?

147 ::2012/05/17(木) 06:57:16.54 ID:yR4YwCDf

テスト

148 :名無しさん@ピンキー:2012/05/17(木) 22:15:10.73 ID:yR4YwCDf

>>145さんいいんじゃないでしょうか 

149 :名無しさん@ピンキー:2012/05/20(日) 11:46:51.03 ID:wJg6Cdwq

夜中のノリでいいから投下こないかな

150 :名無しさん@ピンキー:2012/05/22(火) 23:10:31.48 ID:cVxlfiqA

>>142
「だから、リアス先輩。このホームレスの人たちに身体を差し上げてくださいよ(笑)」

151 :名無しさん@ピンキー:2012/05/23(水) 22:32:54.32 ID:mLgeqQc8

敵対組織とかならともかく一般女生徒たちでそのシチュエーションは無理っぽい気がする

152 :名無しさん@ピンキー:2012/05/31(木) 23:41:22.06 ID:N2p1Ubqh

>>151
スーパーマンがクリプトンナイトに弱いように、リアス先輩の弱点を
ついてボコボコに苛められるとか・・・

153 :名無しさん@ピンキー:2012/06/01(金) 18:03:09.04 ID:5FiIvRV5

>>152
仲間を人質にとる
イッセーに化ける
とかか

154 :名無しさん@ピンキー:2012/06/04(月) 15:43:22.98 ID:4cBNWxqj

イッセー(ドッペルゲンガーa)「先輩…加えてしゃぶってよ…」
イッセー(ドッペルゲンガーb)「先輩…お尻の穴…いいよね?…」
イッセー(ドッペルゲンガーc&d)「「先輩…右(左)手で扱いてよ…」」
イッセー(ドッペルゲンガーe)「先輩…髪の毛サラサラで凄く気持ちい…ウッ!…」

イッセー(本人)「先輩…先輩のバージン…貰いますね…」

155 :名無しさん@ピンキー:2012/06/04(月) 21:27:32.69 ID:Eo4DnPmE

そういえば公式で増えてたなイッセー

156 :名無しさん@ピンキー:2012/06/05(火) 08:31:13.67 ID:ixc3pYHX

また分身ネタが…
でもイッセー×リアス先輩でNTRじゃ無くて二穴和輪姦シチュなら
これがベストだな

157 :名無しさん@ピンキー:2012/06/06(水) 23:03:22.84 ID:+DORGI3D

やっぱり王道のイッセー×リアスがみたいよなあ…

158 :名無しさん@ピンキー:2012/06/07(木) 08:33:14.09 ID:hQ5Pzn4T

イッセー×リアスの二穴三穴も見たいよ…
(・チンポ一本追加、四つん這いバックで二穴)
(・イッセー分身、イチャ和輪姦(乱交?)、リアス先輩トロ顔で「幸せぇ…」大喜びで)

159 :名無しさん@ピンキー:2012/06/12(火) 01:31:54.46 ID:40D4N13C

ポーンを8つ使ったから8体までは分身できるぞ!ってムチャ設定でもアリww

160 :名無しさん@ピンキー:2012/06/12(火) 11:09:29.38 ID:2IblEJjR

>>159
それだと3穴同時が二人、二穴が一人、タイマンSEXが一人と言う事になるな
(本体+ポーン8つの分身、計、9本のチンポ)

…オカ部で乱交が日課になる様になったらと仮定して
リアス先輩は、どの様に配分するかな?w

161 :名無しさん@ピンキー:2012/06/13(水) 22:14:08.59 ID:xuSevadT

>>160
優しいリアス先輩はまずは部員三人に3本づつあてがわせるよ、きっと
そんでもってよがって喘ぎまくる娘達に軽い言葉責めや愛撫したりしてイカせまくり

そして3人がグロッキーになったらイッセー全員と…だな

162 :名無しさん@ピンキー:2012/06/13(水) 22:27:37.28 ID:yZrxXCfY

その場合他の男子2人は実況しながら批評でもするんかな
あとアーシアは公式にヒロインなんだからもっと報われるべきだよな

163 :名無しさん@ピンキー:2012/06/14(木) 07:29:54.45 ID:cgGx1nBj

え、イッセー以外に男子っいたっけ?w

と、それは冗談で確か金髪が一人いた様な気が(注…俺、アニメ版をちょっとしか見て無い)
…あいつは気を利かせて、何処っか行ってるだろw

リアス先輩か朱乃さんがアナルを使わせてくれるかも(ただし先にアナル処女をイッセーに挙げている前提)知れんが…
こいつ誰か想い人いたっけ?

164 :名無しさん@ピンキー:2012/06/14(木) 13:45:43.16 ID:TABwBMjF

>>163
安心しろ、その金髪イケメンは部員の中の誰とやるかと言われたらイッセーに掘られるのを
えらぶ程度にはイッセーラブだから
ちなみにもう一人の男子部員も女装ッ子なんだが、うん

165 :名無しさん@ピンキー:2012/06/15(金) 02:15:16.38 ID:8gPCpK54

副会長となんかあるかもしれなくもない、ぐらいか
木場が生徒会の女子とフラグたてれば匙と会長とか生徒会のあたりもクローズアップされて嬉しいのに。ソーナさんびっくりするぐらいデレないよな…涙出そうだ

166 :名無しさん@ピンキー:2012/06/15(金) 21:03:24.15 ID:oIdvZjOo

>>159-160のネタいいわ―
誰ぞそのネタで一つたのんます…

167 :名無しさん@ピンキー:2012/06/21(木) 07:04:34.01 ID:gDvoTM+l

某サークルのはぁはぁCG集が出んだたけど…
なんで、リアス先輩の二穴が無いんだ…orz

168 :名無しさん@ピンキー:2012/06/27(水) 01:59:56.32 ID:s3ncNrKH

やっぱりイッセーがトラウマを残すにはビッチキャラと化した夕麻バージョンかレイナーレバージョンに童貞喪失され喰われるシチュが良いのでは?

169 :名無しさん@ピンキー:2012/06/27(水) 07:32:51.44 ID:SBBw+4VO

>>167
同感w
これには作り直しか第二弾をマジで希望したいわ…
恐らくこのサークル、アニメ準拠だからラノベでのドッペルゲンガーの事
多分しらねーだろ

170 :名無しさん@ピンキー:2012/06/27(水) 14:27:32.31 ID:NJNRj/WQ

薄い本は滅多に買わんからよくわからんけど、俺の黒歌は出ないんだろうな…

171 :名無しさん@ピンキー:2012/07/04(水) 13:16:02.44 ID:b8c/VrPh

>>167
買ったひと
サンプル以外の絵で二穴三穴挿入絵あったか聞かせて

172 :名無しさん@ピンキー:2012/07/10(火) 00:55:29.63 ID:XGbR8d/a

お前らリアス先輩と朱乃さんどっちが好き?

173 :名無しさん@ピンキー:2012/07/10(火) 14:51:12.19 ID:C30OUnzQ

どっちも俺のモノにしたい

174 :名無しさん@ピンキー:2012/07/10(火) 17:08:48.77 ID:fsE/CBBp

どっちも無駄に胸デカいから嫌い。貧乳が好きというわけでもないので、子猫もいらん。

175 :名無しさん@ピンキー:2012/07/11(水) 14:24:02.36 ID:wH/Dazad

確かにでかけりゃ良いってもんでもないよな。何事も程々が一番だ

というわけでアーシアは頂いていきますね

176 :名無しさん@ピンキー:2012/07/11(水) 15:05:37.73 ID:1Ca98nQn

胸が大きいとか小さいとかくだらない
そんな小さいことより
みんな宇宙の話をしよう
宇宙は未だに膨張を続けている
つまりそれは大きいことは未来に対する可能性を示唆している
なにより小さいということにはネガティブな印象がある
ほどほどなんて停滞と同義みたいなもんだ
宇宙は膨張を続けている
これは巨乳こそが宇宙の摂理ということをあらわしているわけだ
つまり巨乳こそ人類の夢と同義
巨乳こそ正義というわけだ

177 :名無しさん@ピンキー:2012/07/11(水) 20:32:46.51 ID:b5AEk/O/

>>175
ダメ、阻止

178 :名無しさん@ピンキー:2012/07/13(金) 18:25:25.22 ID:0nG3eVAr

俺はゼノヴィアしか眼中にない。
ゼノヴィアが好きすぎてイッセーが憎いくらいだ。
彼女の品の良いサイズのおっぱいこそ神の愛だ。この世の奇跡だ。

179 :名無しさん@ピンキー:2012/07/14(土) 12:43:30.44 ID:4unsQADE

保守

180 :ゼノヴィアの学艶性活:2012/07/17(火) 02:03:56.56 ID:alpL4lA1

 私はゼノヴィア。
 神の死を知って破れかぶれで悪魔に転生した聖剣使いだ。
 そして今はここ駒王学園の生徒でもある。
 今まで教会の外の世界の事は全く知らないで生きてきたため、色々と苦労しているが、そんな私にあれこれと教えてくれるクラスメートがいた。
 彼はただの人間だが、何故か一緒にいると心が安らぐ。それは彼も同じらしい。
 ――だから、昼休みに私たちが体育倉庫に忍び込んで口づけを交わすのも、何らおかしな事ではなかった。
 私を抱き締める彼の腕も、重ねられた唇も、燃えるように熱く、その熱はそのまま私への想いを示しているように感じられて、体中がとろけてしまいそうなほど気持ち良い。
 お互いの唇をついばみ、舌を絡ませる。
 舌を伝って流し込まれた唾液を飲み込む。
 全て彼が教えてくれた。
 彼は私の唇を愛しながら、制服の上から胸を触ってきた。
 包み込むように優しく、ゆっくりと彼の指が私の胸に埋もれていく。

「ゼノヴィア」

 名前を呼ばれた私は、制服のボタンを外して開いた。
 彼のお気に入りの胸が、弾むようにこぼれ出る。ブラジャーは彼がどうしてもと言うので、三日前から着けていない。
 毎日彼の手と口で愛されているこの胸はサイズも増して、今まで使っていた物ではきつくて仕方ない。どの道問題はなかった。
 彼は乳房を直に鷲掴んでこね回し、乳首に舌を這わせる。

「んっ……!」

 ゾクゾクッ! と甘い震えが体を走る。
 指がくいこむ度に。
 乳首を吸われる度に。
 私は口を押さえて声をこらえながら、身悶えた。
 次に彼は、私をマットの上に優しく寝かせた。そしてズボンとブリーフを下ろして胸を跨ぐ。
 私は両手で胸を寄せて、彼の物を包んであげた。
 彼曰く『パイズリ』と呼ばれるもので、彼のお気に入りのこの胸が、彼を気持ち良くさせる道具としても使えると思うと、それだけで嬉しくなってくる。
 胸を手で激しく動かし、彼の物をしごく。
 彼も腰を揺すり、私の胸の感触を楽しんでくれている。
 薄暗がりの中でも、彼の感じている顔が見えて、私は嬉しかった。
 彼が、私の胸の中で弾けた。たぎるように熱い精液が、谷間に注ぎ込まれる。
 乳房の間に、白い粘り気のある橋がかかった。

「ゼノヴィア、口で頼む」

 次のリクエストに、私は立ち上がった彼の足下にひざまずき、逞しい物をゆっくりと口に含んだ。

181 :ゼノヴィアの学艶性活:2012/07/17(火) 02:06:05.77 ID:alpL4lA1

 炎のように熱く、鋼のように硬い、愛おしい物。
 根元まで唇で包み込み、チュパチュパと音を立ててしゃぶってあげる。
 彼は私の奉仕を受けながら、髪を撫でてくれた。その手の感触はとても心地良くて、これだけのために毎日くわえてしゃぶっていると言っても過言ではない。
 ウットリとした心持ちで、私は彼の物をしゃぶり、舐め回し、味わい尽くす。
 やがて彼が限界を迎えたのが、口の中の感触でわかった。私は一旦、奉仕を中断して口を離した。

「もう、出そうかい?」
「ああ」
「いつものように、全て口で受け止める。存分に出してくれ」

 私はそう言って再びくわえ込んだ。
 こんなやり取りすら、楽しくて仕方ない。
 口の中で先端を舐め回しながら、幹を指でしごくと、彼は敢えなく爆発した。
 さっき出したばかりとは思えない量だ。
 私は言った通りそれを口の中で受け止めた。
 中に残った分も、丹念に吸い出す。
 彼は量が多く、濃さもあるので、唾液と混ぜ合わせながらゆっくり飲み下していかなくてはならない。
 味に慣れ、コツを覚えるまでに何度吐き出した事だろう。
 今口の中に出された物は、彼が私の唇で満足してくれた証であり、愛する彼の体の一部でもあるというのに。
 そしてその精液を飲み下すという行為は、その彼の一部を私の血肉に換えるのも同然の、神聖な愛の儀式なのだ。
 私は食道を伝い落ちる精液の粘り気を感じながら、軽く達してしまったらしく、ビクビクと身を震わせた。
 精液の青臭さにも慣れ、今ではその匂いすら愛おしく感じるようになった。
 その愛おしい精液を与えてくれる、愛おしい物。
 その愛おしい物で私を悦びの極みにまで導いてくれる、愛おしい彼。
 もっと喜んでほしくて、精液の味が恋しくなって、私の方から奉仕を願った事すらある。
 彼はそんな私のはしたない、浅ましい願いすら笑って受け止めてくれた。
 彼のためならば何でも出来る。彼こそ、私の神なのかも知れない。
昼休みが終わるまでの間、私は彼の物に頬ずりして、舐め回し続けていた。

182 :名無しさん@ピンキー:2012/07/17(火) 21:19:55.51 ID:1OKA+7oU

支援

183 :名無しさん@ピンキー:2012/07/23(月) 23:15:39.49 ID:673f0RYi

続きはないの?

184 :名無しさん@ピンキー:2012/07/23(月) 23:48:14.35 ID:SGwK/x57

イッセー×イリナかイッセー×ルフェイ希望

185 :名無しさん@ピンキー:2012/07/25(水) 22:14:35.86 ID:EErOxk/u

黒歌やルフェイはイッセーのハーレムにくるのだろうか

ヴァーリもどっちかとフラグ建てないと、さすがにホモ疑惑を否定できない気がする…

186 :名無しさん@ピンキー:2012/07/26(木) 02:21:29.52 ID:pK1FDmVI

>>185
ケツ龍皇が狙ってたのはまさか・・・男のケツ・・・!

187 :名無しさん@ピンキー:2012/07/26(木) 11:04:37.90 ID:XdoXu3X/

ヴァーリは強いやつに興味があるから
自分と同等かそれ以上の女じゃなきゃ黒歌やルフェイじゃ
フラグ立てられない気がする

だから今のところ狙ってるのは
イッセーとサイラオーグさんのケツw

188 :名無しさん@ピンキー:2012/07/26(木) 19:36:14.79 ID:NShpK6Oq

強い女だとオーフィスとかか?

個人的にルフェイはイッセーのハーレム入りはしないで欲しい。おっぱいドラゴンのファンとそういうのはなんかな…
無論エロパロならなんの問題もない

189 :名無しさん@ピンキー:2012/07/26(木) 22:54:45.41 ID:pK1FDmVI

朱乃さん干からびるまで騎乗位で搾り取られるイッセーを希望
しかも超絶名器でイッセーだと秒殺されてしまうという

190 :名無しさん@ピンキー:2012/07/27(金) 13:00:29.39 ID:TOpYnbVS

ゼノヴィアメインで誰か頼む。

191 :名無しさん@ピンキー:2012/07/27(金) 23:03:24.50 ID:B0czWwFI

どの女性キャラにも需要があるんだな。良いことだ

192 :名無しさん@ピンキー:2012/07/28(土) 01:36:57.68 ID:bvnsZ88c

とりあえず
イッセーに好意を寄せてる人+レヴィアたんやルフェイもお願い(^人^)

193 :名無しさん@ピンキー:2012/07/28(土) 19:52:07.42 ID:ge2sokwW

実は一番ハーレムに近い所にいるのは匙。まわりは女ばっか

ただし正ヒロインとのフラグはたたん

194 :ゼノヴィアの学艶性活:2012/07/31(火) 12:01:16.09 ID:FQoCjPs3

 私はゼノヴィア。神の死に深く絶望していたが、悪魔に転生してからはオカルト研究部という楽しい仲間の他に、かけがえのない恋人も得て、幸せな日々を送っている。

 今日の四時限目は体育。しかし始まって早々に彼に呼び出され、私は授業を抜け出した。
 連れて行かれた先は、風通しの良い校舎裏。彼はそこで私を抱き締めて、唇を重ねてきた。一瞬驚いたが、彼の舌で口の中をクチュクチュと掻き回されると体中がとろけて、頭の中が真っ白になり何も考えられなくなる。
 ブルマの上から尻を撫でられ、太ももを愛撫されて、全身にゾクゾクと甘い震えが走る。

「なぁ、胸使っても良いだろ?」

 彼が耳元でささやきながら、体操服の上から私の胸を揉んできた。

「今は、授業中だが……」
「頼むよ。ゼノヴィアの体操服姿見てたらこんなになっちゃったんだ……」

 彼がそう言って触らせた股間は、確かにはちきれそうなほど勃起していた。私のこの格好で、こんなに……彼にこれほど愛されているという喜びで、胸がいっぱいになる。

「昼休みまで我慢出来ない。頼むよ」
「わかった」

 彼が今私を必要としているのに、何をためらう事があるだろう?
 私は彼の足下にひざまずき、ジャージとブリーフを下ろす。ブルン! と彼のたくましい物が跳ね上がった。
 体操服をたくし上げて、彼のお気に入りの、彼専用の胸を出した私は、物欲しそうにヒクヒクと震える彼の物を包んであげた。いつものように唾液を垂らして滑りを良くしてから、パイズリを始める。
 授業を抜け出しての性奉仕というシチュエーションのせいか、彼の物はいつにも増して堅く、大きく、熱くなっている。挟んだ乳房が火傷しそうなほどだ。
 胸の谷間から顔を覗かせる先端を舌先でチロチロとほじくりながら、私は乳房をこすりつけて彼を高ぶらせていく。
 ニチュニチュと音を立てて、彼に愛されているおっぱいが彼の物に吸い付き、しごきたてる。
 彼の指でこね回されてオモチャにされる以上の快感が、胸から全身にほとばしり、股間が、子宮がうずく。

「ゼノヴィア、出るっ!」

 その声に、私は急いで先端を乳肉で包み込んだ。顔や服を汚すと、さすがにまずい。
 彼は私の胸の中で弾けた。熱い精液が谷間に注ぎ込まれる。
 口で後始末をしてあげていると、今度は私の方が我慢出来なくなった。
 欲しい。この堅くて熱い物で貫かれたい。掻き回されたい。

195 :ゼノヴィアの学艶性活:2012/07/31(火) 12:02:09.34 ID:FQoCjPs3

 そんな欲求を上目遣いの視線に込めて送る。

「……ゼノヴィア。下脱いで尻突き出せ」

 彼はすぐに察してくれた。わざと粗野な口調で命令するのは、私が己の浅ましさに自己嫌悪しないよう、自分が命令してやらせているという形を取るためだろう。
 私の想いを察して、その上で、私のためならば泥を被る事も厭わない彼の優しさに、子宮がうずいてたまらなかった。
 私は立ち上がり、ブルマとショーツを膝までずり下ろした。そして壁に手を突いて、尻を差し出す。
 綺麗な形だと彼がいつも誉めてくれる、彼専用のお尻……それを撫で回された後、私はおもむろに彼の物で貫かれた。

「んうっ!?」

 危うく漏れそうになった声を、何とか手で押さえる事が出来た。
 シチュエーションが変わるだけで、私の感度までこうも変わるものなのか……奥に届くどころか、半分も受け入れない内に達してしまった。
 彼は私の背にのしかかり、精液にまみれたヌルヌルの胸を揉みながら、小刻みに腰を使う。

「ゼノヴィア、今入れただけでいっただろ?」

 意地悪くささやかれて、私は手で口を押さえたままコクコクとうなずく。

「本当にエロいよな、ゼノヴィアは」
「エ、エロい女の子は、嫌いかい……?」
「エロくてもエロくなくても、俺はゼノヴィアを愛してるよ」

 甘い言葉とともに、腰使いが激しくなる。互いの下半身がぶつかり合って、不規則に音を立てた。
 彼の物は緩急を付けながら私の子宮口を突き、膣内をこすり上げて掻き回す。
 欲していた刺激を与えられて、狂おしい快楽に魂まで焼かれていく。
 手で押さえるだけでは声をこらえきれない。私は指を強く噛んで、必死に喘ぎをこらえた。
 後ろから、彼の顔を見れないまま一方的に責め立てられ、声も出せない。
 レイプ。強姦。陵辱。
 そんな言葉が脳裏をよぎった。お互い合意の上なのに……心から愛し合っているのに……私は今、男に性の捌け口として犯される喜びに、打ち震えていた……。
 彼が尻を掴み、更に激しく責め立てる。もう限界が近いのだろう。それは私も同じだ。

「ゼノヴィア、中に出して良いか?」

 何を言っているのだろう。ダメな理由などあるはずがない。
 私がコクコクとうなずくと、彼はトドメの一撃を打ち込み、私の子宮に熱い精液をたっぷりと注いでくれた。

「~~~~!」

 同時に、私も達した。

196 :ゼノヴィアの学艶性活:2012/07/31(火) 12:03:29.75 ID:FQoCjPs3

 セックスで汗ばんだ肌に、そよ風が心地良かった。
 もう一度口で後始末をしてあげていると、彼が私の手を取り人差し指を舐めた。声を押さえるために強く噛みすぎて、血がにじんでいたようだ。

「ごめんな、ゼノヴィア」
「何がだい?」
「授業中にこんな事して……ゼノヴィアの事になると、自分でも歯止めが効かなくなるんだ……」
「私は嬉しいよ。それだけ私に夢中で、私を愛してくれている証拠だろう? 今もそうやって、指を舐めてくれているし。私は本当に幸せだよ、君のような優しい恋人がいて」

 私は彼の物をチュパチュパしゃぶり、残り汁をチュウ~ッと吸い出してから、ずり下ろしていたジャージとブリーフを上げてやった。
 行為の後のこういったお世話も、楽しくてたまらない。

「君のためなら何でも出来る。この身引き裂かれる事すら厭わない……愛してるんだ……だから、もっと私を見て、私を想って、私を感じてほしい……」
「俺もそうだよ、ゼノヴィア」
「ならそれで良いじゃないか。さ、授業に戻ろう」

 私は彼の手を握り、みんながいるグラウンドへと歩き出した。
 彼に手を引かれて授業を抜け出した私が、彼の手を引いて授業に戻る。それが何だか可笑しくて、私はつい笑ってしまった。

197 :名無しさん@ピンキー:2012/08/01(水) 00:21:00.46 ID:egjAxqUT

乙でした!
ゼノヴィアがエロくていい

198 :名無しさん@ピンキー:2012/08/02(木) 06:30:32.87 ID:DwJdJpfV

体操服パイズリとか漢の浪漫だけど、ゼノヴィアがイッセー以外を好きになるってのは有り得んわー。そこがでかい萎えポイントだったな。
次からはイッセー×ゼノヴィアで頼むわ。

199 :名無しさん@ピンキー:2012/08/02(木) 14:13:01.10 ID:ymTm5bhU

イッセーでもイッセー以外のクラスメートでも読めるようになってたと思うんだが

200 :名無しさん@ピンキー:2012/08/03(金) 02:23:28.30 ID:RD1jdBQy

祐斗×小猫で誰か頼む。

201 :名無しさん@ピンキー:2012/08/03(金) 04:21:03.73 ID:RD1jdBQy

Shine★

202 :名無しさん@ピンキー:2012/08/03(金) 04:21:46.77 ID:RD1jdBQy

何故誤爆ったし……(´・ω・`)

203 :名無しさん@ピンキー:2012/08/03(金) 08:39:31.63 ID:D/lfxUz5

>>202ドンマイ

子猫が一番男子部員と絡み多いよな。木場にしてもギャスパーにしても

204 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 04:44:11.40 ID:qdWueKPj

リアス可愛いよ、リアス

205 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 17:51:10.08 ID:RcpekWvG

リアス先輩二穴輪姦な薄い本って出てる?

206 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 20:07:39.83 ID:Tsklaitv

黒歌やルフェイのも見たい

207 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 21:00:10.85 ID:JWuiR4rV

>>115だ。久しぶりに続編を書こうと思ったのだがシチュエーションが思い浮かばん。
何かリクエストってある?

あと、黒歌でこんなネタが思い浮かんだ。
まだ黒歌が小猫と日々の糧を得ながら暮らしていた頃、黒歌はある悪魔の目にとまって小猫共々拾われ、眷属となる。
この時既に女らしい体つきになり、発情期のコントロールもできていた黒歌は主から肉体関係を迫られ、断れば小猫に手を出すと言われたため渋々了承。
幾度となく主と体を重ねる内に仙術に覚醒、主を殺害してはぐれとなる。ってシチュエーションなんだが、需要ある? あるならこっちも書くけど。

208 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 21:53:06.08 ID:LqLrD9Fa

よろしくお願いします!

209 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 21:56:27.86 ID:RcpekWvG

>>207
ぜひリアス先輩主体でのシーンの続きを…

>黒歌
はぐれになってからの話?、とにかくお願いします。

210 :名無しさん@ピンキー:2012/08/07(火) 22:36:13.30 ID:lgC1aF9f

黒歌のお願いします!
他じゃ黒歌やルフェイの話は絶望的だから…

211 :名無しさん@ピンキー:2012/08/08(水) 03:30:16.11 ID:G+J5JKfi

>>207
そのシチュエーションで是非。
誰も投下しないから寂しかったZE☆

212 :名無しさん@ピンキー:2012/08/08(水) 16:54:03.16 ID:F+Z6IBa0

>>207だ。多数のリクエストをもらったんで黒歌で1本書いている最中なのだが、黒歌を拾う主のキャラの性格と黒歌が発情期をコントロール出来るかどうかで二通りの書き方ができることに気がついた。
具体的に言うと、黒歌は発情期をコントロール可能にして拾う主の性格をゲスっぽくすれば最終的に原作通りに主を裏切って殺害しはぐれ化するルートになるし、
その逆で発情期のコントロールができず主の性格をまともにすれば発情期になった黒歌が自分から主に抱く事を求め、そこからエロくて甘い展開を経て主のもとで一生を過ごす完全ifルートにすることもできる。
別に両方書いてもいいんだけど、どっちをルートを優先すべき?

213 :名無しさん@ピンキー:2012/08/08(水) 20:45:08.52 ID:yEoeTwGt

個人的には原作通りを希望

214 :名無しさん@ピンキー:2012/08/08(水) 21:29:04.09 ID:yQbHDBaW

とりあえず全部w

215 :名無しさん@ピンキー:2012/08/11(土) 15:28:15.09 ID:AhI6ACL1

>>212
別に両方書いてもいいなら両方書けばいいと思うんだ

216 :名無しさん@ピンキー:2012/08/15(水) 14:56:49.01 ID:O3tAg9mS

小猫ちゃん可愛いよ小猫ちゃん
小猫ちゃんちゅっちゅ

217 :名無しさん@ピンキー:2012/08/17(金) 17:53:00.43 ID:LDf/tc/J

気長に待ってますよ

218 :ゼノヴィアの学園性活 ◆PZGoP0V9Oo :2012/08/19(日) 16:16:07.44 ID:trsIleI4

俺は兵藤一誠。
最近ゼノヴィアの付き合いが悪い。クラスの男子とすぐにどっか行っちまう。
俺はある日の昼休みに思い切ってあとを着けてみた。
そしたら二人は体育倉庫に入っていく。のぞき込むと、二人は抱き合ってキスしてた! 唇を押しつけあって舌を絡ませて…俺だってほっぺにしかしてもらった事ないのに!
しかもあの野郎、ゼノヴィアのおっぱい揉んでやがる! 俺しか触った事のないおっぱいを!
……ん? ゼノヴィアの制服のボタンを外し始めたぞ? そんで前を開いたらあの見事なおっぱいがブルンとこぼれて……って、なんで前を開けたらすぐおっぱいなんだよ! ノーブラでいたって事か!
し、しかもあいつ、ゼノヴィアの生乳を生揉みして生吸いしてやがる! 俺はゼノヴィアどころか部長のおっぱいだって吸った事ねえのに! だいたいゼノヴィアもなんであんな奴に好き勝手やらせてんだよ! 俺と子づくりしたいんじゃなかったのか!
俺は血の涙を流しながらじっと見つめる。
ゼノヴィアがあいつの足下に座って、ズボンとパンツを下ろす。なんでそんななれた手つきなんだよ…どんだけそいつとやりまくったんだ…
そして俺の思った通り、ゼノヴィアはあいつのチンコをくわえた!

219 :ゼノヴィアの学園性活 ◆PZGoP0V9Oo :2012/08/19(日) 16:16:53.19 ID:trsIleI4

根本までくわえてしゃぶったり、先っぽ舐め回したり、めちゃくちゃ手慣れてんぞ!
そして、そして、俺だけの物のはずのおっぱいで、あいつのチンコを挟んだ!
うわああああああああっっっ!!!!!!! パ、パイズリフェラ! 男の浪漫! いつかしてもらおうと 思ってた事をなんでそいつにやるんだよぉおおおっ!!!
そんで、あいつはあいつでなに『お前は俺の物だ』って感じで髪を撫でてんだ! そーいえば髪を撫でるってセックスの後の段階だって聞いたけどまあどうでも良いや。
とにかく許せねえ! ゼノヴィアは俺の物なんだ! あんなどこの馬の骨かもわかんねーヤツが勝手に手ぇ出してんじゃねえ!
おっぱいと口で奉仕してたゼノヴィアが、不意に立ち上がった。やべ、バレたか? と思ったら、自分からパンツを脱いで跳び箱の上に突っ伏して尻を突き出した。
あいつはゼノヴィアの丸くて真っ白でふっくらした尻を抱えて、立ちバックで挿入した。おっぱい揉みながらカクカク猿みたいに腰振ってやがる。

「あん、あん、ああああん!」

その度にゼノヴィアも気持ちよさそうにエロい声を出す。あんな声、俺は一回も聞いた事ねえ………!

220 :ゼノヴィアの学園性活 ◆PZGoP0V9Oo :2012/08/19(日) 16:17:39.26 ID:trsIleI4

跳び箱をガタガタ言わせながらあいつはゼノヴィアを犯しつづけた。
ゼノヴィアは顔を真っ赤にして、とろけた顔でよだれまで垂らして感じまくってる。
いつものクールなゼノヴィアはいない…俺の子供を生みたいと言ってくれたゼノヴィアはいない…
ゼノヴィア…寂しいなら言ってくれりゃ、俺がいつでも抱いてやったのに、なんでそんな奴と!
強い男との赤ちゃんが欲しかったんじゃないのかよ!
なんでただの弱っちい人間なんかとセックスしてんだよ!
俺がどれだけ悔しい思いをしているかも知らずに、ゼノヴィアはよがりまくった。
あいつが腰をビクビクさせる。中出ししやがった…!
そのあとゼノヴィアにもう一回しゃぶらせて、あいつはズボンをはいた。冷たい物買ってくると言って一人で出てくる。
隠れてやり過ごした俺は中に入った
「忘れ物かい?」

そう言って振り向いたゼノヴィアは俺を見て驚いて、前を隠した。前は俺の前で平気で脱いだくせに、もう俺に見せるおっぱいもありませんってか!
俺はゼノヴィアを押し倒した。
おっぱいを揉みまくって乳首を吸う。

「やめろイッセー!何をする、やめろ!」
ゼノヴィアがじたばた抵抗する。なんでそんなに嫌がるんだよ!

221 :ゼノヴィアの学園性活 ◆PZGoP0V9Oo :2012/08/19(日) 16:21:18.24 ID:trsIleI4

俺はゼノヴィアの股を開かせた。髪の毛と同じ青いヘアーの下に、プックリした割れ目がある。
俺はズボンを下ろしてると、ゼノヴィアが逃げ出そうとしたんですぐに押さえつけて、無理やり入れた。
これがゼノヴィアの中か………奥までニュルニュルしてて、自分の手なんか目じゃないくらい気持ちいい。しかも凄い締め付けだ。
俺が動く旅にキュッキュッと締まって、ゼノヴィアはやめろと何度も叫んでるけど、どう考えても感じまくってる。
良かった…あいつが好きなんじゃない。やっぱり寂しくて、誰でも良かっただけなんだ…これからは俺が毎日愛してやるからな、ゼノヴィア!
俺は一生懸命に腰を動かしてゼノヴィアを愛してやる。そしてあの野郎の精液を俺の精液で洗い落として、子宮に出してやった。
終わってからキスしてやろうとしたら、恥ずかしがって顔を背ける。こういうところはかわいいよな。
「愛してるぜ。ゼノヴィア」
俺はそう言ってキスしてやった。

それから俺たちは毎日セックスしてる。部長やアーシアの目が怖いけど、いつか二人も愛してやろう。もちろん朱乃さんや子猫ちゃんもだ。
ゼノヴィアのおかげで、俺は女の子の扱いにちょっぴり自信が持てるようになった。

222 :ゼノヴィアの学園性活 ◆PZGoP0V9Oo :2012/08/19(日) 16:22:59.77 ID:trsIleI4

文章が堅い気がしたので原作っぽくしてみました。これからはイッセー主役でやっていこうと思います。

223 :名無しさん@ピンキー:2012/08/20(月) 02:17:18.13 ID:Rfa3YEfw

乙カレー。頑張ってねー。

224 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/26(日) 14:08:22.81 ID:L5JUI3vL

>>222
投下乙です。
タイトルが似てるので、自分もトリップ付けます。
次レスから投下します。

225 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/26(日) 14:12:27.81 ID:L5JUI3vL

 私はゼノヴィア。神の死に深く絶望していたが、悪魔に転生してからはオカルト研究部という楽しい仲間の他に、かけがえのない恋人も得て、幸せな日々を送っている。

 私は今、その最愛の人の膝の上に座り、胸を揉まれている。はだけた制服の合わせ目から潜り込んだ彼の手が、指が、私の白い乳房に食い込み、こね回す。
 こうして彼に胸を揉まれるのは初めてじゃない――というより、触られない日など誇張抜きに1日たりともありはしないのだが――初めてじゃないが、さすがに今は緊張している。
 私の胸を弄ぶ彼は、蓋をした洋式便器の上に腰掛けている。私たちを囲むのは木製の薄い壁とドア。その向こうからは、男子生徒の他愛もない雑談が聞こえてくる。

 私は今、昼休みの男子トイレの個室に連れ込まれているのだ。

 彼は右手で胸を揉みながら、左手をスカートの中に差し込んだ。彼の命令で二週間前からノーパン登校を通している私の股間に、彼の侵略を防ぐ物などあるはずもなく、青い茂みを軽く撫でられた後、その下のクレバスに中指を根元まで挿入された。

「ンッ……!」

 とっさに両手で口を押さえて声を殺した。日頃の調教で敏感になった身体が、今は恨めしい。
 今こんな所で声を出したら、私は間違いなく身の破滅だ。何故なら……、

「はぁ~……最近小猫ちゃんの毒舌に磨きがかかりまくってるよなぁ~」
「自業自得だけどね」
「何でだよ! 俺はおっぱいフォースの導きに従ってるだけだろ!」
「うん。だから自業自得だよね」

 壁一枚隔てた向こうに、イッセーと木場がいるからだ。私が二人と同じオカルト研究部に身を置いている事は、彼も知っている。知っていて、彼は私を彼等のすぐそばでいたぶって楽しんでいた。
 彼の指が乳首をつねり、膣の内壁をえぐる。
 舌先が耳たぶをくすぐる。
 両手で口を押さえている私は全く抵抗が出来ない。ただ、彼にはどうかやめてほしいと、そして個室の外で雑談を続ける二人には早く立ち去ってほしいと願うだけ。
 だが、彼の愛情と変態的なプレイによって開発されたこの浅ましい肉体は、こんな断崖絶壁での綱渡りにも似た状況でも、その愛撫に悦びの反応を見せていた。彼の中指が蠢くたびに、スカートの中からはしたない音が響く。
 やや古くなった換気扇の音がかき消してくれているが、それで安心しているのか、彼は右手も股間に這わせて、クリトリスをこすり始めた。

「~~~~!」

226 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/26(日) 14:14:31.77 ID:L5JUI3vL

 彼は明らかに、私をいかせるつもりだ。私と面識のある男子たちのすぐそばで私をいかせる事で、私の魂を完全に屈服させたという実感を得たいのだろう。
 イッセーにも木場にも友情以上の感情は抱いてないし、彼にも既にそう伝えたが、やはり男というのは何かしらこだわりがあるのだろうか……それとも、単にそっちの方がより興奮するからなのか……。
 思案を巡らせる私の意志とは裏腹に、彼専用の肉奴隷として躾られた肉体は、早くも絶頂を迎えつつある。
 充血したクリトリスを千切れそうなほどつねられた瞬間、

「フッ……クゥウウンッ……!」
 私は彼の膝の上で激しく震えて、遥か高みにまで押しやられてしまった。
 同時に彼も、呻くような声を漏らした。

「……あれ? 今、声がしたな」
「誰かいる? 大丈夫かい?」

 木場がドアをノックする。

「ああ、俺だよ」

 彼は苦しそうな声で答え、名乗った。

「ああ、キミか……苦しそうだけど、大丈夫かい?」
「三時間目の辺りから、何か腹痛くなって……」
「体育の後だからって、冷たいジュースがぶ飲みするからだろ」
「あまりひどいなら、無理しないで保健室に行った方が良いよ?」
「その時はそうする……だけど今は、早く立ち去ってくれると助かる。聞かれたくねーし」
「俺たちも聞きたくねーよ」
「それじゃあ、お大事に」

 イッセーと木場はそう言って出て行った。私は快楽で思考力を半ば失った頭で、三人の会話を聞いていた。
 互いの着衣越しに、尻の割れ目に彼の逞しい物が食い込む。
 欲しい……抱かれたい……犯されたい……貫かれたい……自分でも怖くなるほど、私の肉体が、私の中の雌が、彼を欲して尻をくねらせた。

「欲しいか?」

 耳元で彼がささやくように尋ねる。私はコクンと小さくうなずいた。

「でも、ここでこれ以上はちょっとなぁ……」

 あぁ、何て意地悪を……私が我慢できないのを知って、わざとじらすような事を言う。
 私は尻を彼の物にこすりつけ、哀願した。放課後まで待たされていたら、冗談抜きに気が狂ってしまう。

「お願いだ、抱いてくれ……ここがダメならどこでも良い……今すぐ、私を君の魔剣で貫いてくれ……!」

 魔剣。聖剣ではなく魔剣。彼の股間にある愛おしい“これ”は私の身も心もとろけさせる魔性の剣……伝説の様々な魔剣に魅入られた戦士たちと同様に、私も彼の魔剣の虜となっていた。

227 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/26(日) 14:16:58.56 ID:L5JUI3vL

「声立てちゃだめだぞ?」

 彼は立ち上がり、ズボンのジッパーを下ろす。

「なら、君が塞いでくれ」

 私がそう言うと、彼は私を抱き寄せて唇を重ねてきた。
 クチュクチュと互いの唇と舌を貪り合いながら、私は彼の首に両腕を回し、彼は私の足を抱えた。
 次いで、私の魂をドロドロに溶かし尽くすような、熱くて甘いあの瞬間が訪れた。口づけを交わしながら迎えたそれは、シチュエーションもあっていつも以上に甘美な悦びを与えてくれた。

「ゼノヴィア、いつもより濡れてる……締まりも凄い……」
「ふふ、君のせいだよ……君に調教されて、こんな女の子になってしまったんだ……」
「わかってる……責任持って、一生愛してやるからな」
「私も、君を一生愛してるよ」

 もう一度唇を重ね合わせて、そのまま彼は私を突き上げ始めた。
 私は両足を彼の腰に絡めてしがみつき、上下の口を彼の愛欲のままに蹂躙される。
 自分の体重や重力のおかげで、彼の魔剣はいつもよりも深く突き刺さった。
 舌が口の中をかき回し、唾液を注ぎ込む。息苦しさを覚えたが、このまま彼と繋がっていられるなら、窒息死しても良いとすら思える。
 むしろ、今死んでしまいたい。
 このまま、最愛の彼との至福の営みの中で、とろけるような肉の悦びにまみれて死んでしまいたい。
 そう思えてしまうほど、私は彼とのセックスに支配されていた。
 昼休みの終わりを告げるチャイムを聞きながら、私は新たな絶頂を迎え、彼の精液を子宮で受け止めた。


 その後、口と胸で後始末をさせてもらった。彼は相変わらずの旺盛さで、私の顔と胸を白濁でベトベトにした挙げ句、その痴態をケータイのカメラに収めた。
 最近は奉仕や後始末を動画で撮られているので、もう慣れてしまったが……。
 彼のプレイはどんどん過激になっていく。私の何もかもを犯し尽くして独り占めしたいという願望が、行為の一つ一つに現れていた。
 だけどそんな彼が、母親を兄弟にすら取られたくないと思う子供のように見えて、可愛らしくてたまらない。
 さっきの事も、本当は私と仲の良いイッセーや木場に対する、彼の中だけでの当てつけだったのかも知れない。

(全く、焼き餅焼きの彼氏を持つと苦労するよ……)

 だが、悪い気分じゃなかった。

228 : ◆QlfsFsuWvE :2012/08/26(日) 14:19:22.41 ID:L5JUI3vL

以上で終わり。
ゼノヴィア物が増えてくれる事を願います。

229 :名無しさん@ピンキー:2012/08/27(月) 06:50:55.16 ID:67lXXKrz

>>228
超乙!
何時か、if・パラレル物で「イっセー・木場も加えた二穴・三穴乱交シチュ」希望

230 : ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:05:35.04 ID:iWLlAGW+

>>229
了解。とりあえず、>>226からの派生っぽい感じで投下します。

231 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:06:32.54 ID:iWLlAGW+

「んっ……ふぁあああんっ!」

 充血したクリトリスを千切れそうなほどつねられて、私はとうとうこらえきれずに高くいなないてしまった。彼の膝の上で全身をビクビクと震えさせ、股間からほとばしった飛沫が壁に音を立てて飛散する。
 個室の外の二人を忘れて、彼の指で至福の一瞬へいざなわれた悦びが私の心身を満たしていた。

「今の、女の子だよね……」
「お、おい! 誰かいるのか!?」

 そんな声と共に響いたノックの音が、私を幸福な余韻から冷たい地獄へと引きずり落とした。
 この状況はまさに地獄だ。この個室のドアが開かれた時、私も地獄の入り口にあるという絶望の門をくぐる事になる……。
 いや、この際私の事は良い。彼だけは守らなくてはならない。二人には悪いが、不意を突けばデュランダルで仕留める事も出来るだろう。命もろとも口を封じた後は、彼と共にどこか遠くへ……、

「ひあっ!?」

 彼が不意に両乳首をつねり上げて、私の思案を妨げる。そして、耳元で囁いた――こんな状況も、彼は想定していたらしい。

「その声、ゼノヴィアか!?」
「どうして男子トイレに……大丈夫かい!? 何があったんだ!?」

 イッセーと木場は口々に呼びかける。

 私はゆっくりと個室のドアを開けた。さっきまでの恐怖はない。彼の命令なら、どんな恥ずかしい事だって実行出来る。
 ドアを開ききると、私は母親に抱えられて用を足す子供のような格好で、彼に抱き上げられた。
 幾多の死線をくぐり抜けてきたイッセーと木場だが、これにはさすがに言葉もないらしい。
 私は二人の視線を浴びながら、自らの手で乳房をこね回し、ドロドロに溢れた膣口をかき回した。

「驚かせてすまない……彼と、愛を確かめ合っていたところなんだ……」

 股間に這わせた手を小刻みに動かして、二人にそこから溢れる音を聞かせてやる。二人の視線がそこに集中するのがわかった。見えない触手で撫で回されるような不思議な快感に、私はぞくぞくと震える。
 もう失う物は何もない安心感。こんな絶望的な状況でも私のそばにいてくれる彼の存在。それらのおかげで、他人に見られるという恥辱が私の中で快感に変わっていく。
 ふと見れば、二人とも勃起していた。イッセーだけでなく、あの木場ですら私の痴態に雄の反応を示している。
 私は彼の膝から下りて、個室を出て二人の足下にひざまずいた。それぞれの膨らみを、ズボンの上から手で愛撫する。

232 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:08:39.41 ID:iWLlAGW+


「二人とも、あっという間にこんな風になるなんて……すまないな、私がどうしようもない淫乱だから、こうなってしまうんだな……ささやかだが、お詫びをさせてもらうよ」

 私は二人のズボンのジッパーを下ろした。
 イッセーの方は簡単に取り出せたが、木場は私の手を取り押さえる。

「よすんだゼノヴィア! こんな事しなくとも、僕もイッセーくんも誰にも言わないから!」
「何を言ってるんだ? これは君たちを驚かせたお詫びだ。気にしなくて良い」

 イッセーの物をしごきながら、私は木場の手を振り払ってジッパーを下ろし、中にしまわれた物を取り出した。

「君だってこんな風になってるじゃないか……このままでは授業に出られないぞ? こういう事は彼に色々と教えられているから、安心して私に任せてくれ」

 木場は私の手の感触に、反論すら出来ずにいた。
 彼が後ろから私を抱き締め、肩越しに口づけをしてくれる。
 はだけた乳房を揉まれ――食い込む手の感触の違う。見ればそれはイッセーの手だ。この状況下で自ら触りに来るとは、おっぱいドラゴンの異名は伊達じゃないな……。
 私は彼とのキスを中断して、木場の物をくわえた。イッセーは私の手と胸を楽しんでいるのだから、彼にも何かもう一つの楽しみを与えねば不公平だ。
 根本まで丸呑みにして、口の中で舌を絡ませ、ジュルジュルと音を立ててしゃぶりたてる。鈴口から滲み出る雫を吸い、玉の裏を優しく撫でた。
 もちろんイッセーへの奉仕も忘れてはいない。木場をくわえたまま身を捻って、イッセーの物を乳房で優しく包み込んでやった。乳龍帝にはこれが会心の一撃だったようで、そのまま軽く乳肉でしごいただけで暴発した。
 谷間から噴射された白濁を頬で受け止めながら、木場を激しく吸い立てる。先端の丸みに沿って舌を這わせると、彼もあっさりと口の中で爆発した。
 唾液と混ぜ合わせて、胸の谷間にドロリと流し込む。そしてヌラヌラとてかる谷間に、今度は木場をいざなってやった。
 ともすれば少女のようにも見える端正な顔は、快楽と羞恥で歪んでいる。その混沌とした表情を見上げながら、私は愛しい人から教わったやり方を実践する。
 木場のややスリムな物を乳房でしごく。

「ゼノヴィア、口で頼む……」

 イッセーが萎えないままの物を差し出してきた。

「私に言うな。私は心も体も彼の所有物だ、彼に聞け」
「俺は良いよ」

233 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:10:39.02 ID:iWLlAGW+

 彼はあっさり答えた。

「ただし、今だけだ。これはお前等を驚かせたお詫びなんだからな」

 その言葉を受けて、私はイッセーの物を丸呑みした。私の口の中の感触にイッセーは情けない声を上げ、しかし受け身一方でもいられないのか腰を使って口を犯す。
 木場も自分から腰を振り始め、二人は同時に射精した。
 木場の精液で更にべとついた胸に、口から吐き出したイッセーの精液を擦り込み、両腕を寄せて深くした谷間を二人に見せつけてやった。
 二人とも、まだおさまらないようだ。

「ゼノヴィア。入れさせてやれよ」

 彼が背後から乳を揉み、うなじを吸いながら命令する。私はスカートを脱ぎ捨てて、前屈みになった。

「俺は口を使うから、後ろはお前が使ってやれよ……」

 イッセーがそう言って、私の口にねじ込んできた。部長に対する最低限の義理立てだろうか。
 木場は無言で私の尻を抱えて、貫いてきた。

「んううっ!」

 いかされた直後の膣は敏感で、彼が見ている前で、私は声を漏らしてしまった。
 イッセーは私の髪を掴んで荒々しく腰を振り、私がむせかえるのも構わず喉まで突き入れる。
 木場も普段の穏和さなどかなぐり捨てて、狂ったように激しくピストンしていた。
 男子トイレでボーイフレンド二人に犯される。そんな私の痴態を眺めていた彼が、尻のすぼまりに指を入れてきた。
 唾液で濡らされた人差し指と中指……そして、薬指まで強引にねじ込まれ、直腸内をムチャクチャにかき回してくる。溢れる腸液がグチュグチュと音を立てた。

「ふぅうううんっ!」
「ちょ、くわえたまま声出すなって!」
「うわ、締まりが急に凄く……!」

 純潔を捧げて間もないアナルを責められた私の反応に連鎖して、前後から私の穴を楽しんでいた二人がまた射精する。
 慌てて離れた二人は、顔と尻にそれぞれ白濁をふりかけた。

「兵藤。こっち使ってやれよ」

 彼が私のアナルをいじり続けながら誘う。

「お前今リアス先輩と付き合ってるんだったよな? でもこっちならノーカンだから」

 そういうものなのか? 疑問に思う私とは違って、イッセーはフラフラと私の後ろに回った。もう考える力はほとんどなく、本能的に快楽を貪るだけの人形と化しているようだ。
 指を抜かれた後も私のそこは物欲しげに広がり、ひくついている。そこにイッセーが入ってきた。

234 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:12:57.50 ID:iWLlAGW+

 木場が私の体を起こして足を抱え、再び私の中に入って来た。
 前後の穴を二本の物で蹂躙されながら、イッセーに胸を揉まれ、木場に唇を吸われる。
 イッセーが肩越しに私を振り向かせて唇を奪うと、木場は私の乳首に吸い付く。
 恋人の見ている前で、私はその彼の命令で彼以外の男たちに抱かれる。
 悪夢のようなシチュエーションだった。いや、本当にこれは夢なのかも知れない……夢の中ならば、何をやったって構わないはずだ。
 朦朧としていく意識の中でそんな事を考える私は、彼の前で遠慮なく肉の悦びに狂い、悶え、鳴き続けた。


 目を覚ますと、ベッドの上だった。彼が私の胸に顔をうずめて、寝息を立てている。
 そうだ、確か彼の家に招かれて、そのまま泊まっているのだった。
 どうやら本当に夢だったようだ……まぁ、夢でもなければ、独占欲の強い彼が私を他人に抱かせるなど有り得るはずもない。
 それにしても凄まじい内容だった。彼の変態趣味が、私にも移ってきてるのかも知れない。段々と、引き返す事の出来ない深みに引きずり込まれているような気がする。
 だが、彼と一緒なら怖くはない。むしろ堕ちてしまえば心地良いものなのかも知れないが……、

「この悪魔め」

 愛欲の淫獄に私を引きずり込んだささやかな仕返しに、私は彼の鼻をギュッとつまんで息を塞いでやった。

235 : ◆QlfsFsuWvE :2012/08/27(月) 13:14:46.20 ID:iWLlAGW+

以上で終了。
今気づいたけど、夢オチじゃ派生とは言えないか……(´・ω・`)

236 :名無しさん@ピンキー:2012/08/27(月) 19:01:46.16 ID:67lXXKrz

いやいや大変結構っ!w
超乙!

次回、この「オリ彼氏×ゼノヴィア、オカ研部と一緒に大乱交w」な続編とか…(チラッ)w
(>>159の「ポーンを8つ使った『8体までのイッセー分身!」なオリ設定使ってオカ研部娘各位に宛がわせ
今回夢オチ?だったけど、流石に「オカ研部も交えた乱交」とは言え
ゼノオリ彼氏もイッセーも互いの女が自分以外のチンポ入るのは面白くないだろうし…w
けど、「女子達が『双頭ディルド(或いはオリ魔法・アイテムでフタナリ化?)』使ってユリ捲ってるのを2828しながら眺める
彼氏二人…とか、双ディルで繋がってるリアス・ゼノのアナルをビッグマック責めで感じまくる4人(イっセー・ゼノ彼・ゼノ・リアス)とか…

それとも今回のゼノ輪姦がリアルで、
「イっセーがリアス先輩を騎乗位でヤってる際中に、
ゼノ彼「ゼノヴィアのアナルでヤラせてやったから俺も先輩のアナル…いいよな?w」
リアス「あっ!、あっ!、えっ!?…ちょ、待っ…ああぁっ!?…」
ゼノ彼「フンっ!、フンっ!、…くくっ、先輩、ゼノヴィアのっ!、アナルとっ!、勝るともっ!、劣らずっ!、ですっ!、よっ!」
イっセー「うあぁっ…せ、先輩のマ○コが…し、締まる…」
リアス「あぁっ!、あぁっ!、あぁーっ!(チンポが…イッセー以外のチンポがぁ…でも…気持ちイイ←イっセーとゼノ彼で二穴状態、因みにリアスのアナル処女は既にイッセーに捧げ済み)」
イッセー&ゼノ彼「「ううぅっ!?」」
とか?

237 :名無しさん@ピンキー:2012/08/27(月) 22:38:15.51 ID:E94HuLWd

GJ!ゼノヴィアものが多くて嬉しい限りだ
リクエストにまで応えてる職人優しいなww

>>236はもう自分でかいてみたらいいと思うよ

238 :名無しさん@ピンキー:2012/09/03(月) 16:11:09.62 ID:TEOZA0xl

>>212の黒歌ネタマダー?

239 :名無しさん@ピンキー:2012/09/04(火) 04:31:29.50 ID:G1WGR64J

頭の中でなにかを受信したので書きます。
イッセ―×イリナで書きたいと思う。

とりあえずまだ本番まではかけてないから途中まで・・・

240 :イッセー×イリナ:2012/09/04(火) 04:33:28.78 ID:G1WGR64J

俺の名前は兵藤一誠だ!俺と親しい奴はみんな「イッセー」って呼んでいる。
唐突だが貞操奪い去られようとしている。
薄暗い部屋の中で俺はイリナに迫られている・・・
白いシャツがはだけところところでむっちりとした身体が見え隠れしている。
黒い下着が透けて見え、とてもエロくて仕方がない!

「イッセーくん・・・イッセーくん・・・」

俺を押し倒して耳元でそう囁くイリナを見て俺の愚息も天にそびえたっている・・・
男であるなら絶対にそうなるはずだ!断言できる。

なぜこうなったかを解説すると・・・イリナは転生天使には稀におきる病気にかかってしまったらしいのだ。
その病気の症状の一つとして恋心を異常に促進させるものがありこうなってしまったのだ。
恋心を異常に促進された結果ついでに性欲も異常に強化され現在にいたる。
説明は以上。細かい事は一切説明なしでいく。
この状況でここまで説明できたことが奇跡に近いだろう。

イリナはシャツを脱ぎ、ブラジャーもあっさり脱ぎさってしまう。
俺の目の前には豊満なおっぱいが現れた・・・
その素晴らしいおっぱいをこの目に刻みながら俺は感動していた。
イリナは俺の下半身に手を置き器用に俺の愚息をとりだす・・・
そしてその胸に愚息を挟みこんだ・・・

「イッセーくん・・・ん・・・っはぁ・・・あんっ・・・ん」

懸命におっぱいを動かし・・・やわらかな弾力とこりこりしたのがあたり
愚息にも熱がこもり、湧きあがる快楽をひたすらこらえた。

「イッセーくん・・・んあ・・・あむ・・・」
「・・!? イリナぁ・・・」

イリナの顔が近づいていき俺の愚息をくわえる・・・
口内の熱やおっぱいの柔らかな感触でせめられ快楽が膨れ上がる。

「んっ・・・ちゅぱ・・ちゅぷ・・れろ・・・じゅる・・」

快楽が愚息の奥で膨れ上がり快楽の波を抑えられなかった・・・

「イリナ・・・で・・る!」

「んっ・・・んぐっ!?・・・んっ・・・んぐっ・・・ん」

イリナの喉の奥に精液を注ぎ込む。
急な射精にかかわらずイリナはそれをおいしそうに飲んでいく・・・

241 :イッセー×イリナ:2012/09/04(火) 04:35:11.33 ID:G1WGR64J

短くて済まない・・・とりあえずここまで。
本番を書くつもりだけど駄文ですまん

242 :名無しさん@ピンキー:2012/09/04(火) 14:50:45.60 ID:5wMGv/+B

>>241
構わん、続けたまえお願いします。

243 :名無しさん@ピンキー:2012/09/05(水) 08:46:34.76 ID:WLG5/2GN

夏は待機が楽でいいなあ

244 :名無しさん@ピンキー:2012/09/09(日) 16:03:42.33 ID:A53xw9OF

>>241
期待している。

245 :名無しさん@ピンキー:2012/09/28(金) 00:58:35.05 ID:j0wBCyB1

イリナちゃんのが読みたいです

246 :名無しさん@ピンキー:2012/09/28(金) 15:46:56.18 ID:NlgfHlXb

PSPから直接なので遅いです。すみません

「ミカエルめ…この私にあんな屈辱を」
私は上級天使だ。……いや、だったと言うべきか。禍の団とつながりを暴かれ挙げ句に堕天するとはな…
地位は失ったが部下はいる。セラフどもを消すために私は努力を惜しまない。
そう、いかなる手段をとろうとも、ミカエル貴様だけは……

「ヤエサル様」
部下の一人が私を呼ぶ
「どうした?」
「ミカエルのAですが、所在がわかりました」
「そうか、あの小娘か。捕らえるぞ」
「はっ」

駒王学園そこにミカエルのAがいる。
「出てきました」
「赤龍帝も一緒か…私が光で吹き飛ばした瞬間に動け」
カッ!
「うわぁっ!?」
「イッセー君!?」
赤龍帝は死んでいないようだな。しかししばらく動けまい。
「転移急げ」
「準備完了しました」
その瞬間辺り一体が光に包まれた
「イリナァァー」
「イッセーく」

247 :名無しさん@ピンキー:2012/09/28(金) 16:09:34.02 ID:NlgfHlXb

「ここは……?」
「目覚めたか?ミカエルのAよ」
「あなた誰?」
「誰でもいいじゃないか……。それより自分の身の心配をしたまえ」
「えっ?っっっ!?」
自分が全裸なのにようやく気がついたらしい
しかし、羞恥心より恐怖心の方が強いらしく声が出ないらしい
それに拘束具をつけているので隠すにも隠せない
「私をどうするつもり?」
まだ戦意は失っていないらしく反抗的な目付きで私を睨みつける
「わたしがミカエルに味わされた屈辱を貴様にぶつける」
そういいながら私は彼女の乳房を触る
「っつ!?何して?」
「何?堕天させるのだよ貴様を」
さらに私の熱くたぎるものを出す。ようやく意味を悟ったのか顔が青ざめだした。
「いやっ、やめて…お願い…しま…す」
「ふん」
秘所に押しつけそして貫く
「っ………あっ、ぐっぅぅ」
苦痛にゆがむその顔。私の心をかきたてる
「うっ、やめて、ください、おねが、い、しま、」
天使の羽が明滅している
「ふん、墜ちてしまえ。さぁ膣に出そうか」
「いやっいやっ」
ドピュルルルル!

「jtptjdajgpt/ptjgjb!」
壊れたな。それに堕天もした
「おまえ等もっとやれ」

248 :名無しさん@ピンキー:2012/09/28(金) 20:37:26.21 ID:V6eA8M+M

イリナ サイコー

249 : ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 13:58:16.40 ID:5Y8b5Sgw

こんにちは。オリ彼×ゼノヴィア書いてる者です。
今回は彼氏視点で4Pに挑戦しました。次レスから投下します。

250 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 13:59:25.03 ID:5Y8b5Sgw

 うちのクラスに転入してきたゼノヴィアは、時々世間知らず故の非常識な言動で周りを騒がせる困ったちゃんだった。
 席が隣同士だった俺が色々とアドバイスして、そういう事もなくなったのだが、彼女はあれこれ構ってくれる俺に好意を抱いたらしい。俺も彼女の真っ直ぐなところを好ましく思ってて、今では恋人同士の関係になっている。


 今、そのゼノヴィアが裸になった俺の上に、真っ白な裸体を押し付け、絡ませていた。
 それは良い。
 問題は、その俺の右側にリアス先輩、左側に朱乃先輩がいて、同じように超高校生級のボディを絡ませている事だ。

「……なんで?」

 思わず疑問が声に出た。

「気が付いたかい?」

 ゼノヴィアが安心したように笑って、頬を撫でてくれる。

「ゼノヴィア、どうなってるんだ、これ?」
「覚えてないのか? 君は私をかばって重傷を負ったんだ」

 ゼノヴィアをかばって?
 その一言を頼りに記憶の糸を手繰り寄せる。
 そうだ、確かついさっき彼女と手をつないで帰っていたら、化け物が現れた。
 ゼノヴィアが聖剣デュランダルの使い手である事を始め、オカルト研究部のあれこれを知る俺は、その化け物がはぐれ悪魔という奴だとわかった。
 ゼノヴィアが前に出てデュランダルを召喚し、あっさりとそいつをやっつけてくれた。はぐれ悪魔もゴツい刀を持ってたが、その刀もろとも一刀両断だ。
 だが、そのゼノヴィアの影の中から、別のはぐれ悪魔がニュッと姿を現した。それを見た俺はとっさに彼女を突き飛ばして、化け物が持ってた槍が胸を貫いて――、

「それから、どうなったんだっけ?」
「私がすぐに部長たちを呼んだんだ。しかし不幸にも、アーシアは木場や小猫と一緒に別のはぐれ悪魔と戦っていて手が離せないので、やむを得ず、その……」
「そこからは私が説明するわ」

 リアス先輩が割って入った。小さな弟を見守る姉のような優しい眼差しで俺を見る。

「あなたの魂には何故か、龍の因子が多分に含まれているの」
「……日本語で言ってください」
「どうもあなたは、何かの龍の生まれ変わりみたいね。その強い魂があなたの肉体にも影響してるの。ゼノヴィアと毎日エッチ出来るのもそのためね」

 サラリととんでもない事を言われて、俺はゼノヴィアを睨んだ。そこまで先輩に話さなくても良いだろう……。

251 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:01:26.77 ID:5Y8b5Sgw


「あなたを助けるにはその龍の因子を活性化させて、体の回復力を高めるしかなかったの。それで、イッセーの血を飲ませてみたら大成功だったわ」
「兵藤の血を……?」

 気味の悪い話だが、現に槍に刺されたはずの体が何ともない以上、信じるしかないのだろう。
 それに、さっきから体が熱い。二組の巨乳と一組の爆乳を擦り付けられる興奮もあるだろうけど、それ以上に体の芯から熱がこみ上げるような、細胞の一つ一つが煮えたぎってるかのような……そんな状態になっていた。
 兵藤の龍の血と、俺の龍の魂だか因子だかが反応し合ってるんだろうか?

「……それでね? もう自分でもわかってると思うけど、ちょっと過剰反応を起こしちゃったみたいで、今のあなたは有り得ないくらいギンギンにみなぎってる状態なの………性的な意味で」

 恥ずかしいのか、先輩の最後の一言は小声だった。

「さすがに今のあなたをゼノヴィア一人で鎮めるのは難しいから、私たちも協力しようという事になったの」
「お手柔らかに」

 朱乃先輩がそう言って爆乳を押し付けてきた。左腕が彼女の深い谷間に捕らわれる。

「私が事前に対処していれば、あなたをあんな目に遭わせずに済んだはず……ささやかなお詫びだと思ってちょうだい?」

 全然ささやかじゃないんですけど。そう言おうとした俺の口を彼女の唇が塞いだ。柔らかさを確かめるような、優しい口づけ。リアス先輩は俺の唇を味わいながら、俺の手を取って胸を揉ませる。

「部長、そんな程度では駄目ですわ。これくらいやりませんと」

 朱乃先輩が、俺の左腕を挟み捕らえたまま胸を上下させる。更に指先を口に含んでチュウチュウ吸うわレロレロと舌を這わせるわの擬似パイズリフェラを始めた。
 リアス先輩も右腕で同じ事を始める。妙に手慣れた感のある朱乃先輩に対して、リアス先輩はぎこちない。でも一生懸命になる様がとても可愛かった。

「どう? 私と朱乃とどっちが気持ち良い?」
「私に決まってますわよね? 私の方が胸も大きくて柔らかいし」

 ……はてな? 二人は俺の性的興奮を高めてゼノヴィアの負担を減らしたいんじゃなかったのか? なんで俺を取り合って張り合ってます的な会話が発生するんだ?

「私が一番だろう?」

 ゼノヴィアの声がした。いつの間にか俺の股間に移動している。

252 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:04:05.25 ID:5Y8b5Sgw

 毎日揉ませてくれるあの愛おしい胸が、痛いくらいに勃起した物を包み込んでくれた。谷間に唾液が垂らされて、ヌルヌルした乳肉でしごかれる。

「ほら、君が仕込んでくれたパイズリだ。私の胸が一番気持ち良いだろう?」

 ゼノヴィアはそう言って微笑む。先輩たちに対する当てつけか、どことなく挑発的な笑みだった。
 しかし、確かにゼノヴィアのが一番気持ち良い。部位の違いもあるけど、この吸い付くような不思議な一体感をもたらしてくれるのは、ゼノヴィアのおっぱいだけだ。
 二人は二人で対抗心を煽られたらしい。
 姫島先輩が超重量級のおっぱいを俺の顔に押し付けてきた。

「さぁ、たっぷり召し上がれ」

 挟んでいた左手で強引に揉ませて、コリコリに尖った乳首を口元に押し付ける。俺は本能的に、その桜色の突起に吸い付き、舌先で転がした。
 片方だけでも俺の顔を塞ぐのに充分な、問答無用のボリュームだ。要塞クラスの爆乳に俺は圧倒された。

「ふふふ、とってもお上手ですわよ……」

 朱乃先輩はうっとりした声を漏らし、俺の髪を撫でる。

「ちょっと朱乃。あなたが気持ち良くなってどうするの」

 リアス先輩は俺の乳首に舌を這わせた。

「知ってるわよ、男の子も胸が弱いんでしょう? イッセーにしてあげたら、いつも可愛い声を上げるもの」

 実際その通りだ。チロチロと小刻みに舌先でくすぐられて、俺は身悶えする。
 ゼノヴィアに舐められながら手でしごいてもらった事もある。
 リアス先輩は自分の乳首を俺の乳首にこすりつけ始めた。
 たおやかな指先がクリクリと俺のへそをほじくっていじめる。
 三人のおっぱいでの同時攻撃に敢えなく陥落した俺は、ゼノヴィアの顔に大量の白濁をぶちまけてしまう。
 音が聞こえるほどの激しい射精は、顔だけでなく彼女の青い髪にまで、白い染みを付けてしまった。

「凄いな……放課後にトイレで飲んであげたばかりなのに、こんなに……」

 ドロドロに汚れた顔を緩ませて、ゼノヴィアはつぶやく。その量と濃さには俺自身驚いていた。
 ゼノヴィアは付着した精液を指ですくって、舐め取る。溶け落ちたアイスクリームを舐める子供のような、あどけない表情だ。
 先輩たちは精液の味に興味を示したのか、彼女ににじり寄って頬に舌を這わせた。
 リアス先輩はゼノヴィアの顔をついばみ、朱乃先輩は唇で髪をくわえてこびりつくものを吸った。

253 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:06:18.66 ID:5Y8b5Sgw

 三人は精臭に当てられたのか、酔ったような目つきになり、ついには俺の見ている前で、唇と舌を絡ませ始めた。よく見ると唾液と一緒に精液をやり取りしている。
 三人の美少女のディープ・レズキス。しかも一人は俺の彼女だ。現実離れしすぎな光景だった。
 三人はひとしきり互いの口を吸い合った後、それぞれの口から精液混じりの唾液を俺の物に垂らした。
 そして、俺の顔を見ながら三方向から舌を這わせ、交互に亀頭をねぶり出す。ゼノヴィアと朱乃先輩の慣れたフェラに、時々リアス先輩のぎこちない舌使いがアクセントを加えてくれた。
 たまらず発射された二発目は、これも実に大量で、三人の顔に濃厚な白濁の化粧を施した。

「凄いわ……この調子なら、まだまだたくさん出せるわね……」

 リアス先輩が俺の腰をまたぎ、ゼノヴィアと朱乃先輩の抗議も構わず腰を沈めた。

「あぁあああんっ! 良い! 大きい! 奥まで届くぅっ!」

 燃えるような深紅の髪を振り乱して、貪欲な動きで尻を上下させる。その度に先輩の中がキュッキュッと締まった。
 ゼノヴィアと朱乃先輩は物欲しそうな目で俺とリアス先輩の騎乗位セックスを観戦していた。
 恋人の見ている前で他の女と交わる……SだかMだかよくわからないが、異様に興奮して、俺も腰を突き上げ始めた。

「はぁああんっ! 良いわ、凄く上手! もっと突き上げて! もっと子宮の奥までズンズンしてぇえっ!」

 リアス先輩は自分で胸をグニグニ揉みながら、更に激しくよがり狂った。
 心の中で兵藤に謝りながら、俺は先輩の中で爆発する。

「ふぁああああっ! 熱いぃっ!」

 先輩も達したのか、俺の上でビクビクと震えた後、ぐったりと俺の上に覆い被さる。

「部長、交代いたしますわ」
「あんっ、いやぁ……」
「独り占めはいけません」

 あやすように彼女をどかした朱乃先輩は、胸に優るとも劣らないムッチリした尻を、四つん這いになって差し出した。

「さぁ、お気の済むまで存分に……ケダモノのように犯してくださいな」

 白い頬を赤く染めて、ときめいた表情で誘われた俺は、望み通りその白桃のような尻を掴んで、荒々しく貫いた。

「はぁああっ! 本当に、凄いっ……!」

 根元まで挿入した途端に、朱乃先輩はブルルッと身を震わせた。

254 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:10:06.37 ID:5Y8b5Sgw

 先輩の背中に覆い被さり、ピストンする度にブルンブルン弾む爆乳を千切れそうなほど乱暴に揉みしだき、乳首をつねった。その度に彼女は俺を強く締め付ける。
 朱乃先輩はドSだと兵藤から聞いた事があったが、とてもそうは見えない。

「先輩、こういうの好きなんですか?」

 尋ねながら、試しに尻をピシャリと叩くと、締まりが強くなった。

「好き、好きです! お尻を叩かれるのが好きっ! 後ろから犯されるのが大好きぃっ!」

 あっさりとM宣言する先輩の尻にスパンキングを加えながら、俺はピストンし続ける。

「もっとぉ! もっと叩いてぇ! 朱乃のはしたないマゾケツをメチャメチャにいじめ壊してぇええっ!」

 朱乃先輩は尻をくねらせ、よだれまで垂らしただらしない顔でおねだりする。
 こっちの手が痛くなるほど叩きまくり、先輩の尻が真っ赤になる頃、先輩は動物みたいな嬌声を上げて果てた。
 俺は先輩の艶やかな黒髪にたっぷりとぶちまけてやった。
 冷たい床の上で、先輩たちは絶頂の余韻に浸って身悶えしている。二大お姉様と呼ばれて全校生徒に慕われていた面影は、全くなかった。

「待たせたな、ゼノヴィア」

 俺は彼女の方を向く。
 ゼノヴィアは親に待ちぼうけをくらった幼稚園児みたいな顔をしていたが、ようやく順番が来たとわかると、パッと明るい顔になり、抱きついてきた。

「本当に待たされたよ。その分、可愛がってくれるかい?」
「もちろんだ」

 そう答えて、唇を重ね合う。
 胸板に押し付けられる膨らみ。
 くびれた腰。
 ふっくらした尻の丸み。
 抱き締める彼女の肉体の感触には、安心感すらあった。
 唇をついばみ合いながら、ベッドの上に寝かせる。
 彼女の股を開いて、俺は未だに萎えない物でゆっくり貫いた。
 彼女の中は俺の形をすっかり覚え込んでいて、実に程良く締め付けてくれる。
 先輩たちとの激しいセックスとは違って、互いが互いを感じ合うような優しいセックスだった。
 ゼノヴィアを責めながらキスをして、うなじを吸い、乳房を頬張る。
 彼女も両手両足を巻きつけてしがみつき、唇の届く場所に片っ端からキスをした。

「ゼノヴィア、気持ち良いの……?」

 リアス先輩が横から彼女の紅潮した顔を覗き込み、髪を撫でた。

「とても可愛らしいですわ……」

 朱乃先輩は柔らかな手つきでゼノヴィアのおっぱいを揉む。

255 :ゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:12:20.58 ID:5Y8b5Sgw

 先輩たちはベッドに上がると、左右から裸身を俺に絡みつかせてきた。
 耳を噛み、うなじを吸い、胸を肩や背中にこすりつけて、俺を高ぶらせる。
 ゼノヴィアの締まりが強くなってきた。

「良いわよ、いきなさい。私たちが見届けてあげるわ」
「お二人がどんな顔でいくのか、私たちに見せてくださいな」

 先輩たちに耳元でささやかれながら、俺はゼノヴィアの中で達した。

「ふぁああっ……熱いっ……!」

 ゼノヴィアも、俺の精液を子宮で受け止めながら、身を震わせて果てる。何度見ても、彼女のいく時の顔はエロくて、可愛かった。


 それから、三人と代わる代わる何度も交わって、ようやく俺の中の高ぶりもおさまった。その頃には三人ともグロッキーで、しかし性感が高まりすぎて、肌に息を吹きかけただけで声を上げて悶えるほどだ。
 しばらく休んで息も整った俺は、シャワーを浴びる事にした。
 最初部室にシャワールームがあると聞いた時は私物化も甚だしいと呆れたもんだが、今は助かる。
 熱めのお湯を浴びながら、これからどうなるのか思い悩む。
 ドラゴンの生まれ変わりだとか、兵藤の龍の血でその因子が強まったとか、我が事ながら実感が湧かない。

「何も心配いらない」

 ゼノヴィアが入って来るなり、俺の不安を察したかのようにそう言った。

「何があろうと、君は私が守るよ。君が身を挺して私を助けてくれたように」

 慰めるように、彼女は俺を抱き締めてくれた。毎日抱いている肉体の柔らかさに、心が落ち着く。

「それに、君が龍の力で強くなってくれれば、私の夢も叶う」
「夢って?」
「もうとっくの昔に諦めていた……白馬の王子様に守られるお姫様……」

 ゼノヴィアは恥ずかしげにうつむいた。

「君が……その王子様だと、私は思ってる……だから……あっ」

 ゼノヴィアが余りに可愛すぎて、俺は強く抱き締めた。
 彼女が願っているのなら、命を捨ててでも叶えるのが男というものだろう。

「必ず叶えるよ。お姫様」
「……うん」

 俺たちは僅かな間見つめ合ってから、唇を重ね合わせた。

256 : ◆QlfsFsuWvE :2012/10/09(火) 14:14:45.41 ID:5Y8b5Sgw

以上で終わり。
アニメ2期も決まったらしいし、投下が増える事を願います。

257 :名無しさん@ピンキー:2012/10/10(水) 07:03:58.99 ID:s9zTI9Fm

超乙!
続編で、イっセー・アーシア合流、大乱交
(リアス先輩は、オリ彼&ゼノの交合に当てられてイっセー確認次第、即オネダリ→開始で
オリ彼組も感嘆するほど激しい交合い…でw)

258 :名無しさん@ピンキー:2012/10/12(金) 04:06:45.53 ID:Ew468X3r

>>256
乙。
個人的に彼氏くんにはあまり大袈裟な設定はいらないと思う。
あと乱交よりはゼノヴィアと1対1での濃厚なエッチが読みたい。


そして誰でも良いからロスヴァイセさん書いてくれ。

259 :名無しさん@ピンキー:2012/10/13(土) 20:27:00.11 ID:ZGh59R9F

レイヴェルもっとプリーズ。

260 :名無しさん@ピンキー:2012/10/14(日) 18:40:53.33 ID:razsGukI

イっセー(&分身)×リアス先輩を…。

261 :乱入者:2012/10/21(日) 01:09:39.11 ID:3F6Dh63e

保守

262 :名無しさん@ピンキー:2012/10/24(水) 12:39:42.51 ID:HelN6nUN

小猫ちゃんが輪姦されるやつを頼む

263 :名無しさん@ピンキー:2012/10/25(木) 00:24:31.20 ID:99/6gIN1

イラネ

264 :名無しさん@ピンキー:2012/10/25(木) 22:49:47.75 ID:jESMoQ4S

イッセー×ヒロインズ以外はいらないよ。

265 :名無しさん@ピンキー:2012/10/26(金) 02:39:06.06 ID:9vlZqij+

凌辱もまっとるでー

266 :名無しさん@ピンキー:2012/10/27(土) 15:54:00.67 ID:NgEbhtNw

イリナを

267 :名無しさん@ピンキー:2012/10/28(日) 12:13:46.90 ID:lkIWzN9L

イッセー×ロスヴァイセとか書きたいな

268 :名無しさん@ピンキー:2012/11/02(金) 23:05:29.78 ID:eEfYbnWX

>>267
是非書いてくれ

269 :名無しさん@ピンキー:2012/11/14(水) 15:37:59.52 ID:o09silDM

>>267を待ちながら、朱乃×ギャスパー物を投下します。

270 :朱乃×ギャスパー:2012/11/14(水) 15:39:15.78 ID:o09silDM

 うふふふ……。

 笑いが止まらない。抑えようとしても込み上げてくる。
 ベッドの上に大の字に拘束された小柄な少年を見つめるだけで、姫島朱乃は全身がゾクゾクと甘く震えるのを感じていた。
 捕らえられた少年――ギャスパーは顔を耳まで真っ赤に染めて、目を閉じて唇を固く引き結んでいる。彼の股間を覆うのは濃い紫色のショーツ……それはついさっきまで朱乃の股間を覆っていた物。
 そして、ギャスパーが自らを慰めるために使っていた物。
 布地にかすかに残る温もりで、少年の男性は猛々しく勃起していた。
 自分を見下ろす先輩の裸身から、そして彼女が見下ろす自分の痴態から目を背けるかのように、ギャスパーは目を閉じて震えていた。
 フニュッと柔らかな物が股間の怒張に触れた。
 足だ。
 朱乃の足が、ギャスパーの勃起の感触を確かめるように乗せられた。自分が穿いていたショーツ越しに、ぐにぐにとこねくり回して弄ぶ。

「んっ……やぁっ……」

 ギャスパーが逃れようと腰をくねらせた瞬間、朱乃は踵に体重をかけて彼の袋を軽く踏みつけた。

「ひきぃっ!?」
「次に嫌がったり逃げようとしたら、踏み潰しますわよ?」

 いつもの朗らかな口調でありながら、朱乃の声には鋼鉄のような暗く冷たいものが含まれていた。
 ギャスパーがおとなしくなると、足での愛撫を再開する。指を器用に動かして亀頭をくすぐり、指の付け根で幹を圧迫する。

「あっ……はぁっ……くぅっ……!」

 その度にギャスパーは、少女のように愛らしく、切ない声を漏らす。

「あらあら、こんな恥ずかしい事をされて感じるなんて、ギャスパーくんは本当にどうしようもないマゾ豚くんですわね」

 土踏まずで青筋の浮いた竿を踏みにじりながら、朱乃は言葉でも後輩を責め立てる。

「男の印をこんな風に足で弄ばれて、そんなエッチな声が出せるなんて信じられませんわ……それとも、さっきまでオカズにしていた私のショーツを穿いてるから興奮しているのかしら……」
「ごめんなさい、ごめんなさい!」

 ギャスパーは目尻に涙を溜めながら謝った。
 朱乃が部室でシャワーを浴びていた時、つい魔が差して彼女の脱いだショーツで自慰にふけっていた事を、心から後悔していた。そして、それを朱乃に見られた時、考えなしに「何でもするから許してください」と口走った事を。

271 :朱乃×ギャスパー:2012/11/14(水) 15:41:14.90 ID:o09silDM

 まさかこんな目に遭わされるとは思いも寄らなかった。
 だがギャスパーは拒めない。何でもすると自分から言ったのだ。自分がやった事、それに対する朱乃の気持ちを考えれば当然の罰だ……そう自分に言い聞かせる。
 その一方で、ギャスパーは今のこの羞恥を心地良いとも感じ始めていた。

「身体はちっちゃいのに、ここはとても立派ですわね……ガチガチのビンビンで、足が火傷しそうなほど熱くて……罰を与えてるのにこんなに悦ぶなんて、もしかしたらギャスパーくんの本当のお目当てはこちらだったのかしら?」

 朱乃は踏みにじる足に力を込め、激しくこすりながら、自らの乳房をこね回し始めた。もう一方の手は股間の黒い茂みの下に潜り込み、クチュクチュとはしたない水音をかき鳴らす。

「ち、違います……僕は、そんなつもりは……ひきゃああっ!」

 ギャスパーの腰がおもむろに跳ね上がった。
 踏みつけられていた男根から大量の白濁がほとばしる。勢い良く放たれたそれは放物線を描いて、ギャスパー自身の薄い胸板に染みを作った。

「あっ! あっ! あぁああーっ!」

 射精はまだ収まらず、ギャスパーは悲鳴を上げて二度三度と精を吐き出した。
 勢い余って顔にまで届き、ギャスパーは自分自身のザーメンで自らの顔を汚してしまった。

「あらあら、セルフ顔射しちゃうだなんて……そんなに気持ち良かったのかしら……」
「うっ……ひっく……ふぇええ……!」

 こらえきれず嗚咽を漏らすギャスパー。
 しかし朱乃は、構う風も見せずにベッドの下にしまってあった物を取り出した。それは一見パンツのようにも見えるが、明らかに下着ではない事がわかる物が付属している……。

「泣いてる暇はありませんわよ。これからギャスパーくんは女になるんですから」

 それを言うなら男ではないのかと疑問に思ったギャスパーが見たのは、朱乃の股間にそびえ立つたくましい男根だった。黒々とした樹脂製のそれは、朱乃が身に付けたパンツに取り付けられており、先端がへそに届くほどの大業物。
 それを見た瞬間、朱乃の言った意味がギャスパーには理解出来た。

「い、いやぁあああっ! それだけは! それだけはやめてください! それだけはやだぁああああっ!」

 恐怖に駆られて、拘束されている事も忘れて逃げようともがく。朱乃がその上に馬乗りになって、尚も許しを乞う少年の口に擬似男根をねじ込んだ。

272 :朱乃×ギャスパー:2012/11/14(水) 15:43:27.11 ID:o09silDM

「ギャスパーくんに拒否権はありませんわ。さぁ~、しっかりおしゃぶりしてたっぷり濡らしてくださいね? でないと辛い思いをするのはギャスパーくんですわよ?」

 金髪を鷲掴みし、容赦なく根元まで突き入れて喉奥まで犯す。

「んっ! んぐうっ! んう~~~~っ!」

 ギャスパーが息苦しさに呻く声が、朱乃を更に高ぶらせる。自ら腰を振り、ギャスパーの頭も動かして行う鬼畜めいたイラマチオでベッドが軋む。
 唾液でヌラヌラとテカるディルドーを抜いた朱乃は、ギャスパーの足の拘束を解いて持ち上げ、でんぐり返しにさせた。
 ギャスパーには抵抗する気力すらない。ぐったりした様はまるで生き人形。
 ペニスバンドの照準を少年のアナルに定めた朱乃は、頬を紅潮させて息を荒げ、舌なめずりまでした。今まさに、獲物の喉笛に牙を突き立てようとする女豹の顔だった。

 ミチミチミチッ!

 強引に、容赦なく、ギャスパーの『処女』が奪われた。

「んぁあああああっ!」

 響き渡る少年の絶叫に、朱乃はサディズムを刺激されてブルルッ! と身を震わせた。
 ゆっくり腰を引き、一気に突き入れる。
 直腸に擬似男根の形を覚え込ませるように、何度か緩急の激しい抽挿を繰り返し、肛門がほぐれたと見るや激しいピッチでのピストンを開始した。

「痛い! 痛いぃいいっ!」
「あらあら、そんな事言ってる割には、腸液が溢れてヌルヌルのケツマンコになってますわよ?」

 ベッドが壊れそうなほど激しく腰を振りながら、朱乃は言葉でギャスパーをなぶる。
 加えて、身を屈めてギャスパーの男根を乳房で挟む。要塞並みの爆乳があってこそ可能な、苦痛と快楽の二重責めである。

「うふふふ、おっぱいの中でオチンチンがビンビン……お尻の穴を犯されてこんなに興奮するなんて、ギャスパーくんは本物のマゾ豚ですわね」
「ちがうぅううっ! ちがいますぅうううっ!」

 言葉では否定するものの、ギャスパーの肉体は朱乃の恥辱責めに明らかに順応していた。
 尻穴を女に犯される痛みと屈辱。
 全校男子の注目の的である爆乳でペニスを包まれ、しごかれる快感。
 相反する二つの刺激が全身を稲妻のように駆け巡り、ギャスパーの理性は崩壊寸前だった。
 朱乃の腰使いは激しさを増して、そんなギャスパーを追い立てる。

273 :朱乃×ギャスパー:2012/11/14(水) 15:45:09.99 ID:o09silDM

「ボク、もうダメですぅうううっ! 壊れちゃいますぅうううっ!」
「良いわよ、壊れちゃいなさい! メチャクチャに壊れて私だけのギャスパーくんになりなさい!」

 狂ったようなラストスパートの果てに、朱乃はギャスパーの腸内にトドメの一撃を打ち込んだ。
 瞬間、彼女の深い胸の谷間から白い間欠泉がほとばしる。大量の精液が朱乃の頬を、白い胸元を汚して、艶やかな黒髪にまでぶちまけられた。

「はっ……かはっ……はぁああああっ!」

 爆乳にホールドされたまま、ギャスパーは何度も身を震わせて射精し続ける。
 朱乃は顔にぶちまけられたザーメンを指でかき集めて口に含み、唾液とよくかき混ぜてからギャスパーに口移しで飲ませた。
 ギャスパーはそれを反射的にゴクンと飲み下す。
 焦点の定まらない目でぼんやりと宙を眺めるギャスパーは、最早朱乃のサディズムを満たすための肉人形と化していた。
 そんな彼が、朱乃には愛おしくてたまらなかった。

「ああ……ギャスパーくん……とっても可愛い……もっと楽しませて……」

 彼はもう自分の物。この最高のオモチャは誰にも渡さない……。
 朱乃は少年の唇を吸い、舌を絡ませた。

274 :名無しさん@ピンキー:2012/11/14(水) 15:46:19.48 ID:o09silDM

終わり。
真面目にギャーくんのせいで新たな境地に目覚めそうで困る。

275 :名無しさん@ピンキー:2012/11/15(木) 06:30:35.50 ID:UUTg7dLt

>>274
ようこそ、男の娘の世界へ。

276 :名無しさん@ピンキー:2012/11/18(日) 13:21:22.19 ID:XTwj3XXv

ロスヴァイゼマダー?

277 :名無しさん@ピンキー:2012/12/02(日) 12:25:55.16 ID:2B7ipiBi

マダー?

278 :名無しさん@ピンキー:2012/12/04(火) 12:46:53.92 ID:r3gX6Gyy

ロスヴァイセなら俺の隣でゲロ吐いてるよ。

279 :名無しさん@ピンキー:2012/12/06(木) 12:34:57.28 ID:NcHHj9Y0

戦乙女ロスヴァイセ~あなたに全てをささげます~

280 :名無しさん@ピンキー:2012/12/09(日) 20:55:48.37 ID:h/mVjM+z

朱乃さんとラブラブ生ハメセックスしたい

281 :名無しさん@ピンキー:2012/12/22(土) 09:41:44.28 ID:T+YFfjTh

ゼノヴィアーっ! 俺だーっ! やらせてくれーっ!

282 :名無しさん@ピンキー:2013/01/18(金) 00:30:07.44 ID:QlQxDbn6

俺は文才がないので何もできず
保守するのみ

283 :名無しさん@ピンキー:2013/01/21(月) 02:05:18.67 ID:6somRU8Z

新刊読んだ
挿絵みた
ルフェイのおみ足に踏まれコかれだいばくはつしたい

284 :名無しさん@ピンキー:2013/01/23(水) 20:58:54.45 ID:LXrFu0XD

保守

はよ新刊読みたいなぁ

285 :名無しさん@ピンキー:2013/02/02(土) 13:47:48.08 ID:JdCNwSE8

>>353
保守 新刊読んでますますレイヴェル好きになった
誰か書いて下せぇ… オナシャス!

286 : ◆QlfsFsuWvE :2013/02/06(水) 14:12:56.51 ID:4R94ZTxV

ごめん、俺はゼノヴィアしか興味がないんだ。

という訳で、触手物に挑戦してみました↓

287 :ゼノヴィアさん、ピンチです! ◆QlfsFsuWvE :2013/02/06(水) 14:14:57.30 ID:4R94ZTxV

 夜の公園は人通りも絶えて、噴水の音が寂しく響くのみ。
 その中を一人歩くのは、近年女子校から共学校に変わった駒王学園の女子生徒。青いショートヘアの前髪に、緑色のメッシュを一筋入れている。

 彼女の名はゼノヴィア。聖剣デュランダルを手に幾多の悪を打ち倒したエクソシスト……そして今は、運命の悪戯で悪魔に転生した少女。

 ゼノヴィアは広場に一本だけ設置された街灯の下に立ち、何かを待っていた。
 5分も過ぎた頃、少女はかすかに重心を落として戦闘態勢を取る。
 暗闇の中から、ヌメヌメした触手が伸びてくる。その数5本。
 ゼノヴィアは異空間に封印してあるデュランダルを召喚して、素早い斬撃で切り落とす。

 すると触手の切り口から粘液がほとばしった。
 それが少女の制服に付着すると、みるみるうちに溶けていく。

 闇の中から更に新たな触手が襲いかかってくるが、粘液で更に服を溶かされたらという考えが、ほんの一瞬だけゼノヴィアの行動にブレーキをかけた。
 その一瞬で彼女は触手に絡め捕られる。
 ブラウスの合わせ目や溶かされた穴から遠慮なく侵入した触手が、少女の白い肌を這い回り、吟味するように撫で回す。

「うっ……くうっ……!」

 触手の表面を覆う粘膜のヌルヌルした感触がおぞましく、ゼノヴィアは声を漏らした。
 触手は更に数を増して肢体に群がり、絡み付く。
 内股に巻きつき、スカートの中にまで忍び込む。
 何本かの触手の先端が割れて、粘液を噴射して彼女の制服と下着を容赦なく溶かし尽くした。

 ぬらつく触手が剥き出しの乳房に巻き付き、絞り上げ、桜色の先端に粘膜を擦り付けてきた。
 股間に絡み付く触手も同様で、なぶるような執拗さで粘膜を擦り付ける。

「んっ……くっ……ふぁああっ!」

 おぞましさの奥にかすかな快感が生まれて、思わずこぼれたゼノヴィアの声は確かに濡れていた。

 触手が次々に粘膜を噴射する。
 髪に、顔に、背中に、腹に、太ももに、胸に……。
 全身にこびりつく粘液から立ち込める甘い匂いが、ゼノヴィアの嗅覚をレイプして思考を奪う。
 触手が丸く膨らんだ先端を差し出した。

「んうっ……」

 当たり前の事のように、ゼノヴィアはキスすらした事のない唇でそれを包み込んだ。
 チュウチュウ吸い付くと、先端の切れ込みからあの粘液が滲み出る。くわえたまま舌を這わせて舐めると、甘い味がした。

288 :ゼノヴィアさん、ピンチです! ◆QlfsFsuWvE :2013/02/06(水) 14:18:22.46 ID:4R94ZTxV

 もっと欲しい。もっと飲みたい。

 そんな思いから、ゼノヴィアは更に吸い立て、頬をすぼめて唇を締め付け、汁を絞り出す。その様は紛う事なきフェラチオだ。

 触手の群れは獲物の変化に気を良くしたのか、愛撫をより濃厚にしていく。
 先端を何本も細く枝分かれさせて、アナルをくすぐり、ほじくる。
 口のように変化した先端が、堅く尖った乳首やぷっくり膨らんだクリトリスを吸う。

 悪夢のような快楽で、自分の指しか受け入れた事のない割れ目からは、はしたない蜜が溢れていた。
 そこに、他の物よりも太く、表面に無数の瘤を浮かべた触手が進入していく。
 少し潜り込んだところでかすかな抵抗があったが、それを強引に押し貫いて、一気に子宮にまで到達した。

「んぅううう~~~ッッ!!!!」

 触手をくわえたまま上げた、くぐもった叫びは、痛みでも化け物に純潔を奪われた悲しみでもなく、たくましい触手に征服されたメスの悦びの叫びだった。

 触手はねじるような動きを加えながら、抽挿を繰り返す。その度にピンク色の衝撃がゼノヴィアの全身を駆け巡った。
 アナルにも細い触手が何本も侵入し、勝手気ままにうごめいている。
 両手はおろか両足の指まで使ってしごく事を強要され、脇、肘、膝裏、胸の谷間なども奉仕に利用される。
 そしてご褒美にあの甘い粘液をぶっかけられるのだ。
 口を蹂躙していた触手も粘液を発射する。
 それを飲み下す前に別の触手をくわえさせられた。
 乳首とクリトリスを吸っていた触手は、細やかなバイブレーションを放って更にゼノヴィアを追い込む。

 瘤付きの動きが激しくなってきた。壊さんばかりに膣奥をガンガン突きまくる。

(もう、ダメだ……!)

 控えめな自慰の習慣で覚えた『あの時』が迫り来るのを、止められない。
 瘤付きがトドメの一撃を子宮に叩き込んだ瞬間、顔射のために解放された口から、絶叫が響き渡った。

「あっ……あぁぁああああああああああッッッッ!!!!!!!!」

289 :ゼノヴィアさん、ピンチです! ◆QlfsFsuWvE :2013/02/06(水) 14:19:20.60 ID:4R94ZTxV

†††

「……なんで人は戦争なんてするんだろう」

 一誠は自室で賢者になっていた。フルチンで。

 彼の最近のオカズは、ノートに書いた自作の官能小説である。文章の行間から滲み出るエロスを極めんとガラにもなく始めてみたが、自分で書いた物だというのに凄まじい実用性を誇っている。

 今回は新たに仲間になったゼノヴィアを使った触手物だった。
 エクソシストの戦闘服にすべきかと思ったが、彼女の制服姿がけっこう可愛かったのでそちらにした。

「よし、次は部長と朱乃さんのレズ物を書いてみるか!」

 一誠は買い込んでいたノートを一冊開き、早速執筆に取りかかる。フルチンで。

 翌日、兵藤夫人は息子の部屋から何冊かのノートを持ち出して、庭で燃やした。

290 : ◆QlfsFsuWvE :2013/02/06(水) 14:20:37.36 ID:4R94ZTxV

以上で終わり。

アニメ2期開始を心待ちにしています。フルチンで。

291 :名無しさん@ピンキー:2013/02/07(木) 07:50:52.32 ID:kWKC64PT

>>290
乙。風邪引くなよ。

292 :名無しさん@ピンキー:2013/02/07(木) 17:31:22.86 ID:MRkaHcNR

>>290
原作に影響出ないSSって俺は好きだぞ。
乙です。

293 :名無しさん@ピンキー:2013/02/08(金) 14:41:12.15 ID:nyX650av

http://www.sokuani.tv/
ヤベーここのハイスクールD×Dの動画無料配信なのに高画質すぎる。

294 :名無しさん@ピンキー:2013/02/10(日) 23:42:13.83 ID:PVNSJKqS

>>289
>「……なんで人は戦争なんてするんだろう」

喧嘩商売かよw

触手の正体とかそういうのをオチで見事にぶん投げやがってw

295 :名無しさん@ピンキー:2013/02/12(火) 01:41:02.26 ID:X6w/YD6V

ソーナ生徒会長のssが見たい……人気ないのだろうか?

296 :名無しさん@ピンキー:2013/02/13(水) 00:50:02.86 ID:mlkoLVJF

俺はイリナかレイヴェル辺りがいいな。
てか文才ある方書いてくれ。頼む(必死)

297 :名無しさん@ピンキー:2013/02/17(日) 11:40:58.94 ID:23ZdKzr3

ソーナかルフェイがみたい。

298 :名無しさん@ピンキー:2013/02/17(日) 14:28:22.75 ID:R19+7Wxu

イリナとかルフェイとかレイヴェルいいな
俺も読みたい

299 :名無しさん@ピンキー:2013/03/16(土) 09:37:59.29 ID:M29CtXZ/

かそ…

300 :名無しさん@ピンキー:2013/03/19(火) 09:31:02.66 ID:oYvxUPYt

カサ…

301 :名無しさん@ピンキー:2013/03/20(水) 13:48:38.08 ID:QboNBExu

イッセー×ロスヴァイセ
シチュエーション:二人きりで放課後の補習

イッセー×イリナ
シチュエーション:幼い頃の思い出の地で・・・

イッセー×レイヴェル
シチュエーション:14巻のお風呂(18禁版)

イッセー×黒歌
シチュエーション:黒歌に童貞を奪われる!

誰か書いてくれ
俺は挫折した

302 :名無しさん@ピンキー:2013/03/23(土) 18:58:06.43 ID:iDT/Ge5+

イッセー(オリ設定「分身能力」)×リアス先輩
イッセー(オリ設定「背中から触手、分泌液は超媚薬」)×リアス先輩

これもどうか頼む

303 :名無しさん@ピンキー:2013/03/23(土) 19:34:05.25 ID:2UaTnp8c

イッセー×アーシア
シチュ:特典のお水風アーシア

イッセー×朱乃さん
シチュ:7巻のホテル街から

これも頼みまする

304 :名無しさん@ピンキー:2013/03/24(日) 21:06:51.38 ID:AC2lixOD

他力本願な豚野郎どもは朱乃さんの電撃と小猫ちゃんのフランケンシュタイナーくらってきやがれ。

305 :名無しさん@ピンキー:2013/04/04(木) 09:50:14.62 ID:7RiK9RmU

イッセーの助命嘆願を受けて助けられたレイナーレが紆余曲折を経てイッセーにデレて
部長も交えた3Pとか需要ある?

306 :名無しさん@ピンキー:2013/04/04(木) 10:23:51.76 ID:zTbqrVsB

>>305
ない
そもそもレイナーレなんて殆んどの人はどうでもいい
数多くのヒロイン、サブヒロインがいる中で1巻限りの敵キャラなんか需要あるわけない

307 :名無しさん@ピンキー:2013/04/04(木) 17:22:57.73 ID:QrXj/eSm

悪女好きな人もおるで、ワシみたいな
ただ、デレるより鼻っ柱へし折ってやるほうが好きだけども

308 :名無しさん@ピンキー:2013/04/05(金) 22:25:49.95 ID:LI7IIDiZ

ふとした疑問なんだが、駒王協定が制定される前に自身の研究だけで『聖書の神が既に死んでいる』事に気付いている、もしくはそうだと予想している魔法使いっているのだろうか?
いそうならそれに関連して原作開始以前のifとしてゼノヴィアとイリナの教会コンビで1本陵辱エロが書けるのだが……。そこんとこ、どう思う?

309 :名無しさん@ピンキー:2013/04/07(日) 11:27:22.15 ID:4uWcdQpp

>>308
ifシナリオとしてはイインデネ?
ふつうなら「そういう考えに至るキャラが居てもおかしくない…」と俺も思うけど
そんなことしたら物語が成り立たないw…と…
だから書いてみればいいと思うよ!
(出来れば陵辱シーンは二穴三穴両手髪満遍無く使ったのを希望w)


…おや?
こんな時間に誰だろう?…

310 :名無しさん@ピンキー:2013/04/09(火) 17:32:55.67 ID:S+dZJ4sm

>ただ、デレるより鼻っ柱へし折ってやるほうが好きだけども

レイナーレさんが気まぐれ起こして「最後の想い出」とかいってイッセー逆レイプして
性魔術で精気吸い取ろうとするけど、逆に生命の危機から赤龍帝の力に目覚めてレイナーレさんをズコズコ突き捲って
性奴隷にしちゃう展開とかかな?

てか性魔術(性交によって相手と精神力の勝負をして負けた方を支配下に置ける術)
を習得してそうなキャラって居るかな?
アザゼル先生あたりは習得しててもおかしくなさそう。

311 :名無しさん@ピンキー:2013/04/10(水) 01:23:58.05 ID:UIj0CMpd

>>310
鼻っ柱折るのが目的なら、『怯え』が描写されとると楽しい
あの手の人見下しとるようなキャラが、小便漏らしそうなぐらい怯えとるようなのが好き

原作だと部長に消し飛ばされるけど、イッセーが逆に部長に止められる位にボコボコにして、
泣いて謝らせて、後は煮るなり焼くなりイッセー次第みたいな感じかね?

でもそうすると、アーシアに神器戻らないことになるんかね?
それなら殺すわ。アーシアのほうが好きだし

ちなみに性魔術云々も嫌いじゃないわー
悪魔・堕天使側の奴らなら普通に使えそうだわ
特に、アーシア狙っとった奴。名前覚えとらんけど、イメージ的に使いそうだわ

312 :名無しさん@ピンキー:2013/04/11(木) 08:36:41.85 ID:1vnmtx5G

無理やり神器を引っぺがす方法だったらいけるかも。
ただ激痛を伴いそうだけど、それ以上の快感を与えてやれば・・・戦女神シリーズ見てる限りだと、性魔術って便利だよ。
敵から生気吸い取ったり、逆に与えたり、大抵の事はどうにかなる。

>特に、アーシア狙っとった奴。名前覚えとらんけど、イメージ的に使いそうだわ
確かディオドラだったけ。実はレイナーレ、部長達の介入がなくても、こいつに殺されてたっぽいね。

313 :名無しさん@ピンキー:2013/04/11(木) 09:00:13.65 ID:1vnmtx5G

あといつまでも独り身である事を心配したオーディンの爺の策略で媚薬入りの酒を飲まされたロスヴァイセさんが
イッセーを逆レイプして、それ以降エロに目覚めて「イッセー君の性欲は底無しなんですから、ほかの女性を毒牙にかけないように、私が教師として責任を持って処理してあげます!!」
と盛んに求めて来る様になって・・・みたいな展開って、ありかな?

314 :名無しさん@ピンキー:2013/04/11(木) 19:33:42.05 ID:bE659jBp

……ありだな

315 :名無しさん@ピンキー:2013/04/12(金) 10:07:35.94 ID:f4ABJt0k

リアス部長達に北欧式の結界を張って、学園内の空き教室で情事に勤しむイッセーとロスヴァイセ。
だが、ある日、二人で空き教室に入る所を、朱乃さんに見つかってしまい・・・

316 :名無しさん@ピンキー:2013/04/16(火) 22:25:49.42 ID:Xiedot81

保守

317 :名無しさん@ピンキー:2013/04/21(日) 11:20:45.45 ID:ZPVjnD1q

レイナーレは殺さないで廃人にさせる話があっても良い。
堕天使のプライドを完全に傷付けてイッセーの悪魔の子供を孕ませるってのもありと言えばあり。

318 :名無しさん@ピンキー:2013/04/21(日) 16:24:50.95 ID:YbpCIbB4

クソ堕天使とかどうでも良いよ。

319 :名無しさん@ピンキー:2013/04/22(月) 20:12:33.94 ID:b3Q+yNNM

レイナーレはどうでもいい

割とマジで

320 :名無しさん@ピンキー:2013/05/13(月) 23:36:01.90 ID:qkDuATOK

2期が始まったらまた多少投下が増えてくれることを願うそれまで保守

321 :レイナーレ奴隷化:2013/05/22(水) 10:51:25.20 ID:BIulljvM

レイナーレを奴隷にする奴を触りの部分だけ書いてみました。
好評だったら続き書きます。


アーシア奪還に赴き、廃教会の戦闘で俺は、リアス部長が率いるオカルト研究部の部員達の助けも借りて、
堕天使レイナーレを撃破する事に成功した。
神器『聖母の微笑』を無理矢理に奪い取られたショックで命を失ったアーシアだったが、
部長曰く「私が持っている『悪魔の駒』を使えば、
アーシアを悪魔として転生させられるかもしれない」との事だった。
敬虔なる神の信徒だったアーシアにとって、悪魔に転生するのは望ましい事では無いかもしれない。
だけど、俺はアーシアにまた笑って欲しい。
アーシアの事はさて置き、まだ他にも重要な問題が残っている。
床に倒れ込み、荒い息を吐いているレイナーレの処遇についてだ。

俺の左手に宿る神器『赤龍帝の篭手』は、10秒ごとに宿主、つまり俺の力を増幅していく代物らしい。それによって、俺はレイナーレに目に物を見せる事が出来た。
正直、アーシアに対して、コイツがした事を考えると、許す気にはなれない。
かといって殺す気にもなれない。
神器を宿している俺を殺す為の手段だったが、コイツは恋人になりたいといって俺に近付いてきた。デートまでした。何とも寝覚めが悪い。
どうしようか迷っていると、オカルト研究部の副部長にして、リアス部長の懐刀とも言える朱乃さんが、いつもの柔和な笑顔で意外な提案をしてきた。
「イッセーくん、彼女の処遇に困っているのでしたら、いっそ屈服させて、下僕にしてみるのはどうですか?」
「え、げ、下僕?」
驚きに眼を瞬かせる俺に対し、朱乃さんは頷く。
何となく、俺は床に倒れ込んでいるレイナーレに視線を向ける。
性悪な堕天使だが、見かけは物凄い美少女、胸も大きい。
ボロボロになった衣服から覗く白い肌が色っぽい。
下僕って言うと、やっぱりエロい事をやれと言われたら、してくれるんだろうか。
思わず不埒な考えが頭によぎる。

「見た所、彼女はそれ程、強力な堕天使ではありません。イッセーくんや周りに危害を加えない様に術を掛けてしまえば、‘上’の承認を得る事は難しくないと思いますよ?」
そう言って、朱乃さんは部長の方に視線を向け、部長も小さく首を縦に振った。
大きな問題は無いらしい。というより、どうやってコイツを俺の下僕にするんだろうか。
「どの道、アーシアの神器を彼女から取り出す必要があるわ。一番手っ取り早いのは無理矢理引っぺがす事だけど・・・物凄い激痛が伴うのよね」
「あらあら、それなら、その激痛を上回る快楽を与えてあげれば、問題ありませんわ」
目を瞑って考え込む部長に対して、朱乃さんが口元に手を当てて上品に笑い、俺に意味深な視線を向けてくる。快楽って、やっぱり・・・

322 :レイナーレ奴隷化:2013/05/22(水) 10:52:30.89 ID:BIulljvM

「多分、イッセーくんの考えている通りですわ。彼女を犯して快楽の虜にして、無防備になった精神に呪縛を掛ける。そうすれば、彼女は貴方の下僕になります」
「正直、私は趣味じゃないけどね、特に止める理由も無いけど」
溜息をついて、部長は紅髪を靡かせて背を向け、その後をアーシアをお姫様抱っこした木場や子猫ちゃんが続く。そのまま教会を出て行く3人。
こうして教会内には、俺と朱乃さん、そしてレイナーレが残された。



そして意識を取り戻させたレイナーレに、朱乃さんが何らかの術をかける。
そうすると、忽ちの内に白い肌が薄っすらと紅潮し始めた。
「う、うぅ・・・こ、こんな、あ、あぁ・・・・・」
レイナーレは唇から熱い息を吐き、もどかしそうに脚を擦り合わせている。
その姿を見届けた俺の中に、黒い欲望がわきあがって来る。
衝動の赴くまま、俺は逃げようとするレイナーレを床に組み伏せた。
弱々しく抵抗する様子が、嗜虐心に火をつけた。
「何だ、もうこんなにグチョグチョにしてるじゃないか」
我ながら実に月並みな台詞だったが、実際、スカートを捲り上げてみたら、ショーツは淫蜜を吸い込み、割れ目に張り付いている。

とも卑猥な眺めだった。
甘く蕩けた女の匂いが俺の鼻腔に届いて、興奮を煽ってくる。
「あらあら・・・お汁をこんなに垂らして、いやらしい」
「くっ・・・み、見ないで・・・恥ずかしい」
曝け出されたレイナーレの秘所を見据えながら、朱乃さんが愉快そうに笑う。
屈辱と羞恥に身体を震わせながら、レイナーレは脚を閉じようとするが、全身が弛緩してしまっている状態では、それすらも叶わない。
薄っすらと朱に染まった、レイナーレの肢体は形容しがたい淫靡さを醸し出している。
極度の興奮に息を荒げながら、俺はレイナーレの股間を覆う股布をずらす。
「ふふっ、もうイッセーくんの逞しいお肉の棒が欲しくて準備万端といった感じですね」
「い、いや・・・い、言わないで、そんな事・・・」
顔を左右に振って、レイナーレは流麗な黒髪を波立たせる。
性悪な堕天使が生意気な美貌を歪めて、何処か怯えを含んだ瞳で哀願してくる。
それだけで男としての征服欲が満たされてくる。
伏目がちに目をそらして、レイナーレは懸命に体の疼きを堪えようとしている。
だが、既にレイナーレの淫穴はパックリと開いて淫蜜を滴らせ、淫核もプックリと膨れ始めている。
俺は猛々しく勃起した肉棒の先端部を秘裂に宛がい、上下に動かした。
「んあぁ、そ、そんな・・・あ、ひうぅ・・・ん、んうぅ・・・・」
腰を浮かせる様な動きでレイナーレは、肢体を敏感に反り、しならせ、甘い声で喘ぎ鳴いた。
ムッチリした太腿が小刻みに震えた。

323 :レイナーレ奴隷化:2013/05/22(水) 10:53:23.79 ID:BIulljvM

「イッセーくんに犯して貰いたくて仕方が無いんでしょう?」
「そ、そんな事は・・・あ、ふぅう・・・だ、誰が、こんな奴の・・・」
「あらあら嘘ばっかり、ここはいやらしく蠢いてますよ? イッセーくんのオチンチンが欲しいって・・素直にならないといけませんよ?」
レイナーレは細い腰を切なげに振って誘惑に抗う。
だが、その生意気な美貌には、狂おしい倒錯の色があった。
身体を灼熱の様に炙ってくる肉欲から逃れる術は無い。
一旦、肉棒を離してやるとーー

「あぁ、いや・・・」
レイナーレの唇から思わず本音が飛び出す。

「ほう・・・」
「あらあら」
レイナーレの瞳に屈辱と逡巡と倒錯をブレンドした様な色が浮かび、焦点が定まらないままに怪しく彷徨う。そして最後は諦観を浮かべ、切々と哀願の言葉を紡いだ。
「ええ、欲しい・・・こ、この熱く滾った、硬いお肉の棒をわ、私のいやらしくて・・・お汁を垂れ流してる肉穴にぶち込んで・・・滅茶苦茶にかき回してぇ・・・お願い・・・・・」
一度己の欲求を認めると、レイナーレは開き直ったかの様に、自分から腰を浮かせ、甘い声でおねだりし始めた。それに答え、俺は肉棒をレイナーレの中に埋めていく。
「んっ・・・あ、あぁぁん・・・・い、いい、凄い、私の中に、太くて硬い、お肉の棒が入ってきてるぅ・・・・はぁ、あぁん」
レイナーレは細い腰を震わせ、甘い陶酔の声を漏らした。
解れきった淫肉が、俺の一物を美味しそうに咥えこみ、奥に引きずり込んでいく。
「・・・お、奥に届いてる、太くて・・・硬くて・・・・凄く熱いのぉ・・・素敵、あ、んあぁ・・・」
眉尻を下げ、うっとりとレイナーレが熱い息を吐いた。
下の口で肉棒を咥えこんで、ウットリとする堕天使を冷淡に見下ろして、朱乃さんが蔑んだ口調で呟く。
「イッセーくんのオチンチン、こんなに美味しそうに咥えこんで・・・生意気な事言ってた割には、堪え性が無いですね、淫乱な堕天使さん」
「だ、だって・・・こ、こんなの初めてなのぉ・・・まるで私の中に誂えたみたいにピッタリなオチンチン、入れてるだけで気持ちいいの・・・はふぅん・・・」
「少なくとも身体の相性は抜群という事ですわね」
眼に大粒の涙を溜め、身悶えるレイナーレからは、何処か儚げな雰囲気すら漂う。
だが、それが逆に俺の征服欲を掻きたてる。
この淫靡で性悪な堕天使を組み伏せ、自らの一物を突きたてている。
とはいっても俺の中の黒い欲望は、この程度で満足しない。
コイツの身も心も徹底的に嬲りつくしてしまいたい、そんな強烈な衝動が湧き上がる。
「ほら、お前も素直に腰を触れよ」
「え、あぁん・・・は、はい・・・あ、んあぁ、はぅん・・・・」
俺は肉棒を根元まで埋めきった状態で、軽く身体を揺すってレイナーレに催促してやると、素直に自分から腰を振り始めた。

324 :レイナーレ奴隷化:2013/05/22(水) 10:53:57.30 ID:BIulljvM

「あ、あぁん・・・太くて硬いのが、私の中を抉ってる・・・ん、んぁ、き、気持ちいい・・・で、でも、物足りない・・・・ぁ、アンタも動いてよ、これじゃ生殺しで・・・切ないのぉ・・・・」
肉棒を咥えこんだ状態でレイナーレは必死に腰を振って、甘い喘ぎを漏らす。
俺に組み伏せられた格好では、腰も満足に振る事は出来ず、得られる快感もタカが知れている。実の所、俺としては只管に腰を動かして突きまくりたかったのだが、それを敢えて堪えていた。
「動いて欲しいなら、おねだりしてみろ」
「か、かき回して・・・私のグチャグチャになった、オマンコを抉って、もう壊れるくらいに突いて・・・突きまくって、滅茶苦茶にして頂戴っ!!」
リクエストに応え、俺は腰に体重を掛けると、レイナーレの奥まで押し込んだ肉棒を更に奥まで圧し入れた。そのままぐいぐい肉棒を押し上げ、ゴリゴリと圧迫していく。
「あ、あひぃ・・・硬いのでゴリゴリ抉られて・・・こ、これが欲しかったのぉ・・・」
抑えていた獣欲を解放して、俺は滾りたつ肉棒で容赦なくレイナーレの最奥部を深々と抉り、突き上げ、欲望の赴くままに蹂躙する。
「・・・い、いい、気持ちいい・・・・凄くいいのぉ・・・・もっと、もっと深く抉って・・・」
性悪で淫靡な堕天使が、俺に突かれながら、卑猥な言葉を口走って悶え狂う。
それを目の当たりにして、俺は今更ながらに陶酔感に包まれ、更に興奮と獣欲を燃え上がらせる。そしてレイナーレの方も俺の腰の動きに合わせて、快感に顔を蕩けさせ、無我夢中で腰を振っている。結合部から淫蜜が溢れ出し、床を濡らしていく。
「凄い乱れようですね、そんなにイッセーくんのオチンチン、美味しいですか?」
「・・・あ、あぁん、す、凄く美味しい、たまらないの・・・中で激しく動いて、削られて・・・」
朱乃さんの視線を感じてか、身体の火照りが増したレイナーレの淫肉の収縮が強まり、俺の肉棒を一層強烈に締め付けてきた。

325 :名無しさん@ピンキー:2013/05/22(水) 10:55:50.80 ID:BIulljvM

とりあえずここまで。
好評だったら続きを書きます。
あとsageてなかったです、ごめんなさい。

326 :名無しさん@ピンキー:2013/05/22(水) 15:50:08.35 ID:skQ+ifJe

>>325
かまわん。お願いですから続けたまえ。

327 :名無しさん@ピンキー:2013/05/22(水) 16:31:16.05 ID:8cdMBWD0


ぜひ続き書いていただきたい

328 :名無しさん@ピンキー:2013/05/27(月) 23:11:37.49 ID:M6MzGSEN

続きを希望します、是非。

329 :名無しさん@ピンキー:2013/05/28(火) 20:58:18.01 ID:eYI+9oSA

レイナーレなんかどうでもいいわ
いらん

330 :名無しさん@ピンキー:2013/05/29(水) 01:20:06.27 ID:FKXdIffj

レイナーレなんか人気あるわけねえし自演かよ

331 :名無しさん@ピンキー:2013/05/30(木) 19:03:15.49 ID:4jmoip+2

リアス先輩三穴・両手コキ髪コキ物を…

332 :名無しさん@ピンキー:2013/06/14(金) 07:56:31.49 ID:yLE/sx8r

俺は続きが気になる

333 :名無しさん@ピンキー:2013/06/18(火) 21:13:00.22 ID:OCgHg3oF

原作の既刊分をやっと読破したが……
アニメみたときはよくあるエロラノベだなぁとか思ってたんだけど、なにこれ酷い。

すでに不条理ギャグの領域になってないか、イッセーのパワーアップシーン。
なんでドシリアスな場面で毎度毎度、突然に「おっぱい」なんだよ……おかしすぎるよ……
11巻のパワーアップシーンとか絶対に映像化しちゃいけない類だろw

あと7巻の突然降臨した神様とか、伏線もクソもねーのな、ほんとに突然に出てくる一発屋だしw
ここまで原作が病気なラノベを見たことがないぞ……あんまりヘンなのは読まないせいかもしれんが。

334 :名無しさん@ピンキー:2013/06/19(水) 22:12:27.24 ID:YbreH0tK

ラノベにそんなの期待しちゃダメだろ。この作品はあと胸についてのギャグ挟まなきゃ、ただのよくある最強ハーレムの話になるからなwww

ちなみにどんなの読んでるの?最近まともなのが少ないから逆に気になる

335 :名無しさん@ピンキー:2013/06/19(水) 22:15:03.83 ID:YbreH0tK

あ、一応334は>>333に対してな。
よく見たら文章もちょっとおかしいけど気にしないでね

336 :名無しさん@ピンキー:2013/06/20(木) 23:32:46.56 ID:9w3CDnb1

>>334
いや、ここ最近ラノベ読んでなかったのよ。
ブラックブラッドブラザーズと、オイレンシュピーゲル、スプライトシュピーゲルの
あたり以降、読まなくなった。テスタメントも続き出てないっぽいし。
あとは渡瀬草一朗の陰陽ノ京とか空ノ鐘の響く惑星でとか読んでた。

最近は司馬遼太郎とか池波正太郎ばっかりだな。

違う学校に進学したダチがHDDはいいって言うから気になってアニメ見て原作
読んだら腹筋おかしくなった。

337 :名無しさん@ピンキー:2013/06/21(金) 01:41:47.22 ID:/mLA7iEI

>>336
今のラノベは大体こんな感じだよ

338 :名無しさん@ピンキー:2013/06/21(金) 03:10:41.77 ID:XYisM9cP

ただHDDのストーリーは他のラノベと比べてもかなり酷いレベルだと思う

339 :名無しさん@ピンキー:2013/06/21(金) 03:25:00.73 ID:nseEi5Rw

一誠のおっぱい病のせいで二天龍が心を病むとかひどすぎるよな……あんまりだよな……。

340 :名無しさん@ピンキー:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:NniePxs8

変な方向に個性的でラノベらしいっちゃらしい
つーかエロパロで何故エロい話をしないんだ

341 :名無しさん@ピンキー:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:YLRwWFJG

本スレからして乳首だのセックスの体位だのエロい話題が出てきてるし…。

342 :名無しさん@ピンキー:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:arvRPj+B

そう言えば早いとこはもうアニメ2期してるみたいだけど
もうエロいシーンとかパンモロ・股間接近絵ってあった?

343 :名無しさん@ピンキー:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:tgbZQad5

>>342
開始早々リアスが乳首丸出しだったり、朱乃さんの指チュパがもはや風俗でのフェラシーンだったり、小猫の乳首が画面いっぱいだったり……まぁいつも通りだったよ。

344 :名無しさん@ピンキー:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:h5u7F6OF

肝心の「パンツ・股間・尻」は?
俺確かに巨乳好きなんだけど
別にそこで興奮はどうでもいいからなぁ…

345 :名無しさん@ピンキー:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:FzA7dJZX

原作読んでてもいまいちピンと来なかった戦闘服のエロさがアニメでやっとわかったわ
アレはけしからんもっとやれ

346 :名無しさん@ピンキー:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:GR4yMaDs

2期直前の一挙放送でハマってようやく原作15巻まで読み終わったぞー!

アザゼル先生×ロスヴァイセさんとか結構アリだと思うんだけど、どうやら異端のようだ
木場×副会長も副会長かわいいけど結構難しいよね

347 :名無しさん@ピンキー:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:/SvSa/Du

>>346
木場が女体化も厭わないくらいイッセー激ラブだからな……。

348 :名無しさん@ピンキー:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:NflE5dOv

レイナーレ奴隷化は続けるべきでしょう。思い切って妊娠も可。

349 :名無しさん@ピンキー:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:/71rX/22

アニメでエロさの増したゼノヴィアさんも何かオナシャス。

350 :名無しさん@ピンキー:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:vXDTC8Hw

イリナあれ糞神父と戦ってあっちの方は無事だったんですかね(ゲス顔)

351 :名無しさん@ピンキー:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:Bvl8UAO+

フリードはファック&サヨナラかサヨナラ&ファックだろうから、生きてるなら無事なんじゃないッスかね(棒読み

352 :名無しさん@ピンキー:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:wyr6UxxC

イッセー×ロスヴァイセ、イッセー×イリナで誰か書いてくんないかなぁ?

353 :名無しさん@ピンキー:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:UINYwjy0

イラストやアニメ画に(要するにビジュアルだけに)釣られたクチ
ヒロインのランジェリーやら半裸やらは妙にソソるものがある
まあ、一般お色気レベルなんだろうが、近頃のラノベ、アニメはすごいなあ
でもはっきりした18禁エロアニメなんかより、これくらいが一番エロく感じるんだよなあ

354 :名無しさん@ピンキー:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:EmXfps4G

レイナーレ奴隷化の続編をきぼんぬ。
淫乱でセックス中毒になるのを観てみたい

355 :名無しさん@ピンキー:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:TaUBWIZY

ゼノ彼さんの続きはまだかいね。

356 :名無しさん@ピンキー:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:iDbuPRQS

ゼノヴィアたんマジカワユス

357 : ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

お久しぶりです。
呼ばれた気がしたので>>250の続きを投下します。

358 :俺とゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

 はぐれ悪魔の襲撃を受けたあの日以来、俺の身体はなんかおかしい。とにかく身体中が熱くたぎって、時間も場所もお構いなしにゼノヴィアを襲いたくなる。
 ひょっとして兵藤のあのスケベぶりも、あいつに宿る龍の力のせいなんじゃないだろうか……いや、ないな。ドライグさんが可哀想だ。

 今俺は、旧校舎にいる。オカルト研究部のみんなに助けてもらったのは確かだし、今も俺の中の龍の力について調べてもらってる。お礼に部室の掃除くらいさせてもらわなきゃあ男がすたるってもんだ。
 ゼノヴィアも手伝ってくれて、みんなが出払ってる間に掃除は終わった。
 掃除してる間も、ゼノヴィアの白い太ももがまぶしかった。
 無防備な背中を見てると、自分の中のドラゴンが荒れ狂ってるような気分になった。

「あっ……」

 気がつくと、後ろから彼女を抱き締めていた。
 制服の上から荒々しく胸をこね回し、スカートの中に手を突っ込んでショーツの上から恥丘をこする。

「だ、ダメだ……もうすぐ部長が帰ってく……んう……」

 俺は彼女の言葉を遮ってキスをした。
 唇が柔らかい。
 キスでスイッチが入ったのか、ゼノヴィアはおとなしくなった。

 彼女には悪いけど、今ここで抱かないと本当に狂ってしまいそうだ。
 ゼノヴィアをソファに押し倒して服を脱がせる。剥ぎ取ると言った方が近いか。
 彼女曰わく90cm台に突入した、俺専用のおっぱいにむしゃぶりつく。柔らかくてモチモチしてて、感度も高い。

「んっ……ふぁっ……あぁ……」

 すぐにゼノヴィアは可愛らしく喘ぎ始めた。
 俺は乳首を吸いながら、青い茂みの下の割れ目を掻き回す。

「くっ……ふぅっ……くぅうんっ……!」

 自分の指を噛んで声をこらえるゼノヴィアがいじらしい。もっといじめたい……もっといたぶりたい……!
 俺は自分のネクタイを外すと、それでゼノヴィアに目隠しをする。

「あっ……いやだ……」

 ゼノヴィアが珍しく拒否したが、無視した。彼女のネクタイで、彼女の手を後ろ手に縛る。
 抵抗出来ず、視界も塞がれたゼノヴィアは、雨に濡れた子犬のように震えていた。
 俺は彼女の真っ白な裸体のあらゆる場所に、ランダムに唇を這わせた。
 目隠しされたゼノヴィアは今どこを責められているかを感触でしか知る事が出来ず、次はどこを愛撫されるかわからない。そのスリルのせいか、いつも以上に反応が良かった。

359 :俺とゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

 脇を、うなじを、へそを、足の指を、内股を、耳を……俺は誇張抜きに全身くまなく舐め回して、しゃぶり尽くす。

「はっ……あうっ……ひあっ……やぁっ……うぅうんっ……!」

 ゼノヴィアはソファの上で悶え、よがり、乱れた。部長が帰ってくるかもという危惧はすっかり頭から消えている。

 股間が窮屈になってきた。今にも爆発しそうなほど熱い。
 俺はズボンを下ろした。最近明らかにサイズアップしてきた物が、勇ましく躍り出る。
 ゼノヴィアから魔剣呼ばわりされている男の剣を、俺はダラダラとエッチな涎を垂らす下の口に突き立てた。

「はぁああああああっっっ!!!!!」

 ゼノヴィアが高くいななく。挿入されるとは思ってなかったようで、物凄く締まる。処女を捧げてもらった時に次ぐ締め付けだった。

「そんな、いきなり……ひぁああああッッ!!!」

 脚を抱えて、膣壁をえぐるように突く。
 先端で子宮口をついばむ。
 正常位でつながったまま、角度を付けてゼノヴィアの膣を俺は蹂躙した。

「あひっ! はっ! はひぃいいっ!」

 聖剣使いとは思えない情けないよがり声。だけどそれも可愛い。
 ゼノヴィアを抱えてソファに座る。
 対面座位に切り替えると、彼女の自重で更に深く挿入された。
 手を縛られたままでバランスも取りづらそうに思えたが、ゼノヴィアは何の問題もなく俺の動きに合わせてムチムチの美尻を上下させて、抽挿を深くした。
 俺は彼女の桃尻を掴んで肉付きを確かめ、目の前でタユンタユンと情熱的に弾む真っ白なおっぱいを頬張る。
 ゼノヴィアの動きに合わせて、子宮を突き破らん勢いで突き上げる。

「んぁあああああ! すきっ! 好きっ! 好きぃいいいっ! 愛してるぅうううッッ!!!」

 ゼノヴィアが叫び、俺の頭をギュッと抱き締める。
 そんなにきつく縛った訳でもないから、自分でほどいたんだろう。
 胸の谷間に顔を埋め込まれながら、俺はラストスパートをかけた。
 ゼノヴィアの締め付けも更にきつくなる。
 そして俺たちは、同時に達した。

「ふぁあああんっ! い、いくぅうううーーっ!」

 ゼノヴィアは全身をビクンビクンと震わせて果てた。
 俺も彼女の子宮に熱いのをたっぷりと注ぎ込む。自分でも放尿かと思いそうなくらい大量に、しかし紛れもなくゼノヴィアの大好物のザーメンを、一滴残らず注ぎ込んだ。

360 :俺とゼノヴィアの学艶性活 ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

 しなだれかかるゼノヴィアの目隠しを外して、髪や背中を優しく撫でてやる。ゼノヴィア曰わくこれも気持ち良くて幸せらしい。

「……終わった?」

 その声に心臓が止まりかけた。リアス先輩がドアの隙間から顔を覗かせている。顔を真っ赤にしてモジモジしている辺り、どうやら俺たちの営みをバッチリ鑑賞していたようだ。

「す、すいません先輩! これは、俺がゼノヴィアを無理矢理」
「そんな嘘つかなくてもいいわよ。見て、ゼノヴィアの幸せそうなお顔……無理矢理されて出来る顔じゃないわ」

 リアス先輩は入ってくると、俺の胸でいつの間にか眠りこけているゼノヴィアの髪を撫でた。

「この子が悪魔への転生を願った時は、本当に絶望に満ちた顔をしていたの……それがこんな風に、穏やかで満ち足りた寝顔が出来るようになって……この子の主としても一安心よ。これからもゼノヴィアの事、よろしくね?」
「は、はい……!」

 改めてゼノヴィアの恋人として認められたようで、俺はちょっと嬉しくなった…………が。

「ところで先輩……なんで服脱いでるんですか?」
「だって汚れちゃうもの。それに、エッチの時は脱ぐものでしょう?」

 リアス先輩は超高校生級のボディを惜しげもなく、むしろ「ガン見しろオラァアア!」とばかりにさらけ出した。
 そしてゼノヴィアを抱き上げて、別のソファに寝かせる。
 再びこちらを向いた先輩の目は、狩る者の眼になっていた。

「先輩、なんで俺の上に乗っかるんですか?」
「だって今からは私が攻めだから」

 膝の上にまたがる先輩の手から魔力の光が溢れて、リングとなって俺の体を縛り上げた。

「なんで俺は縛られてるんですか?」
「逃がさないためよ」

 先輩はクスクス笑って俺の頬を撫でる。それは情愛深いお姉様の笑みじゃない……捕食者の笑みだ!

「ラブラブなのは良いけど、部室でエッチはいただけないわ。だから、オ・シ・オ・キ♪」

 唇を重ねられた瞬間、俺はライオンに喉笛に食いつかれたシマウマの気持ちを理解した。

361 : ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

今回はここまでです。
アニメのゼノヴィアはやたら性的で、見てるだけでマジ抱き締めて押し倒したくなるので困りものです。

362 : ◆QlfsFsuWvE :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9wfl13Tk

最後の最後でsage忘れた……すいません、切腹。

363 :名無しさん@ピンキー:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:EFfXoHQC

>>362の審議中】
    |∧∧|    (( ) )   (( ) )  ((⌒ )
 __(;゚Д゚)___   (( ) )   (( ⌒ )  (( ) )
 | ⊂l     l⊃|    ノ火.,、   ノ人., 、  ノ人.,、
  ̄ ̄|.|.  .|| ̄ ̄   γノ)::)  γノ)::)   γノ)::) 
    |.|=.=.||       ゝ人ノ  ゝ火ノ   ゝ人ノ
    |∪∪|        ||∧,,∧ ||∧,,∧  ||  ボォオ
    |    |      ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
    |    |      ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   ~~~~~~~~     | U (  ´・) (・`  ). .と ノ
              u-u (    ) (   ノ u-u
                  `u-u'. `u-u'

364 :名無しさん@ピンキー:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:7HHSnZnF

>>361
乙乙
ゼノヴィアはイチャイチャしたくなる

365 :名無しさん@ピンキー:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:WgJnNw4P

どうして朱乃さんがメインヒロインじゃないのかと小一時間問い詰めたい。

366 :名無しさん@ピンキー:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:r8Xx+IXt

>>365
あの人重い女だし…

367 :名無しさん@ピンキー:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:bbA02QE8

>>366
重いよな、胸とかおっぱいとか。

368 :名無しさん@ピンキー:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:YEmWqeQ2

一誠×朱乃が少なすぎる・・・!SS探してもオリ主ものばかり!誰か頼む!

369 :名無しさん@ピンキー:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:aAJZ0ON+

>>368
自分で書くしかない。
ここですらゴミ以下のオリ主物がはびこるくらいだ。

370 :名無しさん@ピンキー:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:YEmWqeQ2

>>368
ハーメルンとかすごいよな~。見事にオリ主ものばかり。あとは転生ものか。
普通のイッセーを書いてるSSが皆無というwwもうやだww

371 :名無しさん@ピンキー:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:aAJZ0ON+

ハーメルンはまさに魔窟。イッセーの捏造ヘイトやらかす作者までいる始末だ。

372 :名無しさん@ピンキー:2013/09/01(日) 00:11:31.56 ID:+liQjtoY

虹捜索とはそういうもの、地雷原の砂漠に一粒の宝石が有るかも
と願いを込め、スコップが砕けるまで掘り続けるのだ

373 :名無しさん@ピンキー:2013/09/01(日) 02:11:36.49 ID:1khxXCjB

アニメの新作が出る度に原作の主人公を消してオリ主を入れるとか訳分からん事するやつらだからな…

374 :名無しさん@ピンキー:2013/09/01(日) 15:25:12.58 ID:EWoGGl+6

HDDのではないけど、原作まんまで主人公をそっくりオリ主に入れ換えたSS?を見たことがあるなぁ

375 :名無しさん@ピンキー:2013/09/02(月) 19:25:02.17 ID:o7LLB19R

>>368
理想郷で朱乃、小猫、ゼノヴィアが一誠とイチャイチャするssならあったよ。

376 :名無しさん@ピンキー:2013/09/03(火) 01:57:33.21 ID:Z7VGy5rG

>>372 なかなかに上手い例えwちょっと吹いたww

377 :名無しさん@ピンキー:2013/09/13(金) 18:03:14.04 ID:VUja2Wqv

正直エロSSがあるだけで嬉しいで続けて下さいマジで

378 :名無しさん@ピンキー:2013/09/15(日) 21:06:20.46 ID:AlpwGWjd

一期の最終回見たけど、これ完全に特撮ヒーロー物化しちゃってるし
(バトルシーンのいいところでOPが流れる)

379 :名無しさん@ピンキー:2013/09/16(月) 09:29:57.44 ID:XPN5IjVe

>>358読み返して思ったが、原作でドライグにさん付けしてるのって何人いるんだろう。

380 :名無しさん@ピンキー:2013/09/16(月) 10:11:09.28 ID:se9OuK5T

お仕置きとの名目でリアスとアーシアに犯される一誠とか希望。

381 :レイナーレ奴隷化:2013/09/20(金) 11:03:54.12 ID:PQGY2MeZ

ご無沙汰してましたが、続き投下します。

「こんなにくわえこんで・・・もっと、気持ちよくしてほしいか?」
「は、はい・・・もっと、気持ちよくしてぇ、あ、あひぃ・・・!!」
「なら、俺の奴隷になるか?」
「は、はい、な、なります。奴隷になりますっ!! だ、だから、もっと気持ちよくして、んあぁっ!!」
快楽の誘惑に屈したレイナーレから、高飛車な態度は完全に消失していた。
俺の肉棒で秘肉を抉られ、子宮を突き上げられる度、自ら尻を振る哀れな牝と化していた。
自らを奴隷と認める事で被虐の快感に目覚めたらしい。
狂った様に豊かな胸を揺らし、形のいい尻を振り、より強い快感を求めて、俺にすがり付いてくる。
汁塗れの淫壷は熱泥の様に熱くうねり、肉棒に絡み付いてくる。
「その言葉・・・忘れるなよっ!!」
「わ、忘れない、忘れないからあっ・・・もっと、グチョグチョにして、滅茶苦茶に犯してぇっ!!」
小刻みに痙攣して肉棒を圧迫してくる肉襞に逆らいながら、俺はレイナーレが求める様に何度も何度も突き上げた。
結合部から、淫らな蜜を洪水の様に溢れさせ、レイナーレは甲高い嬌声を張り上げてビクビクと身悶えた。
「こ、この・・・オチンチン、凄いのぉ・・・大好き、んあぁ、あんっ・・・い、いい、いいのぉっ!!」
「く、そろそろ限界だな、中に欲しいか?」
「欲しいわ、中に頂戴、熱いの・・・注いでぇっ!!」
中に出して欲しいと訴えるレイナーレの要求に応え、俺はそのまま射精した。
「あ、あひぃ・・・熱いのが来たぁ、あ、んあぁ・・・・・・!!」
悶絶しながら、絶叫に近い嬌声を上げ、レイナーレは射精された刺激に触発され、絶頂に達した。
肉襞が収縮して、肉棒から貪欲に精液を搾り出そうとしてくる。
やがて射精の衝動が収まり、俺は肉棒を引き抜くと、淫穴から精液と淫蜜の混合液がダラダラと溢れ出てきた。
「あ、はあぁ・・・気持ちよかったぁ、ん、んん・・・はふぅ・・・」
焦点の合わない瞳で、レイナーレは絶頂の余韻に浸り、唇から熱い息を吐いた。
「さぁ、イッセー君、今のうちに彼女から神器を取り出しちゃいましょう。ついでに彼女を貴方の支配下に置く術をかけちゃいましょう」
「はい、でも具体的にはどういう風にすれば・・・」
「重要な部分は私が受け持ちますから、イッセー君はとりあえず、彼女にキスしたり、胸を揉んだりして思い切り気持ちよくしてあげてください」
朱乃さんに言われるがまま、俺はレイナーレの唇を奪う。

382 :レイナーレ奴隷化:2013/09/20(金) 11:04:50.06 ID:PQGY2MeZ

「・・・ん、んんっ!? はむ、ちゅ、んちゅ・・・れろ、あん・・・」
「ん、んむ・・・れろ、ちゅ、んちゅ・・・・」
不意をつかれ、驚きに目を見開いたレイナーレだったが、直ぐに抵抗もせず、俺の口付けを受け入れた。
それどころか積極的に舌を絡め、俺の唾液を啜り上げてきた。
お返しに、胸を揉みしだき、淫核を抓り上げてやると、男の征服欲を掻き立てる気持ちよさそうな喘ぎを漏らした。
夢中になって俺は、レイナーレの身体を存分に貪る。その横で朱乃さんは、両手の指を組み、術を行使し始めた。
やがて、レイナーレの胸元から淡い緑色の光の塊が浮かび上がってきた。これがアーシアの神器『聖母の微笑』らしい。
無理やりに神器を引き剥がされるのは、相当な苦痛らしく、レイナーレは小刻みに身体を痙攣させて、苦しそうに眉を顰めた。
苦痛を和らげる為、胸をゆっくりと揉みしだき、髪を梳いてやると、レイナーレの表情が徐々に落ち着いてきた。
「ほら・・・幾らか、楽になったか?」
「え、ええ・・・随分と優しいのね。自分を殺そうとした相手を気遣うなんて・・・」
「過ぎた事だろ、それに、お前って根は悪い奴じゃなさそうだしな。というか、お前ってラスボス張れる器じゃねえよ」
「う、五月蝿いわね・・・余計なお世話、あ、はあっ・・・ん、ん、んん・・・・はぁ、んんっ!!?」
部長に匹敵するサイズの胸の先端で硬くしこっている、薄桃色の突起をつねってやると、レイナーレは甲高い嬌声をあげた。
続いて、掌に収まりきらないボリュームの乳房を念入りに揉み解してやると、悩ましく身体をくねらせた。
それはこいつ自身、無意識の内だったのだろうが、男を誘っている様に見えた。
「お前の胸・・・凄く弾力があるな」
パンパンに張り詰め、ポヨポヨと生意気に弾む。本人の性格を体現する様な乳房だと思う。
そして、いつまでも触っていても飽きない感触。
ちなみに朱乃さんのおっぱいは、こいつのとは対照的に柔らかそうだった。
更に言ってしまえば、部長のおっぱいは、この二人の中間、いいとこ取りのおっぱいの気がする。
部長と朱乃さん、学園の二大お姉様の至宝を、揉む機会なんて無さそうだけどさ。
「・・・あ、んあぁ、そんな・・・・胸ばっかり、あひぃ、駄目、また火照ってきちゃうぅぅ・・・・!!」
絶頂直後の身体を薄っすらと紅潮させ、長い黒髪を振り乱し、甘い女の香りを振りまき、レイナーレはあられもない嬌声を上げる。
その余りの淫らさに、俺の肉棒は再び臨戦態勢になっていく。
「あ、ま、また・・・硬くなって、凄い・・・ん、はあぁ・・・」
「欲しくなってきたか?」
「う、うん・・・欲しい、入れてぇ・・・お願い」
甘える様な口調で、レイナーレは蕩けきった表情でおねだりしてきた。
更に俺を誘う様に、股を大きく広げ、右手を茂みの奥に差し入れて秘所をかき回す。
左手は豊かな乳房を心地よさそうに揉みしだき、よがり狂う。
「もう、イッセー君のオチンチンの虜になっちゃってますね・・・こんなにひくつかせて・・・」
蔑む様な口調で、朱乃さんがしなやかな指でレイナーレの女の穴を乱暴にかき回す。
卑猥な水音が響き、豊満で淫靡な堕天使の女体がびくびくと痙攣する。

383 :レイナーレ奴隷化:2013/09/20(金) 11:05:39.79 ID:PQGY2MeZ

「ほら、イッセー君、遠慮なくぶちこんであげればいいんですよ。誰がご主人様なのか、ハッキリさせておかないと・・・ね?」
瞳を爛々と輝かせ、朱乃さんは嗜虐的に笑いながら、レイナーレの背後に回りこむ。
そして、レイナーレの豊かな胸を揉みしだき、耳に息を吹き込み、性感を極限まで煽り立てた。
「・・・は、早く入れてぇ、お、お願いします・・・ご主人様ぁ、私のここに太くて硬い、お肉の棒を突っ込んで下さい・・・・」
「よし、お望み通り、突っ込んでやるからな」
グチョグチョに濡れそぼった穴に、肉棒を宛がい、一気に押し込む。
まるで食虫植物の様な貪欲さで、肉襞が一斉に絡みつき、我先にと吸い付いてくる。
「本当に物凄いな・・・美味しそうに咥えこんでるぞ」
「そ、そんな、い、言わないでぇ・・・は、はぁ、もっと動いてぇ・・・ご、ご主人様ぁ・・・」
以前の傲慢さなど、時の彼方に消えうせ、レイナーレは心から屈服した顔で懇願してきた。
それに応えて、腰を動かしてやると、レイナーレは感極まった様な嬌声を張り上げ、薄っすらと紅潮した体をしならせた。
「あ、んん・・・き、気持ちいい、はあぁ、す、凄いぃ・・・・!!」
「本当に淫乱だな」
「そ、そうよ、どうせ、私は淫乱な堕天使よ・・・淫乱な女は嫌? やっぱり、アンタもお高く止まったお嬢様が好きなの?」
いつの間にか、レイナーレの口調は以前の生意気な物に戻っていた。
どうやら、この辺りに、コイツのコンプレックスみたいな物を感じた俺は、無言で腰の動きを激しくした。
「・・・!? さ、更に激しくぅ、あ、あひぃ・・・!!」
「別に淫乱な女は嫌いじゃない、寧ろ、エロい女は好みだな」
一瞬でも気を抜くと、射精してしまいそうになる程、レイナーレの中は具合がよかった。
俺が突き上げる度、レイナーレの乳房が挑発的に弾む。徐に左手を伸ばし、鷲摑みにすると、緩急をつけて揉み解す。
朱乃さんも、もう片方の乳房に手を伸ばして、しこった先端を指でこねくり回す。当然、突き上げも続行。
「ん、だ、駄目ぇ、そんなに苛められたら・・・も、もうイっちゃうぅ・・・・!!」
パクパクと唇を微動させ、レイナーレは鼻にかかった卑猥な声を漏らした。
自制心を完全に失い、理性の箍が外れ、レイナーレは淫猥なよがり声を、恥じらいもなく発し続ける。

「んあーっ、イクッ、イっちゃう・・―・・・・!!!」
やがてレイナーレは、上半身を仰け反らせて 激烈な絶頂に達して、その意識を手放した。

384 :レイナーレ奴隷化:2013/09/20(金) 11:06:39.08 ID:PQGY2MeZ

ここまで投下しておきます。

385 :名無しさん@ピンキー:2013/09/20(金) 18:24:53.53 ID:x9r7t9tM

すげーことになってきたw

386 :名無しさん@ピンキー:2013/09/20(金) 20:35:57.75 ID:IIOIRRxK

ふぅ…








ふぅ…

387 :名無しさん@ピンキー:2013/09/27(金) 21:20:22.49 ID:TVAI674K

レイナーレの奴隷化の続編に期待したいです

388 :名無しさん@ピンキー:2013/09/30(月) 16:40:51.44 ID:m+EdD8tJ

保管庫が未完成?

389 :名無しさん@ピンキー:2013/10/02(水) 11:21:32.29 ID:zRi7h9yC

一誠の子供を孕むレイナーレも面白そうです。

390 :名無しさん@ピンキー:2013/10/22(火) 05:17:10.28 ID:Vn976RnW

レイナーレなんかいらねえよ
ピクシブだけでやってろカスども

391 :名無しさん@ピンキー:2013/10/25(金) 14:50:11.92 ID:p0Avsm1k

アーシアが浮気しそうになった一誠をお仕置きタイムの展開を希望。

392 :名無しさん@ピンキー:2013/10/28(月) 16:42:15.11 ID:DEAwboOL

>>390
あとオリ主物もな。
あんなのどこに需要があるんだよ。

393 :名無しさん@ピンキー:2013/10/29(火) 13:02:04.07 ID:gHKEbIct

>>392
そりゃあイッセーに嫉妬してる負け組にだよwww

394 :名無しさん@ピンキー:2013/10/30(水) 02:58:40.91 ID:AlZJJMR0

オリ主物書くのは二次元にマジ惚れしてる基地外

395 :名無しさん@ピンキー:2013/10/30(水) 19:37:50.21 ID:o54ySO1e

そろそろルフェイも契約するし
大人の契約も・・・。

396 :名無しさん@ピンキー:2013/10/31(木) 23:03:57.96 ID:RoanoqjX

ちなみに一番需要あるのはどのキャラよ?
部長?朱乃?

397 :名無しさん@ピンキー:2013/11/01(金) 09:25:38.37 ID:62DHAFiN

リアスかな

ただしオリキャラとの絡みは断固NG

398 :名無しさん@ピンキー:2013/11/01(金) 16:50:08.17 ID:mBDPwoAB

リアスとオリキャラがラブラブエッチ←NG
リアスがオリキャラに凌辱・調教・ネトラレ←OK

399 :名無しさん@ピンキー:2013/11/02(土) 22:32:23.97 ID:xTeUaRZy

>>396
正直イッセー×女子部員+αのラブラブエッチならどれでも需要あると思うけどな。
あるなら是非見てみたいし。

ただしオリキャラは絶対嫌。
ハイスクールD×Dはイッセーだからこそ良いんであって。
棒のためだけに登場させた無個性でウザいだけのオリキャラなんて誰得過ぎる。

400 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:43:42.89 ID:ezPplvsa

兵藤家はそもそもそれほど大きくない一軒家であったが、同居しているリアス・グレモリーの計らいで改築され、今や大豪邸と化していた。
そんな兵藤一誠の自宅の一室、完全防音された一誠の寝室である。
その中に睦み合う2つの影があった。

「んんちゅ、ちゅるっ、んんちゅっ」
天蓋付きのベッドに腰掛けながら情熱的に唇を重ね、吸い合う男女。
熱くヌメる舌ベロを絡め合い、互の粘度の高い唾液を交換する。
こぼれ落ちた唾液が互の口の周りを汚し、白く泡立つ。
一人はこの部屋の主、兵藤一誠その人である。
そしてもう一人は腰まで届く長く艶やかな赤髪の女性。
豊満で女性的な魅力に溢れた肢体を覆うのは薄く透ける黒の上下の下着のみ。
一誠とのディープキスに没頭するのは「紅髪の滅殺姫」の異名をとる上級悪魔、リアス・グレモリーである。
「ぷはぁ」
どちらともなく離れた二人の唇のあいだに、名残惜しそうに互の唾液の橋が架かり、儚く消えた。
少女の顔は紅潮し、幸せに蕩けていた。
「ふふふ、イッセー、キスも随分上手くなったわね」
相手の少年に愛おしそうにそう語りかける。
「見て、イッセー」
そう言うとリアスは立ち上がり手を頭の後ろに組み、胸を張り、その見事なプロポーションを誇らしげに見せつける。
白く長い手足、蜂のようにくびれたウエスト、女性的にむっちりと張ったヒップ、そしてすべての男を虜にする99cmの大迫力バスト。
駒王学園の男子生徒たちが妄想してやまないその躯を惜しげもなく晒す。
「どう、イッセー?興奮する」
「はい、凄く綺麗ですよ、リアス部長」
感極まったように答える一誠に、リアスは妖艶に微笑む。
自分の身体が相手の欲情を掻き立てることに深い女の悦びを刺激される。
「嬉しいわ、イッセー。でも、貴方はこの身体を好きにする権利を持っているのよ」
リアスは優しく一斉の頬に手を当てる。
「さぁ、またいつものように、あなたの方法で私を愛して」

401 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:45:22.35 ID:ezPplvsa

「ブーステッド・ギア!!」
一誠の右腕に赤龍帝の籠手が具現化される。
この神滅具は所有者の力を倍加させる特殊能力を秘めている。
しかし神滅具の力は型にはまったものではなく、所有者の意図や願望に合わせてある程度応用・変化させることができる。
「Boost!」
これで一誠の力は倍になった。
その力を、
「Transfer!」
リアスに譲渡する。
その途端―――――
「あぁんっ!!」
リアスの口から抑えきれぬように艶かしい声が漏れた。
下腹部を中心に徐々に熱い疼きがリアスの体を侵食していく。
はぁはぁと荒い息を吐きながら潤んだ瞳で一誠を見つめる。
「んん、来たわ、イッセーの力が……とても熱い……」
これが一誠その魔力と才能の全てを注ぎ込み作成したハーレム作成最終決戦用奥義・極滅性感(オルガズム・カタストロフ)である。
この能力は赤龍帝の籠手の持つ倍化能力を譲渡することにより、相手の性的快感を倍加させていくことができるというものである。
単純な能力ではあるがその効果は覿面であり、劇的であった。
「身体、とても熱いわ……疼いて……もう我慢できない……来て、イッセー」
リアスは哀願するかのような潤んだ瞳で一誠を見つめながら、もどかしげに黒い最高級のブラ、そのホックを外し脱ぎ捨てる。
真っ白な巨乳がぷるんっ!と躍り出た。
リアスに能力の効果があったことを見てとった一誠は籠手のついていない左手で、まろび出たリアスの右胸を鷲掴みにする。
手のひらには収まりきれない大ボリュームの柔肉に一誠の五指が沈み込んだ。
そのままその極上の柔らかさを堪能する。
「んんん、ああっ、んんっっ……き、気持ちいいわ、イッセー、貴方におっぱい揉まれるの、とてもイイ……」
リアスはその倍加された快感を集中して味わうために目を閉じ、鼻にかかった声を漏らしながら、もっと揉んでとばかりに自慢の胸を少年に向かって突き出す。
それに応えるように一誠の愛撫もますます激しくなる。

402 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:45:55.05 ID:ezPplvsa

その時―――――
「Boost!」
「あんッッッ!!」
室内に赤龍帝の野太い声が響くと同時に、リアスの甲高い声が響き渡った。
リアスの性感が更に倍に、元の状態から考えれば4倍に跳ね上がったのだ。
「んんっ!凄い、これ、堪らないっ!ああっ、イッセー、イッセー!!」
4倍の快楽は強烈であり、リアスは一誠の乳愛撫だけですっかり腰砕けになり、まるでポールダンスでもしているかのように浅ましく、いやらしく、そして情熱的に腰を振る。
全身からは女の匂いの強い汗をかき始めている。
「部長、部長の乳首こんなになってますよ」
「ああんっっぅ!!!ダメェ、乳首ダメェェェ!!乳首弱いのぉぉぉぉぉぉ!!」
口ではダメと言いながら、リアスはもっとやってとばかりに胸を押し付けてくる。
気持ちよくて堪らないのだ。
告白通り、リアスはその立派な乳房の中に強烈な性感帯を隠し持っていた。
そしてその性感帯は4倍の威力を持ってリアスに襲いかかっている。
今やリアスの乳首はクリトリスよりも遥かに敏感な性感帯と化していた。
一誠は乳輪ごとぷっくり膨らんだリアスの乳首を指でつまみ、爪を立てて引き伸ばしてからまた指で押し付け乳輪の中に沈み込ませる。
これを繰り返しているうちに乳首はどんどん硬く、そして長く勃起していく。
「いいわぁっ!イッセー、乳首ジンジンするのぉ!もっと、もっと私のはしたない乳首いじめてぇぇぇ!!」
そう叫んで一誠の頭を抱きしめ、自分の胸に押し付ける。
一誠は求められるまま最大サイズまで膨張しぷるぷる震えているリアスの乳首を口に含み、舌で思う存分転がし思いっきり吸い上げた。
「あひいっ、気持ちいいっ!いいわ、んんんんんっっっ!!」
更に歯を立ててゴムのような感触の女の急所を前歯で甘噛みした。
「Boost!」
赤龍帝の籠手が更に快楽を倍増する。
これで8倍。
「んんんんんっっっっ!!!ダメっ!!!これダメっ!すごいのぉ!ああっ、あああああっっっっっっっっ!!!!!」
次の瞬間、リアスは断末魔のような悲鳴とともにしなやかな手足をピーンと突っ張らせ、全身を小刻みに震わせながら、腰をビクンッビクンッと打ち上げられた魚のように大きく痙攣させる。
絶頂だ。
通常女性は胸を愛撫されただけで絶頂に至るようなことはない。
しかし極滅性感の効果で8倍に膨れ上がった快感はリアスを深いオルガズムに容易く押し上げた。
黒い下着のなかで大量の潮が尿道口から噴き出された。
だがその潮吹きはいつまでたっても終わらず、まるで失禁ををしたかのように潮を吹き続ける。
当然下着は限界まで水分を吸い上げ、最早その役目を放棄してしまっている。
「あひっ、ひっ、ひぃぃぃっっ!!!」
リアスは半ば白目を剥き、口の端から涎をこぼしながらはしたないアヘ顔を晒し続ける。
全身をピーンと弓なりに仰け反らし、足の指が床をかきむしる。
しかしまだ潮吹き絶頂が止まらない。止まる気配もない。
「いいわっ、気持ちいい!イッてる!私今イッてるわ!!!!気持ちいいわあぁぁぁぁぁぁ!!!!」
これが極滅性感の真骨頂である。
絶頂の快感の強さが通常の8倍になると同時に、絶頂の持続時間も8倍に延長されるのである。
リアスが普段味わっている絶頂の持続時間が15秒程度とするならば、120秒、約2分間の間8倍に強化された快楽が少女を襲い続けることとなるのだ。
目の前が真っ白になり、垂れ流しになっている脳内物質で脳が痺れる。
普通の人生を歩んでいれば決して味わうことができなかったであろう快感が魔界の美姫を叩きのめした。

そして約2分後。
ようやく絶頂の波から降りてこられたリアスは力尽きたようにベッドの上に突っ伏した。

403 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:46:40.90 ID:ezPplvsa

「大丈夫ですか、部長?」
「ええ、なんとか…」
呼吸を整えながら答える。
「とても気持ちよかったわ、イッセー。凄かった……」
リアスは悦びを反芻するかのように大きく息を吐いた。
「でも、まだ終わりではないのでしょう。イッセー、あなたが満足していないものね。」
「いや、俺は……」
「私のことなら心配しないで」
そう言うとリアスは自身の潮でぐちょ濡れになった下着からスラリとした足を抜き、それをベッドの上に脱ぎ捨てた。
リアスは四つん這いになると腰を大きく掲げ一誠の方へ突き出した。
獣の交尾の体勢だ。
先ほどの絶頂で既にこれ以上ないという程ぬかるみ綻んでいるリアスの姫貝、その上の浮上の窄まり、リアスが秘しておくべき全てがあからさまになる。
そこを彩る陰毛は髪と同じ、真紅。
リアスは更に自分の秘所に手を伸ばし、人差し指と中指でそこを割り割く。
自らの大陰唇をくぱぁ、と開くと丸見えになった膣穴から白濁した愛液の雫が糸を引きこぼれ落ち、ベッドに染みを作った。
本気で発情した女の生臭い匂いがあたりに漂い、一誠の鼻腔をくすぐった。
先ほどの絶頂を味わったそこは、男を求めて切なげに震えている。
「来て、イッセー。私の女の部分をあなたのたくましい男で貫いて……」

「あんっ!!あんっ!!ああっ!あっ!あっ!」
薄暗い部屋にリアスの嬌声がこだまする。
一誠はリアスの柔らかな腰をしっかり掴みながら、バックから激しく腰を打ち付けていた。
その度にリアスの口から声が上がる。
それも無理なからぬこと。
極滅性感の効果は未だリアスの体を支配しているのだ。
すなわち、リアスは今通常の8倍の快感に翻弄されているのだ。
その声をもっと聴きたくて、腰を思い切り突き出し、そしてペニスが抜けそうになるくらい腰を大きく引く。
リアスの膣襞は暖かく、柔らかく、複雑な動きで絡みつきながら蠢き、そんな一誠のペニスを嬉しそうに咀嚼していた。
一誠はリアス以外の女を知らないので比較のしようもなかったが、リアスの性器はずば抜けた名器といえよう。
その名器は一誠のペニスしか知らず、その形にぴったり合うように拡張され、寸分の狂いなく一誠のペニスにフィットし吸い付いてくる。
そこは既に名実ともに一誠専用の牝穴に調教されており、そんな二人のセックスはまさに合体という形容がふさわしい。
互いに足りない部分を補完仕合う最高のパートナーだ。
「いいわ、私の、い、いっ、一番、気持ちいいところ!!!」
一誠は勝手知ったるリアスの性器、その一番弱い天井の部分をカリで何度も何度も擦り上げる。
「凄い、ああ、そこ、そこ、そこなのぉぉぉぉぉ!!!!
一番気持ち良いところを徹底的にグリグリされ、リアスは半目のトロ顔を晒しながら歓喜の声を上げるリアス。
そこを十分に蕩けさせたことを確信してから、今度は思い切り深く腰を打ち付ける。
「んああっ、すごっ、お、おっ、奥、奥に、私の一番奥に、あっ、あっ、あっ、ああ!!」
先ほどの絶頂で身体はすっかり蕩け切り、子宮はまるで妊娠させてください、と言わんばかりに下の方まで降りてきてしまっていた。
そして深く突く度に一誠の鈴口とリアスの子宮口とが激しくキスをし合うのだ。
子宮口のにある性感が集中した筋肉のしこり、ポルチオを8倍の快楽で激しく責め立てられ、リアスは身も世もなく啼いた。
「んひぃっ!あっ、あっ、ああ!!」
本人はもう息も絶え絶えだというのに膣襞は別の生き物のように愛しい男のモノに強く、そして情熱的に絡みつき締め上げる。
まるでもっと、もっと私のことを気持ちよくして、と言わんばかりに。
それに応えるように白く泡立つ愛液をまとわりつかせ、肉襞をめくり返しながら一誠の性器がリアスの膣口を激しく出入りする。

404 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:47:26.20 ID:ezPplvsa

「Boost!」
「あああああああああああっっっっっっぅ!!ああああああああっっっ!!!!うううううんんんんっぅっぅっっっっっっっっ!!!!!!」
更に脳内で爆発的に高まった快感にリアスは絶叫した。
「あああああっっっっっ!!と、溶けるぅぅぅぅっっ!!!私のアソコ、溶けてなくなっちゃうっっっぅつ!!!!」
言葉通り、まるで下半身がドロドロに溶けて流れ出してしまったかのような感覚。
しかし不快感はなく、ただただ熱く、気持ちがよく、そして甘ったるい。
身体が熱したチョコレートになったようだ。
「Boost!!」
「あひっいいいいいいい!!!いいいいいいっっっっ!!!!ああああああああああああっっっっぅ!!!」
さらに快感が飛躍的に高まった。
この時点でリアスは失禁していた。
尿道括約筋はすでにリアスの支配下を離れ、その役目を放棄した。
ジョロジョロと黄色い羞恥の体液をベッドに吐き出しながらも、リアス自身はそのことに全く気が付かない。
思考の全ては快楽に塗りつぶされ、もはや自分が誰なのかさえわからない状態だ。
ただ一誠から与えられる人知を超えた快楽だけがリアスの全てであった。
「Boost!!!」
「んんんあああああああああああああああああああああああああああ!!!!」
これで64倍。
昨晩は32倍で打ち止めであり、64倍はリアスにとって新記録であった。
人間の女性ならばとっくに気絶、いや、確実に脳を焼きられ命を落とすであろう殺人的な快楽にその身を焼かれながら、しかしリアスはしっかりとその激感を貪っていた。
幸か不幸か上級悪魔であるリアス・グレモリーは人間のそれよりも遥かに強靭な脳、肉体、そして精神を持っており、その異常な快感を与えられれば与えられた分だけ余すことなく受け止めることができた。
幸か不幸か。
いや、やはりそれは不幸だったのであろう。
「部長、俺、そろそろ・・・!!」
一誠が切羽詰った声をあげる。
「ああああっ!あああああっっっぅ!!!ああああああっっっっ!!!んんんんんっっぅ!!!」
リアスにはもうその言葉に答える余裕はない。
いや、そもそも最早言葉を理解することさえできない。
快楽に脳を犯し尽くされ、白痴の状態だ。
一誠はトドメとばかりに一際強く深く、リアスの充血してパンパンになったポルチオにペニスを叩きつけた。
その瞬間。
「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっっっっっっっっっぅっっっっっっっっっっぅ!!!!!!!!」
リアスが体をのけぞらし、あらん限りの声を尽くして絶叫した。
膣襞が凄まじく複雑な動きで一誠のペニスを搾りあげる。
一誠は慌ててペニスを引き抜くとリアスの背中から腰にかけて精液を浴びせかけた。
一方、リアスも最後のポルチオへの一突きが引き金になり、絶頂に昇り詰めた。
64倍の絶頂に。
64倍に強化された快感が20分近く続くことになるのだ。
これは最早拷問である。
気持ちのいい拷問。
天国のような地獄。
それとも地獄のような天国なのだろうか。
その答えはリアスにしかわからないが、当の本人はとても答えられるような状態ではなかった。
「あひっ、ひぃぃぃぃぃぃ!!!!ひいっっっっ!!!あはっ、あははははははははっっっっっっっ!!!」
白目を剥き、鼻水を垂らし、舌を犬のように突き出し、先ほどの絶頂の時よりも更にひどい無様なアクメ顔を晒す。
その知性も品性も感じさせない豚顔は普段の高貴なお嬢様然としたリアスを知っている者が見たら卒倒してしまいそうなほどひどいものであった。
だが同時に明らかに喜びの表情も含まれていた。
その見事な肢体をよじりによじって、おっぱいをぷるんぷるんと振り乱し快楽拷問を堪能するリアス。
乳首とクリトリスは限界を超えてパンパンにそそり立っている。
尿道口から吹き出す潮は止めようもなく、巨大なダブルッベッドを濡らしていった。

405 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:48:10.27 ID:ezPplvsa

倍々ゲームで爆発的に上昇していく快楽を連日与えられたリアスはその異常な快楽に慣らされ、そしてより強い快楽を求めるように変化していった。
それはあたかもより強い薬物刺激を求める麻薬中毒者のようであった。
リアス自身自分の変化に気がついており、このままではいけないと感じていた。
こんなことはやめなくてはいけないと何度も決心した。
しかし気がついたときには既に完全に極滅性感セックスの中毒になっており、リアスの強靭な意志力を以てしてもその快楽からもはやどうしても抜け出すことができなくなっていた。
すっかり一誠とのセックス依存症になり果てたリアスはいけないことだと思いつつも、いやいけないことだと思えば思うほどますます耽溺していった。
行為もエスカレートしていき、最初は64倍ほどだったのが今では1024倍にまで跳ね上がっていた。
絶頂すれば1024倍に高められた絶頂感が4時間以上続くのだ。
頭の中は出っぱなしの脳内麻薬に真っ白に塗り潰され、ただただ気持ちいいしか考えられない。
破滅的としか表現のしようがない快感なのだ。
おそらくこの世の他のどんな快楽を天秤の片側においても、一瞬たりとも釣り合いが取れないであろう。
そんな行為を毎晩していれば、いかにリアスといえどもまともではいられないであろう。
あるいはもう狂ってしまっているのかもしれない。
リアスが人間か、もしくは下級悪魔であったならばもっとずっと早い段階で限界を迎え、引き返すこともできたかもしれない。
しかし上級悪魔のリアスの人間よりも遥かに強靭な肉体と精神は1024倍の桁外れすぎる快楽をしっかりと甘受することができてしまった。
できてしまったのだ。
破滅的な快楽漬けにされたリアスの心も体も変化していった。
それまでの価値観は上書きされ、気持ちいいことが最優先事項になった。
身体は常に発情し下着に汚らしいシミを作るのをどうしてもやめられない。
いつもいやらしいことを考えてしまう。
最早日常生活を送るのもままならない状態になってしまっていた。

406 :紅髪の破滅姫:2013/11/03(日) 01:48:45.63 ID:ezPplvsa

駒王学園、3年の教室。
4時間目は数学の授業である。
しかしリアスは教壇の数学教師の声など全く耳に入ってこない。
「んんんっ……」
教室の隅で何かを堪えるように唇を噛み締めた。
その顔は紅潮し、額には粒の汗が浮かんでいる。
と、ここで終業のベルがなる。
「ん、今日はここまで。」
教師がそう言うと日直が号令をかけた。

授業が終わり昼休みになるとリアスは一目散に女子トイレに駆け込んだ。
個室に入り、乱暴に鍵をかける。
「はぁ、はぁ、はぁ……」
リアスはそのまま便座に腰掛けると、左手で乱暴に制服の上から自身の右の乳房を揉みしだき、同時に右手を下着の中に突っ込んだ。
「あうっっ!」
そこはすでに熱くヌメっており、容易にリアスの細指をくわえ込む。
指一本では物足りず、更にもう一本中指を膣穴に挿れる。
愛液を掻き出すように指で膣襞を刺激する。
そうして両指で天井のザラザラした部分、Gスポットと呼ばれる女性の急所をかきむしる。
すると早くも絶頂が訪れ、気持ちの良いしびれがリアスの尾てい骨から背骨を駆け上り、そして脳内で弾けた。
「んんんんっ、んんんんっ…んんんんんんんっっぅ!!!」
学校のトイレの中であるため、リアスは唇を噛み締め声を出さないように努める。
「はぁ……はぁっ……はあ……」
絶頂後の甘い気怠さに息をつきながら、リアスは自分の右手を広げてみる。
そこには粘度の高い愛液がべっちょりとコベリ付き、五本の指に汚らしい糸がかかっていた。
(ああ……また下着をダメにしてしまったわね……)
愛液まみれの指をぼんやり眺めつつ、そんなことを考える。
すでに今日3枚目の下着だった。
極滅性感セックス依存症となったリアスは常に性的快感を求めるようになっていた。
学校でもこうして毎休み時間の度、トイレでオナニーにふけるのが日常になっている。
それに備えて予備の下着を何枚も持ってきているのだ。
(私、どうなっちゃうのかしら……)
このままでは遠からず自分は破綻するであろう。
それはわかっている。
そのことに対する恐怖もある。
(でも……でも……!!)
リアスは再び指自慰行為を始めた。
「あうんんんんっっぅ……!!!」
(足りないっ……全然足りないのぉ……!!!だって…だって……!!!)
リアスは最早普通のオナニーでは全く満足を得られなくなっていた。
無理もない。
なぜならオナニーで得られる絶頂感は普段一誠から与えられている絶頂感の1024分の1に過ぎないのだから。
むしろすればするほど性的飢餓感が高まるばかりであった。
(あぁっ……足りない……こんなのじゃあ全然足りないっ……!!欲しい!イッセーの、イッセーの逞しいおちんぽが欲しいのぉぉぉぉぉっっ!!!)
極滅性感セックスに完全に屈服させられた紅髪の破滅姫。

彼女の未来を、今はまだ誰も知らない―――――

407 :名無しさん@ピンキー:2013/11/03(日) 09:42:50.74 ID:TvFjsbvE

>>406

久々にイッセー×ヒロインが出たものだから嬉しいわ。

しかしリアスよ、レイヴェルと同じく性感倍化の餌食になったか…
まぁ中毒になっても黒歌や初代孫悟空がいれば問題無いだろうなw

408 :名無しさん@ピンキー:2013/11/03(日) 10:33:08.49 ID:NHJLSdWI

>>406
乙でした。
やっぱりHDDはイッセーじゃないとね。

409 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 10:09:55.85 ID:tTdssPVA

>>400
オリキャラよりイッセーとの絡みの方が燃えるな

410 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 11:03:16.40 ID:yj4WW9pG

イッセーのハーレムが超強い作品だからな
オリキャラなんてハッキリ言っていらない

イッセー×リアス
イッセー×アーシア
イッセー×朱乃
イッセー×小猫
イッセー×ゼノヴィア
イッセー×イリナ
イッセー×レイヴェル
イッセー×ロスヴァイセ

ヒロインだけでもこんだけいるしな

411 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 13:49:13.92 ID:H/8aJRHH

HDDのSSのオリキャラなんて自分の妄想を投影させてオナ二ーするために作ったキャラだもんな。
そりゃ魅力も面白さもイッセーの足元にも及ばないよ。

>>410
イッセーじゃない奴のオリ主ハーレムなんて鰻とご飯のない鰻重だよね。

412 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 19:46:21.36 ID:tTdssPVA

>>411
つまり空っぽ……確かにw

413 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 19:59:10.83 ID:JpXVbMHz

作者自身があからさまにイッセー以外の男でカプ作る気ないからな
他の男には適当にどうでもいいサブヒロインに惚れさせとくくらいで
その男共は女よりイッセーに夢中だったり本命の相手には脈なしと言うw

414 :名無しさん@ピンキー:2013/11/05(火) 20:36:25.71 ID:YakUw8ak

俺もオリキャラ大嫌いだわ

だからライザーがイッセーの目の前でリアスを種付け初夜セックスするSS書いてます

ご期待ください

415 :名無しさん@ピンキー:2013/11/06(水) 09:07:41.52 ID:wLR9LUJl

>>400-406のおかげで、ようやくスレが正常化し始めたな

>>414にも期待してる

416 :名無しさん@ピンキー:2013/11/06(水) 10:58:13.72 ID:mFa3e+aR

>>413
それハイスクールD×Dに限ったことじゃないでしょ。
ハーレム物ならどこにでもある現象じゃん。

417 :名無しさん@ピンキー:2013/11/09(土) 12:41:04.33 ID:HjSqmAoS

>>410
よろしい、ならばイッセーのハーレムプレイだ。

オリキャラ?そんな物はいりません。
ノートにでも書いて満足しててください。
気色が悪い、独り善がりのオナニーは一人でやって下さい。

418 :名無しさん@ピンキー:2013/11/10(日) 01:48:24.54 ID:XhcZJneL

オリキャラいらないって言ってる奴の方が必死過ぎて気持ち悪いわ
イッセーに感情移入しすぎてネトラレの気分になっちゃうの?
キモいわ

419 :名無しさん@ピンキー:2013/11/10(日) 08:51:49.59 ID:CKzITNwV

じゃあ俺イッセー×オリキャラ書くわ

420 :名無しさん@ピンキー:2013/11/10(日) 10:28:36.21 ID:ewddISVE

>>418
だってイッセーじゃないと面白くないもん。

421 :名無しさん@ピンキー:2013/11/10(日) 12:30:15.95 ID:MytPA6OZ

見知らぬ棒役が腰振るとこなんぞ見ても感情移入出来んからつまらん

イッセーなら親しみあるし応援出来る


オリキャラ書くのは構わんが、その自由は俺らが叩いたりスルーする自由と背中合わせだって事は肝に銘じとけ

422 :名無しさん@ピンキー:2013/11/10(日) 19:43:58.48 ID:XhcZJneL

>オリキャラ書くのは構わんが、その自由は俺らが叩いたりスルーする自由と背中合わせだって事は肝に銘じとけ

          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   | クスクス>
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ

         ____
<クスクス   /       \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ

423 :名無しさん@ピンキー:2013/11/11(月) 10:44:24.31 ID:29Dh5Fqg

女性オリキャラがイッセーにセックスしてもらう話なら構わないけど男オリキャラがヒロイン寝取るのはダメだな

424 :名無しさん@ピンキー:2013/11/11(月) 12:23:51.56 ID:WxNF2Hdq

いや女もいらんけど…

425 :名無しさん@ピンキー:2013/11/11(月) 18:14:15.18 ID:hqzsZWtk

>>406 リアスこのあともう耐えきれなくなって・・・

426 :名無しさん@ピンキー:2013/11/11(月) 21:29:52.65 ID:L77Hd3H+

身体はイッセー、中身はオリキャラで陵辱物
誰か書いて~

427 :名無しさん@ピンキー:2013/11/11(月) 22:36:15.94 ID:29Dh5Fqg

>>426
却下

428 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 05:32:27.72 ID:CYljboRC

>>425
耐え切れなくなってどうなるというのかね?

リアスみたいな優等生が堕落してくのってなんか凄くエロいよな
なんでだろう

429 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 05:49:08.29 ID:jcEaNTu3

>>426
イッセーを助ける為にイッセーの身体に陵辱される部長とかいいね
望んでいたのと違う形で望みが叶うシチュエーション

430 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 09:57:19.68 ID:b+nAFRAN

アーシアとゼノヴィアの逆レイプもんとか観たい気がする。

431 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 10:44:01.05 ID:hziLKC4L

イッセーが自分のちんこブーストし続けたらどうなるのっと

432 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 13:18:23.95 ID:G/K8+WRR

>>431
道祖神になる

433 :名無しさん@ピンキー:2013/11/12(火) 18:31:26.77 ID:LJKJS+pC

>>428 その気持ちなんかわかるようなきがする。

434 :名無しさん@ピンキー:2013/11/15(金) 00:42:05.40 ID:dfUyCONB

イッセーが女性キャラ全員に寄ってたかって陵辱されるというのはどうだろう?

435 :名無しさん@ピンキー:2013/11/15(金) 12:56:09.93 ID:cqy1/rDW

イッセーくんをそんな恐ろしい目には遭わせられない。
俺が代わりに辱めを受けよう。

436 :名無しさん@ピンキー:2013/11/15(金) 15:01:17.02 ID:7a5NFQ5R

いや、俺が代わりに(ry

437 :名無しさん@ピンキー:2013/11/16(土) 22:05:17.74 ID:QzQX1rXV

おまいら皆いい奴すぎて涙が出てきた……

438 :名無しさん@ピンキー:2013/11/17(日) 10:11:38.85 ID:YxaBFVN6

朱乃さんをめちゃくちゃにしてその余裕ぶった仮面を剥いでやりたい

439 :名無しさん@ピンキー:2013/11/17(日) 13:23:22.00 ID:aMdb0cUQ

>>438
朱乃さんをそんな恐ろしい目には遭わせられない。
俺が代わりに辱めを受けよう。

440 :名無しさん@ピンキー:2013/11/19(火) 02:36:13.73 ID:z3oFIoQB

どうぞどうぞ

朱乃さんは俺が安全な所まで連れて行くよ

441 :名無しさん@ピンキー:2013/11/20(水) 00:25:09.08 ID:OIAoP+gA

朱乃さんにめちゃくちゃにされて余裕ぶった仮面を剥がされてみたい

442 :名無しさん@ピンキー:2013/11/21(木) 17:34:32.02 ID:5iT1VWPz

>>441 余裕ぶった仮面なんてつけてんのかwwwww

443 :名無しさん@ピンキー:2013/11/21(木) 21:18:50.15 ID:azobJ85y

朱乃さんに「ここ硬いわねぇ」とか言われながらいじられたいものですね

444 :名無しさん@ピンキー:2013/11/22(金) 05:41:00.53 ID:CE7g5fYL

余裕ぶった仮面 → 包茎チンコの皮

445 :名無しさん@ピンキー:2013/11/22(金) 18:34:05.31 ID:vpEHq8WQ

>>444 ちょwwwwwww

446 :名無しさん@ピンキー:2013/11/22(金) 23:52:51.46 ID:Pjh5pbX2

頭脳明晰・容姿端麗・正義感が強く真面目で優しい男子だが、
恋愛感情には疎く、多数の女性に慕われてることに気付かない
(i;sの主役みたいな)

よりはイッセーくんを応援したくなるのは何故?(煩悩に正直(スケベ)
だけど、優しく一生懸命)

447 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 00:43:35.22 ID:o7f1tj2i

イッセーイッセー言う奴がいればいるほど
オリキャラを登場させたくなるのは何故?

448 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 02:01:00.08 ID:+jck6Ckm

NTR願望

449 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 06:16:41.24 ID:4Tc6rUUX

D×Dのヒロイン陣は完全にイッセーしか異性として見てないからな
オリキャラが入り込む余地ない
オリキャラやりたいならサブキャラでやっとけ

450 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 06:28:52.77 ID:Zbqt4Wdx

>>447
お前の頭がおかしいだけ

451 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 11:48:22.08 ID:tMRfOstE

×オリキャラ
○自分

みんなが楽しげにやってるとこに混ぜてくれよーって割り込むようなもん
間違いなく楽しいのは自分だけになるから時間たって冷静になって自分を見直すと恥ずかしくなると思うよ

452 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 12:42:23.08 ID:o7f1tj2i

おお半日で想像以上に釣り上がってんなw

オリキャラに異常な拒否反応示すやつら、完全に自分をイッセーに投影してるだろ
オリキャラが出てきちゃうと、僕のリアスちゃんが寝取られちゃった(´;ω;`)って気分になるんだろ?
でもお前はイッセーじゃないし、イッセーにはなれないんだぜ?

もうちょっと大人になろうぜ

453 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 17:45:00.72 ID:tMRfOstE

はいはいコピペコピペ

スレと関係ないんだけどさ、俺「釣り」とか「釣り師」っていうのは、

 釣り師 ↓     
.           /| ←竿
     ○  /  |
.    (Vヽ/    |
    <>     |
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,__|_________
             |
  餌(疑似餌)→.§ >゚++< ~
                 の組み合わせだと思ってたんだけど、

最近自称釣り師がダイレクトで自分の本音を攻撃されて「釣れた!」とか
言ってるの多いよね。
 これは、どっちかというと、



          ,~~~~~~ 、
|\     ( 釣れたよ~・・・)
|  \    `~~~v~~~´
し   \
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,  ヽ○ノ
          ~~~~~|~~~~~~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ト>゚++<
              ノ)

かと思うんだけど、どうよ?

454 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 18:31:08.47 ID:kd0mXHij

そんな10年前に流行ったAA必死に張らなくていいよ
寒いから

455 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 21:16:50.97 ID:MbE0Hgm9

顔真っ赤にして後釣り宣言にID変えて自演擁護までやるとはそんなに恥ずかしかったのかね

456 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 22:51:22.25 ID:o7f1tj2i

お前ら楽しそうですなあw
じゃあついでに燃料投下

要するにイッセーイッセー言ってる奴のキモさって処女厨のキモさに近いんだよね
処女厨
・処女でも非処女でも構わないよ^^←普通
・処女のほうがいいけど非処女でも構わないよ←わかる
・処女じゃなきゃ許せん!!非処女はビッチ!!!!←異常者

イッセー厨
・イッセーでもオリキャラでもエロければ何でも構わないよ^^←普通
・イッセーの方がいいけどオリキャラでも構わないよ←わかる
・イッセーじゃなきゃ嫌だ!リアス・グレモリーの処女はイッセーのもの!!!オリキャラは徹底的に叩く!!!←キチガイ


まあオリキャラにせよイッセーにせよ流石にこんな流れのスレにSS投下しようという猛者はもういないだろうから今更関係ないかもしれないけどねw

457 :名無しさん@ピンキー:2013/11/23(土) 22:55:59.89 ID:Zbqt4Wdx

そうだな

スレの総意無視してオリキャラ物を投下するヤツは間違いなく荒らしだわ

458 :名無しさん@ピンキー:2013/11/24(日) 23:02:30.86 ID:4MzEmhj3

>>304
むしろ受けたいのですがどこに行けばいいですか?

459 :名無しさん@ピンキー:2013/11/27(水) 00:31:45.74 ID:nucKZ9vc

イッセー君から貰ったチラシの番号に電話しろ

460 :名無しさん@ピンキー:2013/11/28(木) 13:09:26.32 ID:pnAgtsN+

ここに居る奴らがアニメ派か原作派かしらんけど、ベンニーアちゃん可愛いので貰っていきますね^^
ロスヴァイゼさんはお前らにやるわ

461 :名無しさん@ピンキー:2013/11/28(木) 20:04:48.12 ID:mBxalz0/

じゃあオリキャラ投下してる奴はオリキャラに自己投影し過ぎて
NTR気分にでも浸ってるのか?
だとしたらそっちも相当気持ち悪いぞ。

自分のフェチを正当化しないでよ。
そんな奴が相手に気持ち悪いなんて言える立場かよ。

462 :名無しさん@ピンキー:2013/11/29(金) 02:42:41.44 ID:gyYdZNSt

もうその話終わってるよ

463 :名無しさん@ピンキー:2013/11/29(金) 17:04:37.23 ID:faYFUcHE

勝手に終わらしたことにすんなよ。
またオリキャラ書くキチガイが出てきたら、お前責任とれんのか?
取れねえだろ?

じゃあ黙っとけ。

464 :名無しさん@ピンキー:2013/11/29(金) 20:11:22.82 ID:yoovQK9j

>>463
いや終わっただろ

オリキャラ書くやつは基地外の荒らしという結論でwwwwwwww

465 :名無しさん@ピンキー:2013/11/29(金) 20:50:48.23 ID:faYFUcHE

終わってねえよ。
オリキャラ書くクズを追い詰めて苦しめて精神崩壊させるまで俺達の闘争は終わらないのだ!!
覚えとけ、クズ。

466 :名無しさん@ピンキー:2013/11/29(金) 21:15:29.31 ID:Bc4oWusq

ヒュー!
かっこいい!!

467 :名無しさん@ピンキー:2013/12/01(日) 18:25:30.68 ID:BHS/zWOC

このD×Dスレに夜明けはない(ドヤ)

468 :名無しさん@ピンキー:2013/12/03(火) 23:56:27.08 ID:HDcp2OE/

その隙にロスヴァイゼさんはオレが貰っていくぜ

469 :名無しさん@ピンキー:2013/12/04(水) 01:01:31.48 ID:yCd9Emat

じゃあ朱乃さんは貰っていくかな
どうせもうこんなスレ誰も見ていないんだろうし

470 :名無しさん@ピンキー:2013/12/04(水) 16:27:01.26 ID:QOLdKtnz

じゃあ、俺は、小猫ちゃんを・・・

471 :名無しさん@ピンキー:2013/12/04(水) 21:45:10.86 ID:GAXqvz7o

ゼノヴィアは俺が食い止める!
おまえ等は先に行けっ!

472 :名無しさん@ピンキー:2013/12/07(土) 09:11:26.86 ID:TQ/FjF0E

キモい

473 :名無しさん@ピンキー:2013/12/07(土) 09:22:48.22 ID:J8ICewmQ

>>471 食い、とめるの?

474 :名無しさん@ピンキー:2013/12/10(火) 10:12:29.89 ID:z+MKDzjo

キモい

475 :名無しさん@ピンキー:2013/12/10(火) 14:13:18.79 ID:BmQANUXY

姫乃さんが一誠を逆レイプってのもありだな。

476 :名無しさん@ピンキー:2013/12/10(火) 15:56:56.43 ID:lSXPY1iq

アーシアのアヘ顔Wピース

477 :名無しさん@ピンキー:2013/12/11(水) 19:00:39.22 ID:T6ePZA3E

発情期に入った小猫ちゃんを拘束して延々とAVを見せ続ける

478 :名無しさん@ピンキー:2013/12/24(火) 20:21:32.82 ID:xAAPl63H

リニス先輩の公開セックス

479 :名無しさん@ピンキー:2013/12/25(水) 00:58:42.08 ID:vmobJHOX

リニ……ス……?
リ……ニ……ス……?

480 :名無しさん@ピンキー:2013/12/25(水) 02:37:22.38 ID:W3dnTqce

リアス+ペニス=リニス

フタナリ化

481 :名無しさん@ピンキー:2013/12/25(水) 08:13:50.19 ID:jUsxat7X

以下みさくら語でどうぞ

482 :名無しさん@ピンキー:2013/12/25(水) 15:31:47.43 ID:vmobJHOX

ギャスパー「らめぇええっ! オチンポミルクれちゃいましゅうううっ!」

483 :名無しさん@ピンキー:2013/12/28(土) 00:30:32.09 ID:I4b8Pix2

↑(ギャスパーの股間を凝視)

イッセー「ギャ、ギャスパ~~ッ!!!  ア、アニキって呼んでもいいかい?」

484 :名無しさん@ピンキー:2013/12/28(土) 12:39:21.52 ID:1ky8EZwF

朱乃さん「大変!私、一誠君の精液飲まないと死んでしまう呪いにかかってしまいましたわ」

485 :名無しさん@ピンキー:2013/12/29(日) 10:26:56.82 ID:7Wv/0ror

朱乃さんって一誠が頼めばガチでやらせてくれるのかね?
それともいざってなると尻込みするタイプ?

486 :名無しさん@ピンキー:2013/12/29(日) 12:39:07.99 ID:vTdTDAgP

自分からラブホに誘うくらいだし、嬉々としてパンツ脱ぎそう。

487 :名無しさん@ピンキー:2014/01/01(水) 02:35:50.54 ID:Ompano8N

朱乃さんと神社裏で特別初詣

488 :名無しさん@ピンキー:2014/01/01(水) 12:26:27.71 ID:fihiD+rC

お前が初詣で満足した後で
俺は朱乃さんと姫始め

489 :名無しさん@ピンキー:2014/01/01(水) 23:44:24.84 ID:XfoHnasW

朱乃「いいわイッセーくん、そのまま私の中に、お年玉ちょうだい!」
イ「朱乃さんの中、凄すぎです!俺、もうっ!!」
朱乃「あぁああんっ!!イッセーくんの今年、初めてのが私の中に入ってくるぅぅ!!!」

490 :名無しさん@ピンキー:2014/01/04(土) 21:35:24.26 ID:EBd1EJzg

椿姫のSS見たいな

491 :名無しさん@ピンキー:2014/01/05(日) 00:16:32.01 ID:1ju/jZW8

このスレにSS期待しないほうがいいよ
怖~いお兄さんがいっぱいいるからね
どうしても読みたきゃ自分で書くのは自由だよ

だがその自由は俺らが叩いたりスルーする自由と背中合わせだって事は肝に銘じとけ

492 :名無しさん@ピンキー:2014/01/10(金) 04:27:35.37 ID:jTMwQrbW

誰もいないな
なんでこんなに過疎ったんだろ
ちょっと前まで結構SSとか投下されてたのに

493 :名無しさん@ピンキー:2014/01/10(金) 08:49:16.53 ID:ThOhXnG1

オリ主とか出るくらいなら投下されない方がマシ

494 :名無しさん@ピンキー:2014/01/12(日) 19:34:30.48 ID:6GSR9unU

イッセーがいるのにわざわざオリキャラ出す神経がわからん

495 :名無しさん@ピンキー:2014/01/12(日) 19:50:09.57 ID:XV1Sc3Q0

荒らしなのかもしれないけど
そうでないなら貴方たちが空気悪くしていることにそろそろ気がついて
>>493
>>494

496 :名無しさん@ピンキー:2014/01/15(水) 01:41:57.43 ID:YFg2VIeF

でも今までD×Dの内容で一番興奮できたのは、
グレイフィアさんとの混浴という現実。

497 :名無しさん@ピンキー:2014/01/15(水) 02:31:01.50 ID:NSQs97Ca

そりゃあなた、人妻は男の浪漫ですから

498 :名無しさん@ピンキー:2014/02/04(火) 00:07:39.89 ID:cvRcheUl

汚いおっさんに無残に犯されるリアス

499 :名無しさん@ピンキー:2014/02/04(火) 15:11:39.00 ID:ytFQIAo0

もしもイッセーの使い魔に触手丸が採用されたら

500 :名無しさん@ピンキー:2014/02/11(火) 13:36:56.65 ID:Q/eFoDdM

イッセー×ゼノヴィア、投下します。
次レスから。

501 :イッセー×ゼノヴィア:2014/02/11(火) 13:39:42.62 ID:Q/eFoDdM

 水泳の授業中に、一誠はゼノヴィアを連れてプールを抜け出した。

 更衣室に入ってドアをロックするなり、ゼノヴィアを後ろから抱き締める。
 その手はスクール水着の中に潜り込み、柔らかな膨らみを気安く揉みしだき、こね回す。
 ピンと尖った乳首をつねりあげ、くすぐる。
 濃紺の布地の下で蠢く手に、少女の豊かな膨らみが弄ばれていた。

「あっ……ふあっ……」

 ゼノヴィアは白い頬を桃色に上気させて、一誠の愛撫に身を委ねる。しかし、ただされるがままではない。

 たおやかな手がスルスルと一誠の股間に伸びて、パンツの中に潜り込んだ。
 その中で肉欲を漲らせる熱い勃起に指を絡めて、しごきたてる。

 二人は互いを手で高ぶらせながら、肩越しに口付けした。
 舌を絡ませ合い、唇をついばみ合う。

「ゼノヴィア……!」

 一誠はスクール水着の肩紐を掴み、乱暴にずり下ろした。真っ白で形の良い乳房がプルンとこぼれ出る。
 ゼノヴィアを長椅子の上に寝かせると、一誠はパンツを脱いで彼女の胴をまたいだ。

「ゼノヴィア、胸使わせてくれ」
「ああ、かまわないさ」

 ゼノヴィアは優しく微笑み、さっきまで弄ばれていた乳房で一誠の股間にそびえ立つ男根を挟み込んだ。
 そして自分の両手で圧迫しながら、上下に動かす。慣れた手つきだ。

「本当にイッセーはこれが好きだな」

 誇張抜きに毎日要求されるパイズリご奉仕。今日は授業を抜け出してまで求められた。
 しかしゼノヴィアはそれが嬉しかった。一誠に求められる事は、女としてこの上ない誇りであり、光栄であり、名誉な事だ。
 スタイルで上回るリアスや朱乃以上に、自分は一誠を知り尽くしている。その優越感もあった。

 乳肉でしごきながら、亀頭の鈴口を舌先でほじくる。
 左右の乳房を互い違いにこすりつける。
 一誠もされるがままではいられなくなり、自分から腰を振り始めた。
 ゼノヴィアは乳肉で亀頭を包み込み、あとは一誠に任せる。
 長椅子を軋ませながら一誠は荒々しく腰を振り、彼女の柔らかな巨乳を犯した。

「ゼノヴィア、出るッ!」

 言うなり、ゼノヴィアの胸の谷間から白濁が間欠泉のようにほとばしり、彼女の顔を汚した。

502 :イッセー×ゼノヴィア:2014/02/11(火) 13:40:49.79 ID:Q/eFoDdM

 尋常ではない量の精液は、頬も唇も鼻も額も、緑色のメッシュを入れた青い髪も、ベトベトのドロドロにしてしまう。
 濃厚な精臭が、ゼノヴィアの嗅覚を蹂躙する。
 こびりついた粘液が毛穴から侵入してくるような錯覚に陥る。

 自分が一誠の所有物であるという実感を与えてくれる……だからゼノヴィアは、顔射が大好きだ。

「……?」

 だが、どうやらその余韻にひたる暇はないらしい。
 一誠はゼノヴィアの体からスクール水着を剥ぎ取って、全裸に剥いた。
 股間の勃起は未だ鎮まらない。

 ゼノヴィアは立ち上がり、長椅子に手を突いて美尻をうやうやしく差し出した。
 一誠が尻をつかみ、濡れそぼった割れ目に亀頭を添えた。

 ズムムムッ!

 たくましい男根が、膣内を掻き分けて侵入してくる。

「んんっ……!」

 ゼノヴィアは思わず声を漏らした。この硬さ、この熱さ、この太さ……これを知っているのは、リアスでも朱乃でもアーシアでもない、自分だけ……得も言われぬ幸せが甘い衝撃となって、しなやかな五体を駆け巡った。

 一誠は急ピッチで腰を振る。ゼノヴィアの中は奥までヌルヌルなのに、食いちぎられそうなほどキツキツで、じっとしていられない。
 痕が付くほど指を尻にくい込ませて、がむしゃらにピストンする。

「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ……!」

 激しいペースで膣の内壁をこすられ、子宮口を突き上げられて、ゼノヴィアの口から悩ましい声がこぼれ出た。それが一誠を更に高ぶらせていき、ゼノヴィアはますます声の艶を増していく。

 一誠の吐息。
 ゼノヴィアの声。
 ベッド代わりの長椅子の軋み。
 二人の下半身がぶつかり合う、不規則な肉音。

 それらが淫靡なハーモニーを更衣室に響かせていた。

「ゼノヴィア、出すぞ!」

 一誠はラストスパートをかける。

503 :イッセー×ゼノヴィア:2014/02/11(火) 13:45:31.87 ID:Q/eFoDdM

「はぁああっ! 来てっ! 私の中に全て注いでくれ! イッセー専用の子宮に、たくさん出してくれぇっ!」
「ゼノヴィア!」

 一誠のとどめの一突きが、深々とゼノヴィアの子宮を撃つ……そして、爆発。

「あぁ……熱い……」

 ゼノヴィアは精液の熱を子宮いっぱいに感じながら、果てた。
 自分は一誠に抱かれるためにこの世に生まれてきたのだと実感出来る瞬間だった。

 オカ研がプールを貸し切っていたあの日に無事結ばれて以来、ゼノヴィアはこんな風に毎日一誠と体を重ね合わせている。
 セックスの度にひしひしと思う。一誠に抱かれる、一誠を慰め、一誠を悦ばせる事が自分の本当の使命だったのだと。
 そしてそれは、中身のない偶像に殉じていた、エクソシスト時代の空っぽな青春とは比べ物にならないほどの幸福だと。
 一誠こそが真に仕え、殉じるべき神だと。

 ゼノヴィアは一誠の足下にひざまずき、うやうやしく男根を口に含み、後始末を始めるのだった。

504 :名無しさん@ピンキー:2014/02/11(火) 13:46:55.83 ID:Q/eFoDdM

終わり。
プール回で邪魔が入らなかったらこうなっているだろうというif話でした。

505 :名無しさん@ピンキー:2014/02/11(火) 17:32:36.03 ID:V67TtY0k

乙でした
ゼノヴィアはいいものだ

506 :名無しさん@ピンキー:2014/02/11(火) 18:10:05.39 ID:ZLQvOwl8

ふぅ…

507 :名無しさん@ピンキー:2014/02/11(火) 21:20:22.04 ID:ae7RXPG1

乙です。

本編じゃ大人の事情でヤレないけど。
此処なら見れるから楽しみだ。

508 :名無しさん@ピンキー:2014/02/12(水) 00:30:08.27 ID:QGCP60rb


棒役がイッセーだと感情移入がダンチだからマジでヌケるわ

509 :名無しさん@ピンキー:2014/02/12(水) 17:41:57.19 ID:lk8Mj8jf

レズプレイがみたい

510 :名無しさん@ピンキー:2014/02/13(木) 15:07:13.46 ID:WEikNrGc

アーシア放尿ショー

511 :名無しさん@ピンキー:2014/02/20(木) 21:32:01.93 ID:93I580EV

村山と片瀬のレズプレイ希望。

512 :名無しさん@ピンキー:2014/02/21(金) 04:30:39.75 ID:uEm0g3dY

ロスヴァイセがついにデレたのでイッセー×ロスヴァイセで誰か書いてくれ

513 :名無しさん@ピンキー:2014/03/07(金) 03:30:22.86 ID:5EAqlX1p

ドラゴンの身体である自分には純血悪魔との間に子供を作ることは出来ない
この絶望的な報せアジュカ・ベルゼブブより受けたのは何時だったか…

冥界の辺境、自らの居城で『赤龍帝』兵藤一誠は刹那的な享楽の中で思考していた。
居城と言っても主である一誠以外、周囲には従者の気配すら殆どしない…、実際、現在
一誠の男根に奉仕する唯一の銀髪の侍女以外に従者はいない異様な居城だった。

「じゅる、じゅちゅ…んむ、んん…っ…むぅ」

一人で座るには充分なソファに腰を掛けた一誠の前に屈み、形の良い唇を亀頭にくっつけ
尿道から先走り汁を吸いだし、口内で自らの唾液と混ぜ合わせて嚥下する。

「んぷ…ぷはぁ、…いかがですか一誠様?」

一旦口を離し、一誠の機嫌を伺う

「…うん。凄く気持良いですよグレイフィアさん」
「…あ」

満足そうに頷き自分の頭を撫でる一誠にグレイフィアは羞恥の為か僅かに頬を紅く染める

「…、では、このまま続きを?」
「ん~いや、やっぱ続きはベットでしましょうよ!」

流石に羞恥心が昂ったのか奉仕を再開しようとするグレイフィアを止め、そのまま寝室ま
で手を引き歩き出す。
無人の廊下に二人の足跡が響く中、突然一誠が口を開く

「そう言えば、リアスにもようやく妊娠の兆候が出てきたんですって?」

無駄にテンションの高揚した声音、それが彼が傷つき、瓦解寸前の心を誤魔化している物
だとグレイフィアはこれまでの同衾で理解していた。

「もうすぐサーぜクス様の命日だし、良い知らせが出来るといいですよねぇ!
 ミリキャス様も、きっと喜びますよ!」

明るい声調の割に一向に顔を動かさない彼の姿に、グレイフィアは嘗ての自分の弟の姿を
重ねてしまった。

514 :名無しさん@ピンキー:2014/03/07(金) 03:33:24.18 ID:5EAqlX1p

↑の様な誰得な一誠×グレイフィアを思いついたんで冒頭だけ載せてみた
一誠が精神的に病んでる・リアスNTR(直接描写はなし)だけど需要あるかな…

515 :名無しさん@ピンキー:2014/03/07(金) 08:26:43.36 ID:N18NduJH

ない

516 :名無しさん@ピンキー:2014/03/07(金) 15:51:47.49 ID:FMNkhHlE

リアスNTRとかリスタート思い出すからやめてくれ

517 :名無しさん@ピンキー:2014/03/08(土) 21:47:33.19 ID:t6vdZGjE

あれほど邪悪な二次は見たことがない

518 :名無しさん@ピンキー:2014/03/13(木) 14:06:41.78 ID:uK5Oir8j

単純に本編後結婚してリアスが妊娠中だから、
代わりにこっそり一誠のお世話をするグレイフィアさんなら十分需要あるで。

519 :名無しさん@ピンキー:2014/03/15(土) 17:11:09.89 ID:L8pXuEY+

黒歌ルフェイも半同居状態になってるから
そろそろ二人のエロパロも・・・

520 :名無しさん@ピンキー:2014/03/18(火) 07:29:22.83 ID:z0Uw8lNk

>>519
黒歌ルフェイは半同居じゃなくて正式に同居してるぞ

今イッセーの家の住人は14人
イッセーとイッセーの両親
ヒロイン8人(リアス、朱乃、アーシア、小猫、ゼノヴィア、イリナ、レイヴェル、ロスヴァイセ):全員イッセーに惚れてる
黒歌:イッセー誘惑したり甘えたりしてる
ルフェイ:イッセーのファンであり契約者
オーフィス:マスコット

521 :名無しさん@ピンキー:2014/04/20(日) 10:01:19.46 ID:NtNj0WV7

放課後の駒王学園、オカルト研究会の活動も休みの日だったので、俺は天野夕麻ことレイナーレを旧校舎の片隅にある物置に連れ込んだ。
使われなくなったマットや、跳び箱が所狭しと置かれていて、少々、黴臭い匂いもするが、我慢できない程ではない。
「ほら、しゃぶれよ」
「ん、解ったわよ・・・んく・・・ちゅぱ、くちゅ・・・れろ、ちゅぱ・・・んむ・・はあ・・・」
既に勃起した肉棒を突きつけると、反抗的な口調と目つきをしながらも、レイナーレは肉棒の先端に唾液をまとわり付かせ、舌を這わせる。
レイナーレはカリの裏側や裏筋にまで唾液を念入りに絡めてくる。
硬く張り詰めていた肉の凶器が更に刺激を受けて熱を帯び、一層充血して大きく膨らみ、硬さも瞬く間に増大していく。
自分の舌の動きに肉棒が敏感に反応するのを見届けると、レイナーレは赤黒く膨らんだ肉棒の先端をパックリと咥え込んで来た。
そのまま舌の上で舐り転がし、ジュルジュルと吸いたてる。

「んふぅっ・・・はむ、ちゅる・・・んむぅ・・ちゅる、は・・・ちゅば・・はあ、んむ・・ぺろ・・・・」
レイナーレは咥え込んだ肉棒を口腔粘膜に押し付ける様にしながら前後に出し入れさせる。
更には頬をエラ張りにして粘っこい吸引を念入りに繰り返す。
そうしている内にレイナーレの瞳がトロンと妖艶な恍惚の色を帯び、やがて下半身がもどかしげに蠢き始めた。男の味を知っている肉体が火照り、レイナーレは左手で肉棒を掴む一方、右手を制服のスカートに突っ込み、自らの股間を激しく弄っていた。

「はあ・・・私がこんなになってしまうなんて・・・んぶ、はむ・・・」
自らの股間を弄りながら、レイナーレは肉棒の根元部分まで舐めおろすと、
更に袋を口に含んで舐め取ってくる。


「・・・はあ、このオチンチン、凄く美味しいわ・・・先っぽの方からお汁がトロトロ出てきて・・・生臭くて・・・あむ・・・ちゅる、んん・・・癖になる味・・・」
うっとりと熱い溜息を吐きながら、レイナーレは先端部を咥え込む。
チュバチュバといやらしい音を立てて出し入れしてくる。
そそり立つ肉棒を喉奥まで咥え込み、美味しそうに吸いたて、口腔粘膜をまとわせ舐り、
唇から出しては肉竿を満遍なく舐め上げ、それからまた喉奥へ。

やがて射精が近い事を察したレイナーレは止めとばかりに唇や舌の動きを加速させ、一層激しく肉棒をしゃぶり、こね回してきた。その猛攻に耐え切れず、肉棒は爆発した。
「・・・んぷぅぅっ!!・・・ごく・・・はあ、うむ・・・濃くて・・・んぐ・・・凄く美味しい・・・ちゅ、んん・・・」

最早、快感に溺れきった顔でレイナーレは、溢れ出てくる精液を夢中で飲み干していった。

一度、射精したにも関わらず、肉棒は未だ硬さを保ち、血流を孕んで膨張し、金属の様な艶を出している。それを見た瞬間、レイナーレの唇から艶かしい吐息が漏れた。

522 :名無しさん@ピンキー:2014/04/20(日) 10:02:28.29 ID:NtNj0WV7

短いが、レイナーレ奴隷化のやつ、投下してみた。

523 :名無しさん@ピンキー:2014/04/29(火) 07:30:03.98 ID:pKshPHyI

イッセー×ゼノヴィアをもっと頼む。

524 :名無しさん@ピンキー:2014/04/29(火) 11:57:40.12 ID:dtk9pay0

 髪をツインテールに結った村山。
 ヘアバンドで前髪を留めて額を出してる片瀬。
 どちらも俺、宮本大和のクラスメートであり、同じ剣道部員。そして、可愛い性奴隷だ。

 剣道部唯一の男子部員たる俺の朝は、練習場の掃除から始まる。雑巾がけをして綺麗になった頃に、二人がやって来た。更衣室に連れ込むと、二人は何も言わずに服を脱いで裸になった。
 足下にひざまずき、俺の袴を脱がして自慢の業物を取り出すなり、争うように舐め始めた。
 片瀬はアイスキャンディを舐めるように、根本からカリ首までの部分に何度も舌を這わせる。村山は亀頭を舐め回し、チュウチュウと吸った。
 俺は二人の奉仕を受けながら、柔らかなおっぱいを揉む。村山の方が胸はでかかった。

「村山、パイズリしろ」
「はい、ご主人様……」

 村山は無表情で答えると膝立ちになり、唾液でベトベトの刀を胸で挟む。そして上下に乳房を動かし始めた。柔らかな乳肉がチンポに吸い付くかのようだ。そこに唾液の滑りも加わって、村山のおっぱいは最高の谷間マンコになっていた。
 俺は村山のパイズリを堪能しつつ、余った片瀬の胸を乱暴に揉み、乳首をつねった。片瀬は顔を背けて、身をよじる。

「出すぞ、片瀬!」

 俺は村山のおっぱいで絞り出されたザーメンを、片瀬の額にぶっかけた。

「あっ、いやぁ!」

 片瀬はよけようとしたが、俺に頭をガッチリ押さえられてて逃げられない。額全体を覆うほどの大量の白濁が、目元や鼻筋にまで垂れ落ちた。ザーメンと一緒に、涙が頬を伝い落ちる。

「うぅっ……ひどいよぉ……」
「村山のおっぱいが気持ち良いのが悪いんだぜ。村山。そういう訳だから、お前が綺麗に舐め取れ」
「……はい、ご主人様」

 村山は片瀬に顔を近付ける。

「村山、ダメ……汚いよぉ……!」
「いいの片瀬。私が綺麗にしてあげる」

 村山はそう言って、顎先に舌を這わせて、自分のエロ乳で絞り出したザーメンを舐めていく。頬や鼻先も丹念に舐めていき、額をついばんで、こびりついたザーメンを全て取ると――、

 ゴックン

 喉を鳴らして、飲み下した。

「ごめんね、村山……」
「いいの、片瀬だけ汚れさせたりはしないから……んっ」
「んうっ……」

 二人がいきなりキスを始めた。音を立てて舌を絡ませあい、互いの胸を揉み合う。

525 :名無しさん@ピンキー:2014/04/29(火) 11:58:57.56 ID:dtk9pay0

 この二人は、そういう関係だった。それを知った俺は現場を隠し撮りして、最初は二人を別々に脅迫して、従わせた。村山は片瀬のため、片瀬は村山のために、泣く泣く身体を差し出していた。
 二人を引き合わせた時の絶望に満ちた顔は最高だった。何せお互い、相手のために好きでもない男に抱かれていたのに、それが無意味だった上に、愛しい恋人もその憎い男に抱かれていたんだからな。

「誰がレズって良いっつった!」

 俺を無視して盛り上がるメス豚どもに平手打ちをくらわして、引き剥がす。
 片瀬を押し倒して、股を開かせる。村山が止めようとしたが、更に三発くらい頬を張って黙らせ、濡れてない片瀬のそこにぶち込んだ。
片瀬の悲鳴が響く。お構いなしにのしかかり、ガンガン腰を振る。見た目がちょっとロリっぽい片瀬は犯し甲斐がある。痕が付くほど乳に指を食い込ませながら、キツキツの膣を股間の愛刀で押し広げて子宮を突き上げる。

「い、痛い! 痛いよぉ! やめてぇえええ!」

 手を伸ばして俺を押し退けようとする片瀬。うざいので髪を掴んでから往復ビンタを5~6発くらわせる。そして言ってやった。

「そんなに嫌ならやめてやるよ。『村山はどうなっても良いから私だけ助けてください』って言ったらな!」
「いいよ、片瀬! 言って! 私は平気だから!」

 村山はホントに馬鹿だな。んな事言ったら余計に言いにくくなるだけなのに。

「い、言えない……そんなの言えないよぉ! 村山を見捨てて私だけ自由になんてなれない!」
「だったら黙ってろ!!!」

 更にビンタのおかわりを食わしてから、俺はレイプを再開した。今度は片瀬は歯を食い縛り、凌辱に耐えている。奥もだんだん濡れてきて、頬には赤みが差し、息も荒くなってきた。恋人の前で犯されて、感じてやがる。

「片瀬、中に出すぞ!」

 片瀬はコクンとうなずいた。拒否ったら村山が犠牲になるだけだとわかっているからだ。その代わり、村山が声を上げた。

「だめ、やめて! 片瀬は今日から危険日なの! 中出しされたら妊娠しちゃう! 私になら好きなだけ中出ししていいから、片瀬は許して!」

 良い情報をありがとう、村山。

「んじゃ、お前の中に出させてもらうぜ……片瀬の次になぁ!」

 俺は猛然とラストスパートをかけた。片瀬は口をパクパクさせて喘いでいる。何だかんだ言っても、片瀬の身体は俺のザーメンが欲しくてたまらないようだ。

「おら! ご主人様のザーメン、ありがたく子宮で受け止めやがれ!」

 とどめに一際深く突き入れてから、俺は射精した。片瀬は妙におとなしい。気絶してるようだ。快感半分、絶望半分ってとこか。

「どうする村山。俺と中出しセックスしたって事にして、今朝はこれでお開きにしてもいいぜ? 片瀬はどうせ気絶しててわかりゃしねえからな」

 村山は殺気のこもった目で俺を睨みながら、

「片瀬一人を、汚させたりはしない……犯しなさいよ」

 そんな事を言って、自分から股を開いた。

526 :名無しさん@ピンキー:2014/04/29(火) 12:00:12.40 ID:dtk9pay0

クレクレばっかりではカッコも悪いので、村山と片瀬で書いてみた。
お目汚し失礼

527 :名無しさん@ピンキー:2014/04/30(水) 08:32:59.54 ID:JLegbpN8

ロスヴァイセまだ?

528 :名無しさん@ピンキー:2014/04/30(水) 08:41:42.32 ID:JLegbpN8

鞭打がどんな相手にも効く万能武器なのはいいけど、使う度にくどくど説明が入るから、そこが好かない。

529 :名無しさん@ピンキー:2014/04/30(水) 08:42:55.13 ID:JLegbpN8

マジすんません。
朱乃さんに鞭でしばかれてきます。

530 :名無しさん@ピンキー:2014/05/05(月) 10:31:23.38 ID:rfSzyfbS

片瀬と村山は絶対出来てる(確信)

531 :名無しさん@ピンキー:2014/05/14(水) 22:49:37.32 ID:Ywbn5LY9

子供が?

532 :名無しさん@ピンキー:2014/05/16(金) 03:47:59.79 ID:qfl1piVV

そう、俺との子供さ


広告スペース
2ch Webarchive Service  2ちゃんねるアーカイブTOP  [PR]このカテゴリの情報をもっと探す  全部見る   元スレッドを見る(外部リンク)